*

深芳野 土岐頼芸から下贈された斎藤道三の側室で美濃一の美女

来年の大河ドラマ「麒麟がくる」で、濃姫を演じる予定だった沢尻エリカの逮捕により出演者変更となった事から放送延期が正式に発表になってしまいましたね。

久々の戦国時代を舞台にした作品なので楽しみにしていましたが、残念です。

これから「麒麟がくる」の登場人物を紹介していきたいと思ってます。

前回の記事では濃姫の母、小見の方を紹介しました。(小見の方は「麒麟がくる」に登場しない可能性高いですが・・・)

小見の方よりもある意味、斎藤道三の妻としてエピソードが豊富にある深芳野(みよしの)という女性にスポットを当てて紹介したいと思います。

ちなみに「麒麟がくる」では、深芳野役を南果歩が演じます。

扇子

深芳野の生涯について

深芳野は、稲葉通則の娘であり稲葉一鉄のお姉さんだという事です。稲葉一鉄の孫娘は、あの春日局になります。

深芳野は、大変な美女であったとされその美貌は美濃一だとも言われていました。そして、身長が何と六尺二寸もあったらしい。

六尺二寸は、約187cmです。

コレ、本当なのかなぁ?

現代の男性でも187cmは高身長ですよね。当時の戦国時代ならもっともっと平均身長が低いはずですし、さらに深芳野は女性です。

どんなに美人であったとしてもこんなに大きな女性では周囲から恐れられてしまうのではないでしょうか?

そんな深芳野ですが、斎藤道三の側室になる前は美濃国の守護大名だった土岐頼芸の愛妾でした。土岐頼芸の重臣であった斎藤道三に1526年頃に下贈されて側室として迎えられます。翌年に斎藤義龍を産みますが、土岐頼芸の子を身籠ったまま道三の元に嫁いだのではないかと噂されます。

その後、土岐頼芸は斎藤道三に追放されて美濃国は道三の手中に収まります。いわゆる下剋上ですね。

斎藤道三は美濃国当主となった後は長男の斎藤義龍に家督を譲り隠居生活に入りました。

しかし、道三と義龍は仲良くなかったんですよね。

義龍は土岐頼芸の御落胤ではないかとの疑いもあり又、道三は他の息子たちを溺愛していたので、義龍を廃嫡して正室、小見の方の産んだ子を嫡子にしようとさえしました。

結局、義龍は弟たちを殺害して父、道三と戦をすることになります。美濃のマムシと恐れられていた道三は、無能と嘲笑っていた息子である義龍に敗れて戦死してしまいます。

斎藤道三は、死の直前に娘婿の織田信長宛に美濃国を譲り渡すという遺言状を渡していて余程、道三は義龍を認めたくなかったようですね。

深芳野がいつ亡くなったのかは不明ですが、その美しさ故に駒のように下贈されたり息子と夫の対立などもあり波瀾万丈な人生を歩んだのではないでしょうか?

深芳野を演じた女優陣

1973年NHK大河ドラマ「国盗り物語」・・・三田佳子
1991年テレビ朝日「戦国乱世の暴れん坊 齋藤道三 怒涛の天下取り」・・・秋吉久美子
2005年テレビ東京「国盗り物語」・・・鈴木杏樹
2020年NHK大河ドラマ「麒麟がくる」・・・南果歩

斎藤道三の正室、小見の方が登場するドラマとほぼ同じ作品に登場していますね。

ab

スポンサーリンク

関連記事

徳川家康について

徳川家康について エピソードをご紹介します。 お江の後の義父になる徳川家康について、色々と調べてみ

記事を読む

お市の方

今回、取り上げるのはヒロインの江の母である、お市の方です。 お市の方は、「戦国一の美女」など美貌に

記事を読む

柴田勝家とお市

柴田勝家とお市 について。 2011年大河ドラマ「江」のヒロイン・江姫の母であるお市。 2度の結

記事を読む

三法師 その後

三法師 その後 について。 今回、取り上げるのは、羽柴秀吉で担ぎ出された三法師こと 後の織田秀信

記事を読む

no image

待賢門院 藤原璋子

大河ドラマ「平清盛」の登場人物を紹介しています。 今回は、ぶっ飛び天然キャラの待賢門院・藤原璋子を取

記事を読む

no image

祇園女御

NHK大河ドラマ「平清盛」に出てくる登場人物を紹介していきます。 トップバッターは、祇園女御です。

記事を読む

no image

平宗子(池禅尼)

大河ドラマ「平清盛」の登場人物を紹介しています。 今回登場するのは、和久井映見が演じる平宗子さんです

記事を読む

2016年の大河ドラマの主人公 真田幸村

2016年の大河ドラマ「真田丸」が始まっていますが、主人公の真田幸村を取り上げていませんでした。

記事を読む

京極龍子 松の丸殿

京極龍子 松の丸殿 について。 豊臣秀吉の側室で、淀殿(茶々)の次に寵愛された京極龍子。 大河ド

記事を読む

no image

源義朝の常盤御前以外の側室

源頼朝・義経の父親である源義朝は、正室に由良御前と側室に常盤御前がいました。ドラマでもその二人しか登

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

於大の方 徳川家康の母で実子に対しては非常に愛情深い女性

大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物を紹介しております。 今回は、

土田御前 大河ドラマで織田信長の母を演じるのは檀れい

大河ドラマ「麒麟がくる」で、帰蝶が織田家に嫁ぎました。 そのため

土岐頼芸 鷹の絵を得意とする美濃の守護大名で斎藤道三に追放される

大河ドラマ「麒麟がくる」で、尾美としのりが演じていた土岐頼芸を取り上げ

織田信秀 ライバル・斎藤道三や息子・信長とは正反対の秩序ある武将

今日、紹介する大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物は、織田信長のお父さん

土岐頼純 帰蝶の最初の夫で美濃国の守護大名

第2話目の大河ドラマ「麒麟がくる」も面白かったですね。今回は、最終回ま

→もっと見る

PAGE TOP ↑