*

大姫 源頼朝と北条政子の娘で婚約者の源義高を亡くし心の病になる

北条義時主人公の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」ですが、大姫の婚約者である源義高が殺害されてしまいましたね。

許嫁を処刑された大姫は、心を病んでいくのですが、あのかわいい子役(落井実結子ちゃん)はどう演じてくれるでしょうかね?大人になってからは南沙良さんが大姫役にキャスティングされています。

今回は、大姫の生涯にスポットを当てていきますね。

大姫 源頼朝と北条政子の娘

大姫は、ご存じの通り鎌倉幕府初代将軍の源頼朝と御台所である北条政子の間に出来た長女です。

大姫という名前は、実は長女を意味するものであり本当の名前は「一幡」ではないかと伝わりますが不明です。妹に三幡という名前の姫がいますので「一幡」説ありかもしれないですね。

大姫は、源頼朝がまだ伊豆に流されていたときに北条政子との間に出来た子でした。政子は頼朝との結婚を父・北条時政に猛反対されていて幽閉されていたので、それを振り切って結婚したという経緯がありました。子供まで出来たのならもう仕方がないと時政も諦めたのかもしれません。

大姫と源義高の婚約

大姫が3歳を迎える年に父・源頼朝は打倒平氏を掲げて挙兵します。そして、大姫が6歳の年に源義仲の嫡男・源義高と婚約します。源義高はその時、11歳でした。

源義高は名目上は大姫の婚約者という立場でしたが、実際は鎌倉に送られてきた人質でした。そのため頼朝と義仲の和議が破綻すれば、義高の命運も尽きてしまいます。

婚約して翌年には、源義仲が頼朝軍に討たれてしまい義高も処刑される事が決まりました。幼いながらも婚約者を想う大姫は、義高を女房姿に変装させて鎌倉から脱出させようと企みます。しかし、頼朝にそれがバレてしまい逃げた先で義高は討ち取られてしまいます。

婚約者の源義高が処刑された事を知った大姫は、衝撃のあまり水を飲めない程憔悴して寝込んでしまいます。母の政子は、大姫が病気になったのは義高を討った男のせいだと頼朝に強く迫り処刑させています。(義高を討った男・・・晒し首にされた藤内光澄はとんだとばっちり)

それでも大姫は、回復せずに・・・。

大姫の最期 源義高を亡くし心の病になる

大姫は、よほど婚約者の源義高を亡くした事が心の傷になったのでしょう。

義高がこの世から去ってから日に日に衰弱していった大姫は、20歳という若さで亡くなってしまいます。

生涯、源義高への思いに囚われていたと伝わります。その間に、後鳥羽天皇への入内や数々の縁談の話が持ち上がりますが、全て拒み通したそうです。

ちなみに後鳥羽天皇への入内は、大姫が亡くなったあとに妹の三幡を入内させようと計画しますが、頼朝自身と三幡が急死したことにより実現されることはありませんでした。

大姫を扱った作品、何かないかなぁと探していたら漫画ですが「ますらお 秘本義経記 大姫哀想歌」という作品が唯一あるようです。こちらは、本作が源義経主人公の作品ですが、外伝で大姫を主人公にしています。




【最新刊】ますらお 秘本義経記 大姫哀想歌

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

堀河局 百人一首の女流歌人

今回、取り上げるのは堀河局です。 大河ドラマ「平清盛」では、りょうが演じています。 第4話で、堀河

記事を読む

小見の方 濃姫の母で織田信長の義母、斎藤道三との夫婦仲は?

織田信長の正室、濃姫こと帰蝶の実母である小見の方にスポットを当てます。 2020大河ドラマ「麒

記事を読む

織田信光 甥の織田信長の味方で清洲城で織田信友を討つ

織田信長の叔父さんに当たる織田信光をそういえば、まだ取り上げていなかったなぁ~と思い、今回は彼を取り

記事を読む

初 常高院について

初 常高院について。 大河ドラマ「江~姫たちの戦国」で、水川あさみが演じる ヒロイン・江姫の姉、

記事を読む

織田信忠 松姫

織田信忠 松姫 について。 大河ドラマ「江」で、父・織田信長と同じく京の二条御所で討たれた 信長

記事を読む

真田幸村 江

真田幸村 江 に登場! 大河ドラマ「江」の登場人物の紹介、今回は真田幸村です。 戦国大名の中です

記事を読む

太原雪斎 今川義元の軍師で徳川家康の教育係?桶狭間の戦いまでの寿命

本日は、今川義元の軍師として名高い太原雪斎(たいげんせっさい)を取り上げたいと思います。大河ドラマ「

記事を読む

徳川将軍家 夫に冷遇された御台所

江は、徳川将軍家で唯一の次期将軍を生んだ御台所であり、夫からも大切にされた女性です。御台所の中では、

記事を読む

三浦義村 山本耕史が演じる北条義時の親友でしたたかな武将

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で主人公・北条義時の親友として描かれている相模国の御家人・三浦義村を今回

記事を読む

足利義輝 剣豪で知られる悲運の最期を遂げる足利13代将軍!

大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物という事で、今回は室町幕府の第13代将軍・足利義輝をクローズアップ

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

石川数正の出奔の原因となる説とは?長野県・松本城の築城について

2023年の大河ドラマ「どうする家康」で、俳優の松重豊が演じている石川

徳川美術館や名古屋城や熱田神宮の見どころは?名古屋の観光名所への行き方

前回の愛知県岡崎市の観光地(岡崎城やなど大樹寺など)に引き続きNHK大

岡崎城、八丁味噌の郷、大樹寺への行き方とそれぞれの見どころ

いつも大河ドラマの登場人物ばかりを紹介してきましたが、今回は久しぶりに

早川殿 今川氏真の正室で大河ドラマ「どうする家康」では糸という名前!

昨日取り上げた今川氏真に続いて、その妻である早川殿を取り上げたいと思い

今川氏真 徳川家康との関係やその子孫について!最期はどうなる?

大河ドラマ「どうする家康」で、溝端淳平が演じているのが今川氏真(いまが

→もっと見る

PAGE TOP ↑