*

平宗子(池禅尼)

公開日: : 最終更新日:2016/12/19 大河ドラマの登場人物 , , ,

大河ドラマ「平清盛」の登場人物を紹介しています。
今回登場するのは、和久井映見が演じる平宗子さんです。
別名・池禅尼と言ったほうが有名かもしれません。

池禅尼とは、宗子が出家して移り住んだところに大きな池があったのでそう呼ばれました。

宗子は、平清盛にとっては義理のお母さんになります。
平忠盛の後妻に入りふたりの男子(家盛、頼盛)を産んでいます。

宗子は、どんな人物だったのか?
まずこの人がいなければ、源氏はどうなっていたかわかりません。
そして、平氏滅亡も防げた可能性があります。
殺されかけた幼少の源頼朝を助けたのがこの人、平宗子でした。

平宗子は平氏にとって有力な家の娘でしたので忠盛の後妻に入る時、期待されたようです。
清盛の出世にも宗子の影響が大きかったと言われています。

清盛とは血のつながらない親子ですが、宗子なりに大切に育てたのではないでしょうか?
また、自分の息子・家盛を平氏の跡取りにしたいという気持ちがあったはずです。
しかし、家盛は早くに亡くなってしまいます。
平氏のために清盛に尽くす覚悟があったと思われます。

平治の乱で敗れた源氏の嫡男・源頼朝が平氏に捕えられた時、宗子は命乞いのため断食をしました。
なぜ宗子は頼朝を助けたのか?
頼朝と早死した息子・家盛が似ていたからだと言われますが真相はわかりませんね。
結局、平清盛は、宗子に折れて頼朝を伊豆国に流して命を助けました。
その事が、後々平家滅亡につながるのですが・・・

壇ノ浦で果てた平家の一族の中で宗子の息子・頼盛だけは助かり頼朝に優遇されたそうです。
頼朝は幼い頃に宗子に助けて貰った恩を忘れないでいたためです。

宗子の印象は、思いやりがある母性の強い人だがそれが仇となるという感じですかね?

平清盛をあやつった女たち

平清盛をめぐる101の謎

ab

スポンサーリンク

関連記事

摂津晴門 片岡鶴太郎が演じるインパクトある悪役は本当に悪い人?

久しぶりの更新になります。ここ2か月ほど、忙しくて大河ドラマを観る暇がなかったので、録画していたのを

記事を読む

源行家 死神と言われた男の最期とは?源頼朝、源義経、源義仲の叔父

さて、本日取り上げるのは源頼朝・源義経・源義仲の叔父にあたる源行家(みなもとのゆきいえ)になります。

記事を読む

八田知家 鎌倉殿の13人のひとりで阿野全成を殺害した人物

鎌倉幕府で御家人たちが源頼家を抑える(?)ために結成された十三人の合議制の13名を紹介していきたいと

記事を読む

源頼家の正室はどちら?若狭局(せつ)と辻殿(つつじ)は御台所にならず

鎌倉幕府の2代将軍、源頼家の正室というか御台所は一体誰なのか? 大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に

記事を読む

明智光秀の娘 長女・岸の2度の結婚と最期について

大河ドラマ「麒麟がくる」ですが、本能寺の変まであと5年なんですね。という事は最終回も近いという事か・

記事を読む

麒麟がくるの稲葉一鉄役は村田雄浩!有能な武将で春日局の祖父

大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物紹介、今回はベテラン俳優の村田雄浩さんが演じる稲葉良通を取り上げて

記事を読む

三善康信 鎌倉殿の信頼厚い幕府の初代問注所執事!子孫が職を世襲

鎌倉殿の13人という事で、本日は三善康信(みよしやすのぶ)を取り上げます。 三善康信は、もとも

記事を読む

朝倉義景 織田信長に徹底マークされて滅んだ越前の守護大名

大河ドラマ「麒麟がくる」の越前編がスタートしましたね。新しい登場人物として、主人公の明智光秀が落ち延

記事を読む

江 お江与

2011年のNHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」のヒロイン。 江についての生涯をご紹介していきた

記事を読む

お市の方

今回、取り上げるのはヒロインの江の母である、お市の方です。 お市の方は、「戦国一の美女」など美貌に

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

平賀朝雅の最期とは?鎌倉殿になれず畠山重忠の乱の原因にもなった人物

北条時政とりく(牧の方)の娘婿である平賀朝雅を取り上げます。大河ドラマ

藤原兼子 北条政子と関係深く後鳥羽上皇の乳母として権勢を奮う

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」から紹介する登場人物、久しぶりに朝廷から藤

和田義盛 鎌倉殿の13人のひとりで初代侍所別当!巴御前が側室なのは本当?

鎌倉幕府の十三人の合議制に連なる御家人・和田義盛(わだよしもり)とはど

北条時房 北条政子・義時の異母弟で鎌倉幕府の初代連署を務める

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の登場人物、最近は13人の御家人を紹介して

三善康信 鎌倉殿の信頼厚い幕府の初代問注所執事!子孫が職を世襲

鎌倉殿の13人という事で、本日は三善康信(みよしやすのぶ)を取り上げま

→もっと見る

PAGE TOP ↑