*

「 大河ドラマのあらすじ 」 一覧

江 あらすじ 46話【希望】

江 あらすじ 46話【希望】 2011年の大河ドラマ「江~姫たちの戦国」46話が最終回でした。 最終回の視聴率は、19.1%でしたが、男子サッカーや 男子バレーボールが同時間帯に放送されたので少

続きを見る

江 あらすじ 45話【息子よ】

竹千代に化粧をしていた理由を聞いても答えない。 理由もわからずただ怒りに震える江。 そんな中、義父の徳川家康が倒れたという知らせが届く。 秀忠は、見舞にいくが、なかなか親子の会話が弾まない。

続きを見る

江 あらすじ 44話【江戸城騒乱】

大坂の陣で、徳川方の勝利で終わった。 姉の淀殿の死の知らせを聞いて江は寝込んでしまう。 憔悴しきった江とは反対に、江戸城では勝利の宴が開かれていた。 大騒ぎして勝利を喜ぶ竹千代をみて江は叱り

続きを見る

江 あらすじ 43話【淀、散る】

江 あらすじ 43話【淀、散る】 徳川家康は、大坂城にいる牢人たちを追放するか 秀頼と淀殿が大坂城から出て国替えを受け入れるかの 選択を豊臣方に迫ってきた。 徳川と豊臣の衝突をくい止めよう

続きを見る

江 あらすじ 42話【大坂冬の陣】

大坂冬の陣が始まる。 徳川方が優位に戦いを進め、豊臣方を籠城へと追い込む。 優勢だった徳川家康は、突如、和睦を提案する。 徳川方の和睦の申し入れに豊臣秀頼は応じようとするが、 淀は、和睦を

続きを見る

江 あらすじ 41話【姉妹激突!】

江 あらすじ 41話【姉妹激突!】 江戸城では、長男・竹千代の傍若無人な振る舞いをみて 江は、福に諭すが、反対に福は「将軍となる身であれば、 あのくらいの振る舞いをしたほうがいい」と反論する。

続きを見る

江 あらすじ 40話【親の心】

竹千代が自分より乳母の福に懐いている事に悩む。 江は、竹千代に近づこうとするが、何となく余所余所しい。 一方、竹千代の弟・国松は竹千代と比べると聡明で 江自身が育てた事もあり溺愛するようにな

続きを見る

江 あらすじ 39話【運命の対面】

江 あらすじ 39話【運命の対面】 徳川秀忠が徳川幕府2代将軍となり、正室の江も御台所となる。 徳川将軍家で御台所が誕生するのははじめてとなる。 そんな江だったが、長男の竹千代が乳母の福に独

続きを見る

江 あらすじ 38話【最強の乳母】

江 あらすじ 38話【最強の乳母】 江は、徳川家に嫁にきて女子ばかり生んでいたが、 ついに待望の世継ぎの男子を出産する事になる。 世継ぎの男子誕生に喜ぶ江や夫の徳川秀忠。 そんなふたりのも

続きを見る

江 あらすじ 37話【千姫の婚礼】

江は、次女の珠姫を幼いまま前田家に政略結婚で嫁がせた ことを悲しんでいた。しかし、江は、4人目を妊娠する。 大坂城では、豊臣秀頼のもとに新年の挨拶に来ない 徳川家康に対して、淀の側近、大野治

続きを見る

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

平賀朝雅の最期とは?鎌倉殿になれず畠山重忠の乱の原因にもなった人物

北条時政とりく(牧の方)の娘婿である平賀朝雅を取り上げます。大河ドラマ

藤原兼子 北条政子と関係深く後鳥羽上皇の乳母として権勢を奮う

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」から紹介する登場人物、久しぶりに朝廷から藤

和田義盛 鎌倉殿の13人のひとりで初代侍所別当!巴御前が側室なのは本当?

鎌倉幕府の十三人の合議制に連なる御家人・和田義盛(わだよしもり)とはど

北条時房 北条政子・義時の異母弟で鎌倉幕府の初代連署を務める

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の登場人物、最近は13人の御家人を紹介して

三善康信 鎌倉殿の信頼厚い幕府の初代問注所執事!子孫が職を世襲

鎌倉殿の13人という事で、本日は三善康信(みよしやすのぶ)を取り上げま

→もっと見る

PAGE TOP ↑