*

源応尼 徳川家康の祖母で超絶美人!5度も嫁ぐが夫に先立たれる

はい、本日は、徳川家康の祖母である源応尼(華陽院)を取り上げますね。

大河ドラマ「麒麟がくる」では、真野響子さんが演じています。

源応尼は、晩年になると駿府に居たのですが、徳川家康も今川家の人質として駿府入りしていた事から孫・家康の養育を懇願して育てたそうですよ。

源応尼の生涯について

源応尼は、名前が伝わっていて「於富」もしくは「於満」という名だったそうです。

出身は、いろんな説があります。尾張国の青木加賀守弌宗か宮の善七の娘、三河国の大河内左衛門佐元綱か大河内但馬守満成の娘などです。

出身に関して定かでない分、なぜか嫁ぎ先は正確に分かっています。

源応尼は、本当にあの徳川家康の祖母なの?と思わんばかりの美貌の女性だったらしく彼女は5度も嫁いでいるのです。美人だったから何度も嫁入りしたわけではないと思いますが、でもある程度はプラス材料(?)ですよね。

源応尼の5度の嫁入り

源応尼の夫ですが、はじめに嫁いだのが三河国の刈谷城主だった水野忠政です。家康の母・於大の方をはじめ3男1女を儲けました。

その次に嫁いだのは、最初の夫・水野忠政と敵対していた岡崎城主の松平清康になります。水野氏と松平氏が争ってその講和の条件として源応尼が水野忠政と離縁、松平清康の後妻に入ったのでした。

もともと松平清康は美しい源応尼に目をつけて戦を仕掛けたとも言われていますが・・・。

ちなみに松平清康は、家康の祖父にあたります。ちょっとややこしいのですが、松平清康と最初の妻の間に出来たのが松平広忠です。水野忠政と源応尼の間に出来たのが於大の方。松平広忠と於大の方の間に出来たのが徳川家康になります。

なので、源応尼・於大の方の母娘は、松平清康・広忠の父子に揃って嫁入りすることになるんですよね。昔はよくある話なのかなぁ?何かヤダ・・・。

話を戻しまして、松平清康はやがて暗殺されます。その後の源応尼は、三河国の有力豪族だった星野秋国、菅沼定望、川口盛祐に嫁いでいきます。

源応尼がこのように次々と嫁ぐことになったのは、夫に先立たれてしまったことと美人だった事も影響しているのでしょうね。

源応尼 孫・徳川家康の養育を任される

夫に次々と先立たれた源応尼ですが、さすがに6度目に嫁ぐのは難しかったのでしょうか?晩年は、駿河国の今川義元を頼ります。

そして、今川義元のもとに孫の竹千代(後の徳川家康)が人質として送られてきます。この時、家康は8才ですね。祖母の源応尼は55才です。

源応尼は、孫の養育を今川義元に懇願します。願いは叶って家康が元服するまでの8年間を傍で支えることが出来たのです。

源応尼にとっても家康にとっても異国で孤独な身だった事もあり互いの存在が心強かったと思います。孫の養育が生きがいだったのではないでしょうか?

そして、1560年に68才で源応尼は亡くなります。源応尼のお墓は、静岡県静岡市の玉桂山華陽院にあります。

華陽院は、はじめ知源院でしたが、家康が祖母の50回忌法要の際に、華陽院に改めたそうです。源応尼のお墓の隣には家康の夭折した娘で溺愛された市姫も眠ってます。

ab

スポンサーリンク

関連記事

九条完子(豊臣完子)について

九条完子(豊臣完子)について。 大河ドラマ「江」の登場人物紹介・・・久々です。 今回、取り上

記事を読む

石川数正の出奔の原因となる説とは?長野県・松本城の築城について

2023年の大河ドラマ「どうする家康」で、俳優の松重豊が演じている石川数正にスポットを当てたいと思い

記事を読む

朝倉義景の息子たち 溺愛した阿君丸と愛王丸!そして朝倉信景

大河ドラマ「麒麟がくる」では、2、3話前のストーリーだったかと思いますが、朝倉義景が嫡男だった阿君丸

記事を読む

織田信秀 ライバル・斎藤道三や息子・信長とは正反対の秩序ある武将

今日、紹介する大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物は、織田信長のお父さんである織田信秀です。 ド

記事を読む

2016年の大河ドラマの主人公 真田幸村

2016年の大河ドラマ「真田丸」が始まっていますが、主人公の真田幸村を取り上げていませんでした。

記事を読む

足利義輝 剣豪で知られる悲運の最期を遂げる足利13代将軍!

大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物という事で、今回は室町幕府の第13代将軍・足利義輝をクローズアップ

記事を読む

no image

堀河局と佐藤義清

待賢門院の侍女である堀河局と待賢門院に想いを寄せる佐藤義清。 第6回放送では、堀河局と佐藤義清が

記事を読む

足立遠元 13人の一人であり安達盛長とは年齢逆転した甥と叔父の関係

鎌倉殿の13人(鎌倉幕府、13人の合議制)を紹介という事で、今回取り上げますのは足立遠元(あだちとお

記事を読む

織田信光 甥の織田信長の味方で清洲城で織田信友を討つ

織田信長の叔父さんに当たる織田信光をそういえば、まだ取り上げていなかったなぁ~と思い、今回は彼を取り

記事を読む

no image

堀河局 百人一首の女流歌人

今回、取り上げるのは堀河局です。 大河ドラマ「平清盛」では、りょうが演じています。 第4話で、堀河

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

石川数正の出奔の原因となる説とは?長野県・松本城の築城について

2023年の大河ドラマ「どうする家康」で、俳優の松重豊が演じている石川

徳川美術館や名古屋城や熱田神宮の見どころは?名古屋の観光名所への行き方

前回の愛知県岡崎市の観光地(岡崎城やなど大樹寺など)に引き続きNHK大

岡崎城、八丁味噌の郷、大樹寺への行き方とそれぞれの見どころ

いつも大河ドラマの登場人物ばかりを紹介してきましたが、今回は久しぶりに

早川殿 今川氏真の正室で大河ドラマ「どうする家康」では糸という名前!

昨日取り上げた今川氏真に続いて、その妻である早川殿を取り上げたいと思い

今川氏真 徳川家康との関係やその子孫について!最期はどうなる?

大河ドラマ「どうする家康」で、溝端淳平が演じているのが今川氏真(いまが

→もっと見る

PAGE TOP ↑