*

藤原頼長

公開日: : 最終更新日:2016/12/19 大河ドラマの登場人物 , , ,

藤原摂関家の超エリート!

武士(平清盛)の台頭を必死で抵抗した男!!

藤原頼長は、以前「歴史秘話ヒストリア」で特集していたのを観た事があります。

覚えている限りでは、父親(藤原忠実)に大変可愛がられて育つ。
兄(藤原忠通)を差し置いて摂関家の後継者になる。
保元の乱では、崇徳上皇と手を結び敗れる。
その裏には、頼長に嫉妬した兄の存在があった。
最期に頼長は命からがら父に会いに行ったが拒絶される。
そして哀れに死んでいった・・・というような内容だった。


保元の乱の勃発は、皇位継承と摂関家の内紛が原因です。
それぞれの勢力図です。

 

崇徳上皇側

後白河天皇側

天皇家

崇徳上皇(兄)

後白河天皇(弟)

摂関家

藤原頼長(弟)

藤原忠通(兄)

平氏

平忠正(叔父)

平清盛(甥)

源氏

源為義(父)

源義朝(子)

 

こんな感じで崇徳上皇と後白河天皇側とで対立しました。
勝利したのは、後白河天皇側でした。
敗れた藤原頼長は、流れ矢に当たって敗死しました。

Wikipediaによる情報

※綱紀粛正に取り組むが厳しすぎて「悪左府」と呼ばれる
※他人に厳しく妥協しない
※鳥羽上皇の信頼を失い失脚する
※少年時代に落馬して命拾いした
※勉学に励み学識の高さを賞賛された
男色の記録が多数記されている←ココに注目!

藤原頼長は(妻子もいますが)男好きだった!!

後世に日記というを残すものではないですね。
藤原頼長は自身の日記を残していて、日記には男性との赤裸々な性生活が綴られています。
相手の名前も複数上がっているしどういう行為をしたのかも丁寧に書かれている。
日記の名前は「台記台記」といいますので、興味のある方はどうぞ♪

藤原頼長(人物叢書 新装版)

ab

スポンサーリンク

関連記事

源応尼 徳川家康の祖母で超絶美人!5度も嫁ぐが夫に先立たれる

はい、本日は、徳川家康の祖母である源応尼(華陽院)を取り上げますね。 大河ドラマ「麒麟がくる」

記事を読む

明智光秀の娘 長女・岸の2度の結婚と最期について

大河ドラマ「麒麟がくる」ですが、本能寺の変まであと5年なんですね。という事は最終回も近いという事か・

記事を読む

織田信光 甥の織田信長の味方で清洲城で織田信友を討つ

織田信長の叔父さんに当たる織田信光をそういえば、まだ取り上げていなかったなぁ~と思い、今回は彼を取り

記事を読む

北条時房 北条政子・義時の異母弟で鎌倉幕府の初代連署を務める

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の登場人物、最近は13人の御家人を紹介してきましたが、それ以外の人物・・

記事を読む

no image

堀河局 百人一首の女流歌人

今回、取り上げるのは堀河局です。 大河ドラマ「平清盛」では、りょうが演じています。 第4話で、堀河

記事を読む

浅井長政

浅井長政について特集です。 江の父親である浅井長政は、北近江の戦国大名でした。 浅井の読み方は、

記事を読む

藤原兼子 北条政子と関係深く後鳥羽上皇の乳母として権勢を奮う

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」から紹介する登場人物、久しぶりに朝廷から藤原兼子にスポットをあてていきた

記事を読む

江が溺愛した徳川忠長の子供はあの松平長七郎!?

徳川家光の弟で、家光よりも出来が良く、江が溺愛したとされる徳川忠長。 最期は、家光の邪魔となり28

記事を読む

足利義昭 室町幕府15代将軍の最期と嫁について!駒は側室?

麒麟がくるの登場人物の中で登場シーンが多いわりにまだここで取り上げていなかった人物ということで足利義

記事を読む

深芳野 土岐頼芸から下贈された斎藤道三の側室で美濃一の美女

来年の大河ドラマ「麒麟がくる」で、濃姫を演じる予定だった沢尻エリカの逮捕により出演者変更となった事か

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

平賀朝雅の最期とは?鎌倉殿になれず畠山重忠の乱の原因にもなった人物

北条時政とりく(牧の方)の娘婿である平賀朝雅を取り上げます。大河ドラマ

藤原兼子 北条政子と関係深く後鳥羽上皇の乳母として権勢を奮う

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」から紹介する登場人物、久しぶりに朝廷から藤

和田義盛 鎌倉殿の13人のひとりで初代侍所別当!巴御前が側室なのは本当?

鎌倉幕府の十三人の合議制に連なる御家人・和田義盛(わだよしもり)とはど

北条時房 北条政子・義時の異母弟で鎌倉幕府の初代連署を務める

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の登場人物、最近は13人の御家人を紹介して

三善康信 鎌倉殿の信頼厚い幕府の初代問注所執事!子孫が職を世襲

鎌倉殿の13人という事で、本日は三善康信(みよしやすのぶ)を取り上げま

→もっと見る

PAGE TOP ↑