*

正親町天皇 坂東玉三郎が演じる美しい帝と弟・覚恕との仲

坂東玉三郎が演じている第106代天皇の正親町天皇について調べてみました。

昨日の深夜、NHKで大河ドラマ「麒麟がくる」の主演を務める長谷川博己のファミリーヒストリーを観ていて(多分、再放送?)長谷川博己のお父さんと坂東玉三郎に親交があったという話が印象深かったです。

それで、坂東玉三郎にとって大河ドラマは初出演との事でした。

正親町天皇は、とても美しい高貴な天皇というイメージで描かれていましたが、実際の正親町天皇はどんな人物だったのでしょうか?

正親町天皇の出生や弟・覚恕について

まず、正親町天皇の読み方ですが、「おおぎまちてんのう」だそうです。勝手に「まさちかまちてんのう」だと思ってました・・・。

在位期間は、1557年11月17日から1586年12月17日までなので、本能寺の変がおきた1582年(天正10年)も見届けているんですね。

ドラマを観ていると東宮に今すぐにでも譲位しそうな感じに見えましたが。

正親町天皇は、先代の後奈良天皇の嫡男として1517年に誕生しました。お母さんは、万里小路栄子という女性ですが、夫が天皇になる前に亡くなったので皇后になることはなかったようです。ただし、息子が天皇になるときに皇太后に追贈されました。

正親町天皇は、お母さんを5才で亡くしているんですよね。

そして、比叡山延暦寺の天台座主である覚恕ですが、正親町天皇の5才下で腹違いの弟となります。2才上の兄説もあり。

覚恕は、親王宣下されていないんですよね。正親町天皇と違って母親の身分が低かったためだと思われます。ただ、覚恕と正親町天皇の仲は悪くなく親しくしていたようです。

正親町天皇はとても美しく覚恕は不細工だという設定になっていて、覚恕を演じる春風亭小朝に大変失礼だなぁと思いながらも役柄に合っていたと思います。

正親町天皇と織田信長の関係は?

ドラマでは、織田信長が正親町天皇を崇拝している感じに見えましたが、徐々にその関係にも陰りが見えてきましたよね。

正親町天皇と織田信長の関係はどうなっていくのでしょうか?

当時、非常に財政困難で即位の礼を2年間以上あげられなかった正親町天皇でしたが、その朝廷を財政的にバックアップするという事で近付いてきた信長とはWin-Winの関係でした。

信長は朝廷を利用して敵対勢力に圧力をかけることに成功。(蘭奢待の切り取りもしたしね!)朝廷側も財政が大きく回復しました。

その後、Win-Winの関係は長く続かず。信長は正親町天皇の存在を疎ましく思うようになります。信長との関係が怪しくなってくるのは譲位問題にも表れています。

自分よりも遥かに年上の正親町天皇よりもまだ若く言いなりになりそうな東宮の誠仁親王を早く天皇の位にあげたいと思うのも仕方がないかもしれませんね。

ただ、正親町天皇はなかなか譲位をしようとしませんでした。

そうこうしているうちに本能寺の変がおきて東宮も急死してしまいます。

結局、正親町天皇は孫にあたる後陽成天皇に譲位しました。正親町天皇は、譲位から7年後の1593年1月に77才で崩御しました。

あっ、ところで正親町天皇が美しいという史実は見当たらなかった。あの設定は大河ドラマだけだったのでしょうか?

正親町天皇は、信長の力があったとしても朝廷の財政を立て直した天皇であり在位期間も長く安定した御代を送った帝だったと思います。

ab

スポンサーリンク

関連記事

織田信長の男色

江に関係する人物という事で、今回は織田信長について書いてみたいと思います。とは言ったものの織田信長は

記事を読む

江姫の子供たち について

江姫の子供たち について。 2011大河ドラマ「江~姫たちの戦国」のヒロイン、江姫。 徳川幕府の

記事を読む

真田幸村 江

真田幸村 江 に登場! 大河ドラマ「江」の登場人物の紹介、今回は真田幸村です。 戦国大名の中です

記事を読む

徳川国松(忠長)の生涯

徳川国松(忠長)の生涯 について。 江姫と徳川秀忠の次男で、徳川家光の弟である国松。 後の駿府藩

記事を読む

藤田伝吾 本能寺の変や山崎の戦いで活躍した明智五宿老の一人

大河ドラマの印象的な登場人物を紹介するという事で、今回の記事では藤田伝吾を取り上げたいと思います。

記事を読む

2016年の大河ドラマの主人公 真田幸村

2016年の大河ドラマ「真田丸」が始まっていますが、主人公の真田幸村を取り上げていませんでした。

記事を読む

京極龍子 松の丸殿

京極龍子 松の丸殿 について。 豊臣秀吉の側室で、淀殿(茶々)の次に寵愛された京極龍子。 大河ド

記事を読む

豊臣秀吉 側室②

豊臣秀吉 側室 について続きです。 天下人・豊臣秀吉の側室を何名かご紹介したいと思います。 名門

記事を読む

織田信秀 ライバル・斎藤道三や息子・信長とは正反対の秩序ある武将

今日、紹介する大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物は、織田信長のお父さんである織田信秀です。 ド

記事を読む

三法師 その後

三法師 その後 について。 今回、取り上げるのは、羽柴秀吉で担ぎ出された三法師こと 後の織田秀信

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

平宗盛の最期とは?平清盛の後継者で父と正反対の性格で家族思い!

今回は、平清盛の後継者である平宗盛(たいらのむねもり)を紹介していきま

大姫 源頼朝と北条政子の娘で婚約者の源義高を亡くし心の病になる

北条義時主人公の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」ですが、大姫の婚約者である

源範頼 源頼朝の弟で源義経と比較されて凡将?最期は謀反・・・

源平合戦の最終章・・・源義経がついに平氏を追い詰めていくストーリーを大

源義経の正室 郷御前は静御前と対立!?夫と共に平泉に逃れて悲劇の最期

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では、源義経が無尽の活躍をみせて平氏がいよ

一条忠頼 武田信義の嫡男で源頼朝に粛清される最期

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で少ない出番ながらも気になった登場人物がい

→もっと見る

PAGE TOP ↑