*

藤原兼子 北条政子と関係深く後鳥羽上皇の乳母として権勢を奮う

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」から紹介する登場人物、久しぶりに朝廷から藤原兼子にスポットをあてていきたいと思います。

藤原兼子の読み方は、「ふじわらのかねこ」です。

ドラマでは、シルビア・グラブが演じています。朝廷側の女人で影響力を持つ人物といえば後白河法皇の寵姫であった丹後局を思い出しますが、次の時世で権勢を奮ったのが藤原兼子になります。

藤原兼子 後鳥羽天皇の乳母

藤原兼子は、刑部卿であった藤原範兼の娘として1155年に誕生します。しかし、父・藤原範兼は兼子10歳の時に亡くなったため叔父の藤原範季に養育されたようです。

育ての親だった藤原範季は、後鳥羽天皇と関係が深かったこともあり兼子は姉の藤原範子と共に後鳥羽天皇の乳母として仕えたようです。後鳥羽天皇は、乳母の兼子をとても信頼していたらしく次第に朝廷での影響力を増していきます。

藤原兼子は、2度の結婚歴があり1度目は典侍になった45歳頃で権中納言の藤原宗頼と結婚しました。今でも晩婚ですが、当時では尚更のこと遅い結婚ですので兼子の権力のなせる業(?)でしょうか。宗頼が亡くなったあとも求婚が絶えず太政大臣の大炊御門頼実と2度目の結婚をしました。

朝廷で絶大な権力を持っていた藤原兼子ですが、実は外交面でも力を発揮しました。兼子は鎌倉幕府の尼将軍・北条政子とも関係が深かったのです。

藤原兼子と北条政子の関係性

大河ドラマでは、藤原兼子と北条政子が対立関係にあったという描かれ方をしていますが、実際は協力関係にあったようです。

まず、鎌倉幕府の3代将軍・源実朝の後継者選びのため上洛した北条政子が相談相手としたのは、他ならぬ藤原兼子でした。その時に政子は従三位になりましたが、これは兼子の推挙があったからでした。

その後、兼子が養育していた頼仁親王を次の鎌倉殿にする案を政子も賛成すると兼子の推挙でまたしても政子は従二位になりました。頼仁親王は父・後鳥羽上皇の反対に遭って結局、将軍になれませんでしたが・・・。

藤原兼子と北条政子の一連の行動から二人は対立した仲というより協力関係にあったのではないでしょうか?

藤原兼子の最期とは?

藤原兼子が北条政子と関係を深めていくと同時に、幕府と対立する後鳥羽上皇は絶大な信頼を寄せていた乳母の兼子を遠ざけるようになりました。

そして、後鳥羽上皇VS鎌倉幕府による承久の乱が起きて結局、朝廷側は大敗して後鳥羽上皇は配流の身となりました。兼子の身内も処刑される憂き目に遭いましたが、兼子はその後も京の都に留まったようです。

そして、承久の乱から8年後に75歳で亡くなりました。死因に繋がったのが頭部の腫瘍らしいので今でいう脳腫瘍でしょうかね?

晩年の藤原兼子は、延暦寺の僧と所領の件で争ったり強盗に蓄えを盗まれたりと散々な目にあったようです。それでも兼子は、沢山の財産を残していたらしく死後に修明門院に遺贈したとの事です。

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

平宗子(池禅尼)

大河ドラマ「平清盛」の登場人物を紹介しています。 今回登場するのは、和久井映見が演じる平宗子さんです

記事を読む

森蘭丸 兄弟 について

森蘭丸 兄弟 について。 織田信長の小姓で、男色の相手とも言われる森蘭丸。 男でありながら女性の

記事を読む

八田知家 鎌倉殿の13人のひとりで阿野全成を殺害した人物

鎌倉幕府で御家人たちが源頼家を抑える(?)ために結成された十三人の合議制の13名を紹介していきたいと

記事を読む

大姫 源頼朝と北条政子の娘で婚約者の源義高を亡くし心の病になる

北条義時主人公の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」ですが、大姫の婚約者である源義高が殺害されてしまいました

記事を読む

no image

祇王祇女と仏御前

平清盛の寵愛をうけた白拍子ということで、ドラマにも登場した祇王祇女、そして仏御前について取り上げたい

記事を読む

於大の方 徳川家康の母で実子に対しては非常に愛情深い女性

大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物を紹介しております。 今回は、竹千代(後の徳川家康)の生母で

記事を読む

no image

北条政子

有名ずきて今更な感じがしますが、今回は源頼朝の妻・北条政子を取り上げたいと思います。大河ドラマ「平清

記事を読む

源応尼 徳川家康の祖母で超絶美人!5度も嫁ぐが夫に先立たれる

はい、本日は、徳川家康の祖母である源応尼(華陽院)を取り上げますね。 大河ドラマ「麒麟がくる」

記事を読む

八重姫 「鎌倉殿の13人」で新垣結衣が演じる源頼朝の最初の妻

年明けから大河ドラマ「鎌倉殿の13人」がスタートして、今頃になって録画してあった第1話から見始めまし

記事を読む

徳川国松(忠長)の生涯

徳川国松(忠長)の生涯 について。 江姫と徳川秀忠の次男で、徳川家光の弟である国松。 後の駿府藩

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

平賀朝雅の最期とは?鎌倉殿になれず畠山重忠の乱の原因にもなった人物

北条時政とりく(牧の方)の娘婿である平賀朝雅を取り上げます。大河ドラマ

藤原兼子 北条政子と関係深く後鳥羽上皇の乳母として権勢を奮う

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」から紹介する登場人物、久しぶりに朝廷から藤

和田義盛 鎌倉殿の13人のひとりで初代侍所別当!巴御前が側室なのは本当?

鎌倉幕府の十三人の合議制に連なる御家人・和田義盛(わだよしもり)とはど

北条時房 北条政子・義時の異母弟で鎌倉幕府の初代連署を務める

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の登場人物、最近は13人の御家人を紹介して

三善康信 鎌倉殿の信頼厚い幕府の初代問注所執事!子孫が職を世襲

鎌倉殿の13人という事で、本日は三善康信(みよしやすのぶ)を取り上げま

→もっと見る

PAGE TOP ↑