*

細川忠興 ガラシャ

公開日: : 最終更新日:2016/02/25 大河ドラマの登場人物 , ,

細川忠興 ガラシャ の夫。
2011年2月13日放送の第6話「光秀の天下」に新しく登場した人物。
戦国大名の細川忠興についてご紹介していきたいと思います。

細川忠興は、明智光秀の娘たま(細川ガラシャ)の夫です。
大河ドラマでは、謀反人の娘のたまを養父・細川幽斎が
追い出せと邪険にしますが、夫・細川忠興はたまを庇います。
とても妻思いのよい夫の印象です。

細川ガラシャのすべて細川忠興 ガラシャ

細川忠興とたま(細川ガラシャ)の夫婦仲に関する
エピソードをいくつかご紹介しますね。

細川忠興は、文武両道で美男、戦国の世をうまく生きていった武将。
ガラシャとは、美男美女で有名なカップルでした。

一方で、細川忠興には戦国一の嫉妬深い男としての異名もあり。
ガラシャの父・明智光秀が謀反人となった際、戦国の世のならいで
逆賊の娘となったガラシャを離縁するのが普通でしたが、
忠興は彼女を愛するあまり幽閉させて隠したというから驚きです。

さらに、ガラシャの美しさに見とれていた庭師に激怒。
細川忠興は、この庭師の首をはねたとか言われています。

さらにさらに、幽閉先から戻ったガラシャを屋敷内に作った
奥御殿に住まわせて外出する事を一切禁止させました。
ガラシャを他の男性と接触させるのを嫌ったそうです。

細川忠興の嫉妬エピソードは、もっとあります。
忠興は、遠征中にガラシャに手紙を沢山送っていますが、
すべて「秀吉に気をつけろ」という内容だったとか。

細川ガラシャが人質になるのを拒んで自害したのも
実は、細川忠興が他の男と接触するのを嫌がって
ガラシャを殺したという説もあるほどですm(_ _)m

細川忠興―ギリギリの決断を重ねた戦国武将 (PHP文庫)細川忠興 ガラシャ

ab

広告

関連記事

渋沢栄一は何した人なのか?嫁・千代以外にも妾がいて女好き!

NHKの大河ドラマ「青天を衝け」が2月14日からスタートしたわけですが、登場人物を全然紹介していなか

記事を読む

初 常高院について

初 常高院について。 大河ドラマ「江~姫たちの戦国」で、水川あさみが演じる ヒロイン・江姫の姉、

記事を読む

上総介広常の最期は源頼朝に裏切られる?

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で、佐藤浩市が演じる上総介広常を今回は取り上げたいと思います。 坂

記事を読む

明智秀満 光秀の娘婿で信頼厚き家臣!ドラマ「敵は本能寺にあり」の主人公

朝ドラもですが、大河ドラマも新型コロナウイルスの影響で放送の一時中止が決定してしまいましたね。朝ドラ

記事を読む

お田鶴の方 夫の後を継いで曳馬城の女城主となる!椿姫観音菩薩

大河ドラマ「どうする家康」から久しぶりに女性の登場人物を紹介していきたいと思います。今回は、悲劇の女

記事を読む

榊原康政 徳川家康のお気に入りで豊臣秀吉を怒らせた徳川四天王のひとり

徳川家康の家臣であった榊原康政は、大河ドラマに何度も登場している人物です。 今年の大河ドラマ「

記事を読む

藤原惟規 紫式部の弟は出来が悪い?紫式部日記から分かる姉弟の仲とは

紫式部の弟とされる藤原惟規(ふじわらののぶのり/これのぶ)を取り上げます。まだ、ドラマでは子供時代な

記事を読む

no image

平宗子(池禅尼)

大河ドラマ「平清盛」の登場人物を紹介しています。 今回登場するのは、和久井映見が演じる平宗子さんです

記事を読む

本多忠勝には正室・於久の方と側室・乙女の方がいる!娘・小松姫の母はどっち?

徳川家康の家臣団の中でも有名な武将と言えば、本多忠勝の名を挙げる方も多い事でしょう。本日は、徳川四天

記事を読む

no image

藤原璋子VS藤原得子

大河ドラマ「平清盛」第5回まで放送されました。 個人的な第5回の見所は、藤原璋子(待賢門院)と鳥羽

記事を読む

ab

広告

ab

広告

藤原道長の妻 源明子は本来なら女王の身分!源倫子との格差が大きい

藤原道長には、嫡妻である源倫子のほかに妻がもう一人います。源明子と言っ

藤原実資とその妻・桐子の夫婦仲は?日記「小右記」は本当にあった

お笑いの「ロバート」秋山竜次が、大河ドラマ「光る君へ」で藤原実資を演じ

藤原義懐 大出世する花山天皇の叔父!ドラマとは乖離する人物像

大河ドラマ「光る君へ」で印象に残った人物として花山天皇の叔父にあたる藤

藤原公任は藤原道長よりも名門出身の御曹司!紫式部や清少納言とも交流あり

大河ドラマ「光る君へ」で、町田啓太が演じる藤原公任(ふじわらのきんとう

藤原道綱母 蜻蛉日記の作者は本朝三大美人の一人!道長の父・藤原兼家の妾妻

藤原道長の父である藤原兼家には、嫡妻である時姫以外にも当然の如く妻がい

→もっと見る

PAGE TOP ↑