*

源応尼 徳川家康の祖母で超絶美人!5度も嫁ぐが夫に先立たれる

はい、本日は、徳川家康の祖母である源応尼(華陽院)を取り上げますね。

大河ドラマ「麒麟がくる」では、真野響子さんが演じています。

源応尼は、晩年になると駿府に居たのですが、徳川家康も今川家の人質として駿府入りしていた事から孫・家康の養育を懇願して育てたそうですよ。

源応尼の生涯について

源応尼は、名前が伝わっていて「於富」もしくは「於満」という名だったそうです。

出身は、いろんな説があります。尾張国の青木加賀守弌宗か宮の善七の娘、三河国の大河内左衛門佐元綱か大河内但馬守満成の娘などです。

出身に関して定かでない分、なぜか嫁ぎ先は正確に分かっています。

源応尼は、本当にあの徳川家康の祖母なの?と思わんばかりの美貌の女性だったらしく彼女は5度も嫁いでいるのです。美人だったから何度も嫁入りしたわけではないと思いますが、でもある程度はプラス材料(?)ですよね。

源応尼の5度の嫁入り

源応尼の夫ですが、はじめに嫁いだのが三河国の刈谷城主だった水野忠政です。家康の母・於大の方をはじめ3男1女を儲けました。

その次に嫁いだのは、最初の夫・水野忠政と敵対していた岡崎城主の松平清康になります。水野氏と松平氏が争ってその講和の条件として源応尼が水野忠政と離縁、松平清康の後妻に入ったのでした。

もともと松平清康は美しい源応尼に目をつけて戦を仕掛けたとも言われていますが・・・。

ちなみに松平清康は、家康の祖父にあたります。ちょっとややこしいのですが、松平清康と最初の妻の間に出来たのが松平広忠です。水野忠政と源応尼の間に出来たのが於大の方。松平広忠と於大の方の間に出来たのが徳川家康になります。

なので、源応尼・於大の方の母娘は、松平清康・広忠の父子に揃って嫁入りすることになるんですよね。昔はよくある話なのかなぁ?何かヤダ・・・。

話を戻しまして、松平清康はやがて暗殺されます。その後の源応尼は、三河国の有力豪族だった星野秋国、菅沼定望、川口盛祐に嫁いでいきます。

源応尼がこのように次々と嫁ぐことになったのは、夫に先立たれてしまったことと美人だった事も影響しているのでしょうね。

源応尼 孫・徳川家康の養育を任される

夫に次々と先立たれた源応尼ですが、さすがに6度目に嫁ぐのは難しかったのでしょうか?晩年は、駿河国の今川義元を頼ります。

そして、今川義元のもとに孫の竹千代(後の徳川家康)が人質として送られてきます。この時、家康は8才ですね。祖母の源応尼は55才です。

源応尼は、孫の養育を今川義元に懇願します。願いは叶って家康が元服するまでの8年間を傍で支えることが出来たのです。

源応尼にとっても家康にとっても異国で孤独な身だった事もあり互いの存在が心強かったと思います。孫の養育が生きがいだったのではないでしょうか?

そして、1560年に68才で源応尼は亡くなります。源応尼のお墓は、静岡県静岡市の玉桂山華陽院にあります。

華陽院は、はじめ知源院でしたが、家康が祖母の50回忌法要の際に、華陽院に改めたそうです。源応尼のお墓の隣には家康の夭折した娘で溺愛された市姫も眠ってます。

ab

スポンサーリンク

関連記事

家光の側室 お万の方

新ドラマの「大奥 誕生~有功・家光篇」が始まりましたが、映画「大奥」と同様に男女逆転のお話です。主人

記事を読む

no image

常盤御前の子供たち

久しぶりに平清盛の登場人物について紹介したいと思います。都の美女千人を集めた中で一番の美女だといわれ

記事を読む

三条西実澄から細川藤孝への古今伝授!三条西家の公家としての家格は?

大河ドラマで気になる人物を紹介しています。今日、取り上げるのは石橋蓮司が演じている公家の三条西実澄で

記事を読む

豊臣秀次 について

豊臣秀次 について。 大河ドラマ「江」の第28話の予告編で、豊臣秀次の切腹する 場面がありました

記事を読む

源範頼 源頼朝の弟で源義経と比較されて凡将?最期は謀反・・・

源平合戦の最終章・・・源義経がついに平氏を追い詰めていくストーリーを大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では

記事を読む

保科幸松(保科正之)

保科幸松(保科正之) について。 2011年の大河ドラマ「江~姫たちの戦国」が、 最終回を迎

記事を読む

於大の方 徳川家康の母で実子に対しては非常に愛情深い女性

大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物を紹介しております。 今回は、竹千代(後の徳川家康)の生母で

記事を読む

徳川国松(忠長)の生涯

徳川国松(忠長)の生涯 について。 江姫と徳川秀忠の次男で、徳川家光の弟である国松。 後の駿府藩

記事を読む

細川忠興 ガラシャ

細川忠興 ガラシャ の夫。 2011年2月13日放送の第6話「光秀の天下」に新しく登場した人物。

記事を読む

大姫 源頼朝と北条政子の娘で婚約者の源義高を亡くし心の病になる

北条義時主人公の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」ですが、大姫の婚約者である源義高が殺害されてしまいました

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

平宗盛の最期とは?平清盛の後継者で父と正反対の性格で家族思い!

今回は、平清盛の後継者である平宗盛(たいらのむねもり)を紹介していきま

大姫 源頼朝と北条政子の娘で婚約者の源義高を亡くし心の病になる

北条義時主人公の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」ですが、大姫の婚約者である

源範頼 源頼朝の弟で源義経と比較されて凡将?最期は謀反・・・

源平合戦の最終章・・・源義経がついに平氏を追い詰めていくストーリーを大

源義経の正室 郷御前は静御前と対立!?夫と共に平泉に逃れて悲劇の最期

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では、源義経が無尽の活躍をみせて平氏がいよ

一条忠頼 武田信義の嫡男で源頼朝に粛清される最期

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で少ない出番ながらも気になった登場人物がい

→もっと見る

PAGE TOP ↑