*

亀姫 徳川家康の長女で奥平信昌の正室!その生涯は波乱万丈だった?

徳川家康と築山殿の間に生まれた亀姫にスポットを当てたいと思います。大河ドラマ「どうする家康」では、女優の當真あみが演じています。

亀姫は、母・築山殿と兄・松平信康を不幸な形で亡くしているので、薄幸なお姫さまのイメージが付きまといますが、実際の亀姫はどのような人生を歩んでいったのでしょうか?

亀姫の生涯について紹介していきたいと思います。

亀姫の生涯 徳川家康の長女として誕生

亀姫は、1560年(永禄3年)に駿府で誕生しましたが、母・築山殿と兄・松平信康と一緒に今川氏の人質状態となっていました。

そして、2年後に今川氏との人質交換という事でようやく父・徳川家康がいる三河の地に移ることなりました。

成長した亀姫は、16歳で奥平信昌と政略結婚します。結婚してから3年ほど経ったあとに母と兄が非業の死を遂げます。

その後、徳川の世になると夫・信昌が美濃加納10万石に封じられたことで亀姫自身も加納御前や加納の方と呼ばれるようになります。

晩年は、夫や息子たちに先立たれて出家しました。盛徳院と名乗りまだ幼い孫たちの後見役として権勢をふるいました。

最期は、加納の地で1625年(寛永2年)に66歳で亡くなりました。

亀姫の結婚 奥平信昌の正室となる

亀姫と奥平信昌が結婚した背景について。

亀姫は、1576年(天正4年)に新城城主であった奥平信昌のもとに嫁ぎました。亀姫16歳で信昌21歳の時です。この結婚は、武田氏と争った長篠の戦いで活躍した奥平信昌への褒美でした。

奥平氏は、奥三河を守っていた豪族でした。武田氏の勢力を抑えるために奥平氏を味方につけたい徳川家康は武田氏から寝返らせる条件として亀姫と奥平信昌を結婚させることを約束していました。この提案を最初に思いついたのは織田信長だったと伝わります。

奥平信昌のもとに嫁いだ亀姫ですが、夫婦仲が気になりますよね。

二人の間には4男1女が誕生して信昌は側室を一人もつくりませんでした。(怖かったから!?)まぁ~でも子を出来て夫婦仲は良かったのではないでしょうか?一説には、嫉妬深い亀姫が侍女12人を殺したとも伝わります(怖)

ただ、奥平信昌には亀姫と結婚する前に妻がいました。名前を「おふう」と言って13歳で武田氏に人質として出されていました。その後、夫・信昌が徳川氏に寝返ったことで離縁されそのまま16歳という若さで処刑されてしまうのです。

戦国の世のよくある話なのかもしれませんが、理不尽過ぎますよね。夫が別の女人と結婚するために離縁された挙句夫のために自分が殺されてしまうなんて・・・。

亀姫と宇都宮城釣天井事件

さて、亀姫の有名なエピソードに「宇都宮城釣天井事件」というものがあります。

簡単にどういう事件か説明すると、7歳で宇都宮藩主となった孫・奥平忠昌の後見役だった亀姫は、孫の転封後に宇都宮にやってきた本多正純を前から嫌っていました。そのため亀姫は、異母弟である将軍・徳川秀忠に「宇都宮城で釣天井を仕掛けた将軍暗殺計画があるよ」と告げ口します。

勿論、すぐに嘘だとわかる話でしたが、結局は本多正純は失脚してしまいます。そして、宇都宮藩主として再び孫と一緒に亀姫は返り咲いたのです。

ab

広告

関連記事

於大の方 徳川家康の母で実子に対しては非常に愛情深い女性

大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物を紹介しております。 今回は、竹千代(後の徳川家康)の生母で

記事を読む

織田信長の男色

江に関係する人物という事で、今回は織田信長について書いてみたいと思います。とは言ったものの織田信長は

記事を読む

比企尼とは?源頼朝の乳母で伊豆に流された頼朝を長年助け続ける

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」から草笛光子演じる比企尼にスポットを当てていきますね。比企尼は源頼朝の乳

記事を読む

九条完子(豊臣完子)について

九条完子(豊臣完子)について。 大河ドラマ「江」の登場人物紹介・・・久々です。 今回、取り上

記事を読む

豊臣秀次 について

豊臣秀次 について。 大河ドラマ「江」の第28話の予告編で、豊臣秀次の切腹する 場面がありました

記事を読む

以仁王 木村昴が演じる後白河法皇の第三皇子!源氏に平氏打倒の令旨を促す

「ドラえもん」のジャイアン声優でおなじみの木村昴が、初の大河ドラマ出演で話題になりました。木村昴の「

記事を読む

阿波局 北条政子と北条義時の妹を演じるのは宮澤エマ

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の登場人物、今回は宮澤エマ演じる実衣を紹介していきたいと思います。

記事を読む

佐治一成 江

佐治一成 江 の最初の夫について。 江は、生涯で3度の結婚をする事になります。 戦国時代の政略結

記事を読む

no image

北条政子

有名ずきて今更な感じがしますが、今回は源頼朝の妻・北条政子を取り上げたいと思います。大河ドラマ「平清

記事を読む

細川藤孝 明智光秀の盟友で細川ガラシャの義父!世渡り上手な文化人

前回は、異母兄の三淵藤英を取り上げたので、今回はその弟である細川藤孝を取り上げたいと思います。後の細

記事を読む

ab

広告

ab

広告

藤原道長の妻 源明子は本来なら女王の身分!源倫子との格差が大きい

藤原道長には、嫡妻である源倫子のほかに妻がもう一人います。源明子と言っ

藤原実資とその妻・桐子の夫婦仲は?日記「小右記」は本当にあった

お笑いの「ロバート」秋山竜次が、大河ドラマ「光る君へ」で藤原実資を演じ

藤原義懐 大出世する花山天皇の叔父!ドラマとは乖離する人物像

大河ドラマ「光る君へ」で印象に残った人物として花山天皇の叔父にあたる藤

藤原公任は藤原道長よりも名門出身の御曹司!紫式部や清少納言とも交流あり

大河ドラマ「光る君へ」で、町田啓太が演じる藤原公任(ふじわらのきんとう

藤原道綱母 蜻蛉日記の作者は本朝三大美人の一人!道長の父・藤原兼家の妾妻

藤原道長の父である藤原兼家には、嫡妻である時姫以外にも当然の如く妻がい

→もっと見る

PAGE TOP ↑