*

京極龍子 松の丸殿

公開日: : 最終更新日:2016/02/25 大河ドラマの登場人物 , , ,

京極龍子 松の丸殿 について。
豊臣秀吉の側室で、淀殿(茶々)の次に寵愛された京極龍子。
大河ドラマ「江」での京極龍子役は、鈴木砂羽が演じてます。

京極龍子とは、一体どんな人物なのでしょうか?

私が知っているのは、とても美貌の女性だった事。
醍醐の花見で、淀殿と杯を受ける順番を競ったことなど。
又、寵を争った淀殿と仲が良くないとも?

実際は、淀殿と京極龍子は仲が良かったらしいです。
ふたりは従姉妹同士であり、秀吉亡き後も淀殿や豊臣秀頼がいる
大阪城に会いに行ったりと親交を深めていたようです。

大坂夏の陣の後、六条河原で処刑された秀頼の息子である
国松の遺体を引き取って誓願寺に埋葬したのも京極龍子です。

醍醐の花見の件は、近年では軽い冗談だったという見方が強い。

そんな京極龍子について。
龍子は、名門の京極家出身の京極高吉と浅井久政の娘である
京極マリアとの間に生まれます。兄(弟?)に京極高次がいます。
京極高次は、江の姉である初の旦那さんです。

龍子は、はじめ武田元明の正室となり、3人の子供が生まれます。
しかし、本能寺の変後に夫は明智光秀の見方をして殺されます。
その後、龍子は秀吉に見初められて側室となります。

肖像画でみる京極龍子は、大変な美女であったと伝えられる。
小田原城や名護屋城に秀吉に伴ったりと秀吉お気に入りの側室だった。
「松の丸殿」と呼ばれていたそうです。

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

藤原頼長

藤原摂関家の超エリート! 武士(平清盛)の台頭を必死で抵抗した男!! 藤原頼長は、以前「歴史秘話

記事を読む

保科幸松(保科正之)

保科幸松(保科正之) について。 2011年の大河ドラマ「江~姫たちの戦国」が、 最終回を迎

記事を読む

比企尼とは?源頼朝の乳母で伊豆に流された頼朝を長年助け続ける

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」から草笛光子演じる比企尼にスポットを当てていきますね。比企尼は源頼朝の乳

記事を読む

足利義輝 剣豪で知られる悲運の最期を遂げる足利13代将軍!

大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物という事で、今回は室町幕府の第13代将軍・足利義輝をクローズアップ

記事を読む

妻木熙子 明智光秀の正室で細川ガラシャの母

2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公、明智光秀の正室であり娘があの細川ガラシャである妻木熙子

記事を読む

江姫の子供たち について

江姫の子供たち について。 2011大河ドラマ「江~姫たちの戦国」のヒロイン、江姫。 徳川幕府の

記事を読む

家光の側室 お楽の方

ドラマ「大奥 誕生~有功・家光篇」の登場人物から捨蔵を取り上げます。捨蔵のモデルは、徳川家光の側室、

記事を読む

藤田伝吾 本能寺の変や山崎の戦いで活躍した明智五宿老の一人

大河ドラマの印象的な登場人物を紹介するという事で、今回の記事では藤田伝吾を取り上げたいと思います。

記事を読む

源応尼 徳川家康の祖母で超絶美人!5度も嫁ぐが夫に先立たれる

はい、本日は、徳川家康の祖母である源応尼(華陽院)を取り上げますね。 大河ドラマ「麒麟がくる」

記事を読む

徳川家康について

徳川家康について エピソードをご紹介します。 お江の後の義父になる徳川家康について、色々と調べてみ

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

平宗盛の最期とは?平清盛の後継者で父と正反対の性格で家族思い!

今回は、平清盛の後継者である平宗盛(たいらのむねもり)を紹介していきま

大姫 源頼朝と北条政子の娘で婚約者の源義高を亡くし心の病になる

北条義時主人公の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」ですが、大姫の婚約者である

源範頼 源頼朝の弟で源義経と比較されて凡将?最期は謀反・・・

源平合戦の最終章・・・源義経がついに平氏を追い詰めていくストーリーを大

源義経の正室 郷御前は静御前と対立!?夫と共に平泉に逃れて悲劇の最期

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では、源義経が無尽の活躍をみせて平氏がいよ

一条忠頼 武田信義の嫡男で源頼朝に粛清される最期

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で少ない出番ながらも気になった登場人物がい

→もっと見る

PAGE TOP ↑