*

斎藤義龍 父の斎藤道三と長良川の戦いで勝利!父殺しの汚名とともに

大河ドラマ「麒麟がくる」、明日(2020年5月10日)放送は「長良川の対決」です。

いよいよ美濃での斎藤道三と斎藤義龍、父子での戦が始まります。

長良川の戦いでは、斎藤道三の兵2700、対して斎藤義龍の兵は15,000とされています。圧倒的不利のまま斎藤道三は討たれるのですが、これにより斎藤義龍は「父殺し」の汚名を被る事になります。

今回は、「長良川の対決」でのもう片方の主役である斎藤義龍という人物をクローズアップしたいと思います。

そういえば、存在感半端なかった本木雅弘の斎藤道三もそろそろ見納めなんですね。斎藤義龍も早世してしまうので伊藤英明もすでにクランクアップしているとか。後半の大河ドラマも楽しみですが、何だかさびしい気持ちになりますね。

斎藤義龍の生涯について

大河ドラマ「麒麟がくる」では、斎藤義龍ではなく斎藤高政と呼ばれていますが、斎藤義龍という名前の方がよく使われているので義龍で書いていきますね。

斎藤義龍(さいとうよしたつ)は、美濃の斎藤道三と側室の深芳野の間に1527年に誕生しました。道三にとっては、初子になります。

深芳野を紹介した記事でも書きましたが、深芳野は美濃国の守護大名だった土岐頼芸の愛妾で、斎藤道三に譲られて側室になりました。深芳野は懐妊したまま道三のもとに来たという説があり義龍の本当の父親は土岐頼芸だと囁かれていました。

自分の出生の秘密など疑心暗鬼のまま斎藤義龍は成長していき、1554年に道三から斎藤家の家督を譲られます。

しかし家督を円満に譲られたわけではなく、斎藤道三の政治に不満を持っていた家臣たちが強引に道三を隠居させて義龍に家督を継がせたとされています。

斎藤道三は、斎藤義龍を嫌ってその下の息子たち(孫四郎、喜平次)をとても可愛がっていました。そして、家督の座を孫四郎にと願い喜平次には名門・一色氏を名乗らせた事から道三と義龍の関係は険悪なものとなりました。

斎藤義龍は、家督をとられると思い孫四郎と喜平次を殺害します。(義龍の弟殺害方法、織田信長が自身の弟を殺害する時に参考にしたような気がする。)

溺愛していた孫四郎と喜平次が殺されたと知った斎藤道三は、すぐに大桑城に逃げて義龍と一戦交える決意をします。

そして、1556年の長良川の戦いへと続きます。

この戦いで義龍が勝利して道三は討ち死にしますが、義龍は道三が亡くなって5年後の1561年に病でこの世を去ります。33才の若さでした。

斎藤義龍 本当に愚か者だったのか?

斎藤義龍は、父の道三からは「愚か者」と蔑ろにされていました。一方、弟の孫四郎と喜平次は「利口者」と溺愛されていましたが、本当に義龍は愚か者だったのか?

斎藤義龍は、父殺しのレッテルを貼られていて「信長の野望」でもすぐに信長に殺されてしまうダメ武将の扱いですが、史実の義龍はなかなか有能な武将であったと思います。

長良川の戦いで父・道三と決戦をする時に義龍側についた国衆の数や信長が義龍がいた時には美濃を獲ることが出来ませんでした。

又、道三自身も最期に義龍の采配をみて今までの評価を悔い改めたと伝わります。

まぁ、でも道三は美濃の国を娘婿である織田信長に譲る旨の遺言状をしたためているので、よほど息子の義龍だけは忌み嫌っていたのでしょうね。

美濃の国は、義龍が亡くなると息子の龍興が継ぎますが、あっという間に信長に攻略されてしまいます。・・・息子の斎藤龍興こそ愚か者なんですけどね。

長良川の戦い後の武将たちはどうなる?

長良川の戦い後、斎藤道三に味方した明智光秀は越前に逃げて浪人生活を送ることになります。

また、斎藤龍興の末の弟である斎藤利治(母は小見の方で帰蝶とは同腹)は、姉を頼って尾張の織田家に逃げます。

斎藤道三がしたためた美濃国譲り状も斎藤利治が直接、信長に渡したと伝わりますね。

斎藤利治は、1541年頃に生まれたので、長良川の戦い時の年齢は15才です。まだ元服もしていなかったそうです。

利治は、できる武将だったらしく織田家の重臣になり信長やその息子の信忠の傍に仕えていましたが、本能寺の変でともに討死しました。

斎藤義龍がもう少し長生き出来たらもしくは斎藤利治が家督を継いでいたらどうなっていたのかと考えてしまいますね。

ab

スポンサーリンク

関連記事

正親町天皇 坂東玉三郎が演じる美しい帝と弟・覚恕との仲

坂東玉三郎が演じている第106代天皇の正親町天皇について調べてみました。 昨日の深夜、NHKで

記事を読む

和田義盛 鎌倉殿の13人のひとりで初代侍所別当!巴御前が側室なのは本当?

鎌倉幕府の十三人の合議制に連なる御家人・和田義盛(わだよしもり)とはどんな人物だったのかを紹介してい

記事を読む

麒麟がくるの稲葉一鉄役は村田雄浩!有能な武将で春日局の祖父

大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物紹介、今回はベテラン俳優の村田雄浩さんが演じる稲葉良通を取り上げて

記事を読む

no image

統子内親王(むねこないしんのう)

久々に朝廷側の人物を取り上げたいと思います。 統子内親王(上西門院)という女性で、大河ドラマ「平清

記事を読む

豊臣秀吉 について

豊臣秀吉 について。 「織田信長」「豊臣秀吉」「徳川家康」の天下獲り3人は、 日本人なら誰でも知

記事を読む

三法師 その後

三法師 その後 について。 今回、取り上げるのは、羽柴秀吉で担ぎ出された三法師こと 後の織田秀信

記事を読む

三淵藤英役を演じるのは谷原章介!忠義に厚い足利将軍家の奉公衆

室町幕府の足利将軍家にて奉公衆の役職にあった三淵藤英。今回は、その実像に迫りたいと思います。大河ドラ

記事を読む

細川忠興 ガラシャ

細川忠興 ガラシャ の夫。 2011年2月13日放送の第6話「光秀の天下」に新しく登場した人物。

記事を読む

渋沢栄一は何した人なのか?嫁・千代以外にも妾がいて女好き!

NHKの大河ドラマ「青天を衝け」が2月14日からスタートしたわけですが、登場人物を全然紹介していなか

記事を読む

朝倉義景の息子たち 溺愛した阿君丸と愛王丸!そして朝倉信景

大河ドラマ「麒麟がくる」では、2、3話前のストーリーだったかと思いますが、朝倉義景が嫡男だった阿君丸

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

平賀朝雅の最期とは?鎌倉殿になれず畠山重忠の乱の原因にもなった人物

北条時政とりく(牧の方)の娘婿である平賀朝雅を取り上げます。大河ドラマ

藤原兼子 北条政子と関係深く後鳥羽上皇の乳母として権勢を奮う

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」から紹介する登場人物、久しぶりに朝廷から藤

和田義盛 鎌倉殿の13人のひとりで初代侍所別当!巴御前が側室なのは本当?

鎌倉幕府の十三人の合議制に連なる御家人・和田義盛(わだよしもり)とはど

北条時房 北条政子・義時の異母弟で鎌倉幕府の初代連署を務める

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の登場人物、最近は13人の御家人を紹介して

三善康信 鎌倉殿の信頼厚い幕府の初代問注所執事!子孫が職を世襲

鎌倉殿の13人という事で、本日は三善康信(みよしやすのぶ)を取り上げま

→もっと見る

PAGE TOP ↑