*

平宗子(池禅尼)

公開日: : 最終更新日:2016/12/19 大河ドラマの登場人物 , , ,

大河ドラマ「平清盛」の登場人物を紹介しています。
今回登場するのは、和久井映見が演じる平宗子さんです。
別名・池禅尼と言ったほうが有名かもしれません。

池禅尼とは、宗子が出家して移り住んだところに大きな池があったのでそう呼ばれました。

宗子は、平清盛にとっては義理のお母さんになります。
平忠盛の後妻に入りふたりの男子(家盛、頼盛)を産んでいます。

宗子は、どんな人物だったのか?
まずこの人がいなければ、源氏はどうなっていたかわかりません。
そして、平氏滅亡も防げた可能性があります。
殺されかけた幼少の源頼朝を助けたのがこの人、平宗子でした。

平宗子は平氏にとって有力な家の娘でしたので忠盛の後妻に入る時、期待されたようです。
清盛の出世にも宗子の影響が大きかったと言われています。

清盛とは血のつながらない親子ですが、宗子なりに大切に育てたのではないでしょうか?
また、自分の息子・家盛を平氏の跡取りにしたいという気持ちがあったはずです。
しかし、家盛は早くに亡くなってしまいます。
平氏のために清盛に尽くす覚悟があったと思われます。

平治の乱で敗れた源氏の嫡男・源頼朝が平氏に捕えられた時、宗子は命乞いのため断食をしました。
なぜ宗子は頼朝を助けたのか?
頼朝と早死した息子・家盛が似ていたからだと言われますが真相はわかりませんね。
結局、平清盛は、宗子に折れて頼朝を伊豆国に流して命を助けました。
その事が、後々平家滅亡につながるのですが・・・

壇ノ浦で果てた平家の一族の中で宗子の息子・頼盛だけは助かり頼朝に優遇されたそうです。
頼朝は幼い頃に宗子に助けて貰った恩を忘れないでいたためです。

宗子の印象は、思いやりがある母性の強い人だがそれが仇となるという感じですかね?

平清盛をあやつった女たち

平清盛をめぐる101の謎

ab

広告

関連記事

清少納言と紫式部は犬猿の仲!?2度の結婚と藤原定子への宮仕え

紫式部のライバルとして名高い清少納言を取り上げます。 大河ドラマを観てから教科書にも載っていた

記事を読む

牧の方 りくという名前で登場する北条時政の後妻

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」ですが、今回登場する人物は宮沢りえが演じている北条時政の後妻・りく にな

記事を読む

朝倉義景の息子たち 溺愛した阿君丸と愛王丸!そして朝倉信景

大河ドラマ「麒麟がくる」では、2、3話前のストーリーだったかと思いますが、朝倉義景が嫡男だった阿君丸

記事を読む

真田幸村 江

真田幸村 江 に登場! 大河ドラマ「江」の登場人物の紹介、今回は真田幸村です。 戦国大名の中です

記事を読む

お市の方

今回、取り上げるのはヒロインの江の母である、お市の方です。 お市の方は、「戦国一の美女」など美貌に

記事を読む

小見の方 濃姫の母で織田信長の義母、斎藤道三との夫婦仲は?

織田信長の正室、濃姫こと帰蝶の実母である小見の方にスポットを当てます。 2020大河ドラマ「麒

記事を読む

穴山梅雪の最期が悲惨?正室の見性院は徳川家康の庇護を受け長生きする

まだ、続いてます~大河ドラマ「どうする家康」の登場人物紹介!武田家の家臣・穴山梅雪(穴山信君)を取り

記事を読む

2016年の大河ドラマの主人公 真田幸村

2016年の大河ドラマ「真田丸」が始まっていますが、主人公の真田幸村を取り上げていませんでした。

記事を読む

徳川吉宗 大奥

先日、テレビで初放映された大奥男女逆転の映画観ました。 結構、面白かったです。 それで江とは血が

記事を読む

徳川忠長の正室 松孝院

江に大変可愛がられた徳川忠長。 大河ドラマ「江」では、さすがに忠長の最期まではやらなかったのですが

記事を読む

ab

広告

ab

広告

藤原定子 夫・一条天皇に寵愛されたが実家の没落に見舞われた悲運の皇后

母の高階貴子や清少納言は取り上げたのですが、肝心の藤原定子を取り上げて

藤原宣孝 紫式部の夫で歳の差20歳以上?結婚生活は約3年で死別する

紫式部は、源氏物語という名作を世に出しましたが、当の本人は清少納言や和

清少納言と紫式部は犬猿の仲!?2度の結婚と藤原定子への宮仕え

紫式部のライバルとして名高い清少納言を取り上げます。 大河ドラマ

藤原道長の妻 源明子は本来なら女王の身分!源倫子との格差が大きい

藤原道長には、嫡妻である源倫子のほかに妻がもう一人います。源明子と言っ

藤原実資とその妻・桐子の夫婦仲は?日記「小右記」は本当にあった

お笑いの「ロバート」秋山竜次が、大河ドラマ「光る君へ」で藤原実資を演じ

→もっと見る

PAGE TOP ↑