*

以仁王 木村昴が演じる後白河法皇の第三皇子!源氏に平氏打倒の令旨を促す

「ドラえもん」のジャイアン声優でおなじみの木村昴が、初の大河ドラマ出演で話題になりました。木村昴の「鎌倉殿の13人」の役柄は、以仁王(もちひとおう)になります。

以仁王は、後白河天皇の第三皇子で全国に散らばる源氏に平氏打倒の令旨を促したことで有名です。皇族さえも愚弄する平家に対して源氏が決起する糸口になった人物でもありますね。

最期は、平氏に敗れ奈良に落ち延びる途中に流れ矢に当たり亡くなりました。しかし、当時の怯えるだけの皇族の中ではかなり勇気のある人物だったと思います。

以仁王は優秀な皇子だが親王宣下されず

以仁王は、父・後白河天皇の第3皇子(すぐ上の兄が仏門に入り第2皇子ともされる)です。母は、権大納言だった藤原秀成の娘・成子です。

同じ母を持つ式子内親王と同様に学問、歌などに才能を発揮していてまた、人望もあり将来は帝候補と言われていました。しかし、異母弟・憲仁親王(高倉天皇)の母である平滋子に妨害されて親王宣下を得られませんでした。

平滋子は、後白河の寵愛深い女人で平清盛の義理の妹、当然ながら平家側の人間であります。その事もあって以仁王はより平家に恨みがあったと思われます。

以仁王の令旨 平氏打倒を源氏に促す

平滋子の妨害により皇位継承どころか親王宣下もされず不遇の中にいた以仁王。その彼が、ついに平家を討伐しようと決起します。

そのきっかけとなったのが、平清盛による父・後白河法皇の幽閉事件です。

以仁王は、源頼政の勧めで平氏打倒の令旨を源頼朝をはじめ全国に散らばる源氏に発して挙兵を促します。その時に使者としたのが源行家です。

しかし、準備段階で平氏に事がバレてしまい以仁王は失脚して園城寺に逃げました。園城寺で源頼政と合流しましたが寺側の協力を得られず奈良に逃げる途中で戦死しました。源頼政も同じく宇治川での戦いで討ち死にしています。

以仁王の乱が源氏挙兵の糸口となる

皇族でありながら挙兵した以仁王は、29才の若さで亡くなりました。

しかし、以仁王の挙兵がもたらしたものはその後の歴史を大きく変える事となりました。以仁王の令旨により源頼朝や木曽義仲をはじめ多くの源氏が平家打倒の狼煙を上げるきっかけとなったからです。

以仁王がもし準備不足でなかったら平氏に勝てていたら自身が皇位を継いでいたでしょう。そのことは令旨にも書かれていたそうです。

ab

広告

関連記事

おね 秀吉の正室

大河ドラマ「江~姫たちの戦国」第3話では、織田信長の計らいで 江は、羽柴秀吉の妻である【おね】と対

記事を読む

保科幸松(保科正之)

保科幸松(保科正之) について。 2011年の大河ドラマ「江~姫たちの戦国」が、 最終回を迎

記事を読む

源義経の正室 郷御前は静御前と対立!?夫と共に平泉に逃れて悲劇の最期

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では、源義経が無尽の活躍をみせて平氏がいよいよ追い込まれていきます。

記事を読む

細川忠興 ガラシャ

細川忠興 ガラシャ の夫。 2011年2月13日放送の第6話「光秀の天下」に新しく登場した人物。

記事を読む

藤原公任は藤原道長よりも名門出身の御曹司!紫式部や清少納言とも交流あり

大河ドラマ「光る君へ」で、町田啓太が演じる藤原公任(ふじわらのきんとう)にスポットをあててみますね。

記事を読む

藤原道綱母 蜻蛉日記の作者は本朝三大美人の一人!道長の父・藤原兼家の妾妻

藤原道長の父である藤原兼家には、嫡妻である時姫以外にも当然の如く妻がいました。有名どころでは、「蜻蛉

記事を読む

水野信元 清洲同盟の立役者だが最期は甥の徳川家康に処刑される運命!

徳川家康主人公の2023大河ドラマ「どうする家康」から登場人物を紹介しています。家臣の紹介が多かった

記事を読む

源行家 死神と言われた男の最期とは?源頼朝、源義経、源義仲の叔父

さて、本日取り上げるのは源頼朝・源義経・源義仲の叔父にあたる源行家(みなもとのゆきいえ)になります。

記事を読む

弘徽殿の女御・よしこは花山天皇に寵愛され過ぎて死去した?

忙しくて中々、大河ドラマ「光る君へ」を観れずにいたのですが、ようやく第5話の録画を見ることが出来まし

記事を読む

徳川 和姫

徳川 和姫 について。 大河ドラマ「江」のヒロイン、江姫と徳川秀忠の間に 生まれた末っ子の姫が、

記事を読む

ab

広告

ab

広告

藤原道長の妻 源明子は本来なら女王の身分!源倫子との格差が大きい

藤原道長には、嫡妻である源倫子のほかに妻がもう一人います。源明子と言っ

藤原実資とその妻・桐子の夫婦仲は?日記「小右記」は本当にあった

お笑いの「ロバート」秋山竜次が、大河ドラマ「光る君へ」で藤原実資を演じ

藤原義懐 大出世する花山天皇の叔父!ドラマとは乖離する人物像

大河ドラマ「光る君へ」で印象に残った人物として花山天皇の叔父にあたる藤

藤原公任は藤原道長よりも名門出身の御曹司!紫式部や清少納言とも交流あり

大河ドラマ「光る君へ」で、町田啓太が演じる藤原公任(ふじわらのきんとう

藤原道綱母 蜻蛉日記の作者は本朝三大美人の一人!道長の父・藤原兼家の妾妻

藤原道長の父である藤原兼家には、嫡妻である時姫以外にも当然の如く妻がい

→もっと見る

PAGE TOP ↑