*

明智光秀の娘 長女・岸の2度の結婚と最期について

大河ドラマ「麒麟がくる」ですが、本能寺の変まであと5年なんですね。という事は最終回も近いという事か・・・。

光秀の妻・煕子も亡くなってしまいましたしね。突然、光秀との間にできた嫡男が登場したのは驚いた。いつの間に?

今回は、光秀の家族を紹介していきたいのですが、特に娘を・・・。娘といえば細川ガラシャ(たま)が有名ですが、ガラシャではなく長女の岸を取り上げたいと思います。

ドラマ上の明智光秀の娘 長女・岸

麒麟がくるの岸役を演じる女優は、子供時代が長いので4名が演じています。幼少時代が宝辺花帆美、少女時代が白鳥玉季と平尾菜々花、そして大人になってからは天野菜月です。

ちなみに2014年の大河ドラマ「軍師官兵衛」では、倫という名前でした。この事からも光秀の長女の名前ははっきりと伝わっていない事がわかりますね。

そして、麒麟がくるのドラマ上では、二人の娘しか登場しませんので、岸が長女でたまが次女のように感じますが、岸とたまの間にもう一人の娘がいるようです。なので、たまは三女なんですよね。

明智光秀の娘 長女・岸の結婚

岸は、2回の結婚歴があります。

はじめの結婚は、織田信長の重臣だった荒木村重の嫡男・荒木村次に嫁ぎました。荒木村重が信長に対して謀反を起こしたので岸は夫と離縁することになり父・光秀の元に戻りました。

次の結婚相手が、明智光春です。
そうです、あの明智左馬助になります。

娘可愛さでしょうかね、光秀は自分の信頼できる重臣に嫁がせたんですね。ドラマには登場しませんが、明智光秀の次女も親戚筋の明智光忠に嫁いでいます。

明智光秀の娘 長女・岸の最期

岸に関する史実は、明智光秀の長女であり荒木村次に嫁いだ後に明智光春に再嫁するまでしか分かっていません。

ただ、本能寺の変のあとに羽柴秀吉に敗れた光秀は自害することになり明智光春も坂本城に火をつけて自害しました。

その際、光秀の妻子や自分の妻も刺し殺したとされるので岸は夫の手にかかり一緒に亡くなったのでしょう。

細川ガラシャの最期も壮絶でしたが、光秀の長女も(次女も)非業の死を遂げたのです。

ab

広告

関連記事

藤原義懐 大出世する花山天皇の叔父!ドラマとは乖離する人物像

大河ドラマ「光る君へ」で印象に残った人物として花山天皇の叔父にあたる藤原義懐(ふじわらのよしちか)を

記事を読む

家光の側室 お玉の方

今回、取り上げるのはお玉の方、後の桂昌院です。テレビドラマ「大奥 誕生~有功・家光篇」では、KAT-

記事を読む

菊丸の正体は服部半蔵?大河ドラマ初出演の岡村隆史が忍者役

2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物の中に、架空の人物が何名かいます。 例えば、ヒロ

記事を読む

八重姫 「鎌倉殿の13人」で新垣結衣が演じる源頼朝の最初の妻

年明けから大河ドラマ「鎌倉殿の13人」がスタートして、今頃になって録画してあった第1話から見始めまし

記事を読む

柴田勝家とお市

柴田勝家とお市 について。 2011年大河ドラマ「江」のヒロイン・江姫の母であるお市。 2度の結

記事を読む

赤染衛門 凰稀かなめ演じる女流歌人!紫式部や和泉式部との仲は?

藤原道長の妻・源倫子に仕えていた赤染衛門を取り上げます。読み方は「あかぞめえもん」です。大河ドラマ「

記事を読む

源頼家の正室はどちら?若狭局(せつ)と辻殿(つつじ)は御台所にならず

鎌倉幕府の2代将軍、源頼家の正室というか御台所は一体誰なのか? 大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に

記事を読む

藤原道長の妻 源明子は本来なら女王の身分!源倫子との格差が大きい

藤原道長には、嫡妻である源倫子のほかに妻がもう一人います。源明子と言って大河ドラマ「光る君へ」では、

記事を読む

本多忠勝には正室・於久の方と側室・乙女の方がいる!娘・小松姫の母はどっち?

徳川家康の家臣団の中でも有名な武将と言えば、本多忠勝の名を挙げる方も多い事でしょう。本日は、徳川四天

記事を読む

早川殿 今川氏真の正室で大河ドラマ「どうする家康」では糸という名前!

昨日取り上げた今川氏真に続いて、その妻である早川殿を取り上げたいと思います。 大河ドラマ「どう

記事を読む

ab

広告

ab

広告

藤原道長の妻 源明子は本来なら女王の身分!源倫子との格差が大きい

藤原道長には、嫡妻である源倫子のほかに妻がもう一人います。源明子と言っ

藤原実資とその妻・桐子の夫婦仲は?日記「小右記」は本当にあった

お笑いの「ロバート」秋山竜次が、大河ドラマ「光る君へ」で藤原実資を演じ

藤原義懐 大出世する花山天皇の叔父!ドラマとは乖離する人物像

大河ドラマ「光る君へ」で印象に残った人物として花山天皇の叔父にあたる藤

藤原公任は藤原道長よりも名門出身の御曹司!紫式部や清少納言とも交流あり

大河ドラマ「光る君へ」で、町田啓太が演じる藤原公任(ふじわらのきんとう

藤原道綱母 蜻蛉日記の作者は本朝三大美人の一人!道長の父・藤原兼家の妾妻

藤原道長の父である藤原兼家には、嫡妻である時姫以外にも当然の如く妻がい

→もっと見る

PAGE TOP ↑