*

於大の方 徳川家康の母で実子に対しては非常に愛情深い女性

大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物を紹介しております。

今回は、竹千代(後の徳川家康)の生母である於大の方を取り上げてみたいと思います。

於大(おだい)の方は、竹千代が幼少の頃に竹千代の父である松平広忠と離婚してその後は別の武将と再婚しました。離れ離れになった母子でしたが、於大の方は愛情深い女性だったようで竹千代の事をいつも案じていたと言います。

「麒麟がくる」でも女優の松本若菜が演じていましたが、於大の方は竹千代の行く末を心配している様子が描かれていましたね。

ここでは、於大の方の生涯と実子である徳川家康の関係を紹介していきます。

於大の方と松平広忠の結婚

於大の方は、尾張国の緒川城主であった水野忠政と於富の方の間に生まれました。

水野忠政は、当時、敵対していた三河国の松平清康から於富の方を譲って欲しいと頼まれてこれに同意して於富の方と離縁、そして娘の於大の方も一緒に松平清康の元へ送ります。

何て酷い事を!!!

・・・と思ってしまいましたが、これには事情がありまして。

松平清康は、於富の方の美貌に惚れ込んでいた事と水野家と松平家の力関係的にやや水野家の方が劣勢だったため国の安泰を図るためには同意するしかなかったようです。

こうして於富と於大は松平清康のもとにいきますが、今度は松平清康が家臣に殺害されてしまいます。

松平家は、清康が亡くなったあとに嫡男の松平広忠が家督を継ぎます。これには駿河の名門・今川家の後押しが大きかったそうです。なので、松平広忠は今川家に頭が上がらない・・・。

水野家は、松平清康が亡くなったことで同盟を再度、強化しようと於大を松平広忠に嫁がせます。そして、於大の方は結婚の翌年、長男の竹千代を出産することになります。

於大の方 竹千代とすぐに生き別れになる

於大の方は、竹千代が生まれてから息子の成長と長寿を願って妙心寺に薬師如来の銅像を奉納したと言います。

息子の成長を近くで見守りながら幸せな結婚生活を送れると思っていた矢先に於大の方は、竹千代と生き別れになるという不幸に遭ってしまいます。

於大の方の実父が亡くなって水野家は、兄の水野信元が跡を継いでいました。その兄が今川家が敵対している織田家とつながってしまったため於大の方は松平広忠に離縁させられてしまったのです。

竹千代は2~3才位の時でしょうか?

竹千代は松平家の跡取りなので、当然、松平家に残らなくてはいけません。離縁させられた於大の方は実家の水野家に返されてやがて兄の命令で阿古居城主・久松俊勝にもとに再嫁しました。

於大の方は、久松俊勝との間に6人の子供を生みましたが、竹千代とは文を交わしたり絶えず連絡を取り合っていたそうです。

於大の方 天下人の母となるが・・・

幼少の頃から竹千代は、織田家の人質になったり今川家の人質になったりと紆余曲折な人生を歩んでいきます。ただ、今川家では、竹千代の養育に祖母の於富の方が関わっていたのでその辺りは母である於大の方も安心した事でしょう。

ちなみに美人だったという於富の方は、松平清康が殺害されたあとも自身が生きていくために3度ほど結婚を繰り返したようです。全員、死別して最後は今川家に保護されていたようです。そこで孫の竹千代が人質として送られてきて養育を願い出たとの事でした。

今川家が桶狭間の戦いで織田家に破れるとようやく竹千代(松平家)は独立を果たすことが出来ます。

その後は、誰もが知っている徳川家康のサクセスストーリーなのですが・・・。

竹千代が天下人・徳川家康となるまでの間に於大の方の周辺にも様々な出来事がありました。

まずは、織田信長から謀反を疑われた於大の方の兄・水野信元が家康によって殺害(自害?)に追い込まれました。家康は、自身の正室や嫡男を亡くしたように信長に逆らえませんでしたのでね。

この事件に於大の方の夫・久松俊勝は家康に激怒してそのまま隠遁してしまいます。

家康は、於大の方と久松俊勝の間に生まれた義理の弟たちを取り立てたりとよくしていたのですが、やはり信長の命令とはいえ、家康が水野信元を手に掛けたのは久松俊勝自身許せなかったのでしょうね。

於大の方も家康のこの一連の行動を許せないと思うはずですが、やはり自分の子供は可愛いのか家康の家臣であった石川数正に恨みが集中した模様です。石川数正も家康の命令に従っただけなのに・・・。

晩年の於大の方は、家康の庇護の元、山城伏見城で亡くなりました。享年75才でした。

於大の方は、豊臣家と徳川家の関係がギクシャクした時に高台院や後陽成天皇に会ったりと家康のために尽力したようですよ。

於大の方は家康だけでなく他の自分の子に対しては愛情深い女性だったようです。その反面、嫁(築山殿)との仲は良くなかったと伝わりますが・・・。

ab

スポンサーリンク

関連記事

摂津晴門 片岡鶴太郎が演じるインパクトある悪役は本当に悪い人?

久しぶりの更新になります。ここ2か月ほど、忙しくて大河ドラマを観る暇がなかったので、録画していたのを

記事を読む

no image

平宗子(池禅尼)

大河ドラマ「平清盛」の登場人物を紹介しています。 今回登場するのは、和久井映見が演じる平宗子さんです

記事を読む

藤原秀衡の正室が義理の息子・藤原国衡に再嫁する!?マジ話でした

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」先週の第20回放送で気になる場面がありました。 その場面というのは

記事を読む

小見の方 濃姫の母で織田信長の義母、斎藤道三との夫婦仲は?

織田信長の正室、濃姫こと帰蝶の実母である小見の方にスポットを当てます。 2020大河ドラマ「麒

記事を読む

妻木熙子 明智光秀の正室で細川ガラシャの母

2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公、明智光秀の正室であり娘があの細川ガラシャである妻木熙子

記事を読む

源応尼 徳川家康の祖母で超絶美人!5度も嫁ぐが夫に先立たれる

はい、本日は、徳川家康の祖母である源応尼(華陽院)を取り上げますね。 大河ドラマ「麒麟がくる」

記事を読む

江が溺愛した徳川忠長の子供はあの松平長七郎!?

徳川家光の弟で、家光よりも出来が良く、江が溺愛したとされる徳川忠長。 最期は、家光の邪魔となり28

記事を読む

斎藤義龍 父の斎藤道三と長良川の戦いで勝利!父殺しの汚名とともに

大河ドラマ「麒麟がくる」、明日(2020年5月10日)放送は「長良川の対決」です。 いよいよ美

記事を読む

朝倉義景の息子たち 溺愛した阿君丸と愛王丸!そして朝倉信景

大河ドラマ「麒麟がくる」では、2、3話前のストーリーだったかと思いますが、朝倉義景が嫡男だった阿君丸

記事を読む

足利義輝 剣豪で知られる悲運の最期を遂げる足利13代将軍!

大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物という事で、今回は室町幕府の第13代将軍・足利義輝をクローズアップ

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

平賀朝雅の最期とは?鎌倉殿になれず畠山重忠の乱の原因にもなった人物

北条時政とりく(牧の方)の娘婿である平賀朝雅を取り上げます。大河ドラマ

藤原兼子 北条政子と関係深く後鳥羽上皇の乳母として権勢を奮う

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」から紹介する登場人物、久しぶりに朝廷から藤

和田義盛 鎌倉殿の13人のひとりで初代侍所別当!巴御前が側室なのは本当?

鎌倉幕府の十三人の合議制に連なる御家人・和田義盛(わだよしもり)とはど

北条時房 北条政子・義時の異母弟で鎌倉幕府の初代連署を務める

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の登場人物、最近は13人の御家人を紹介して

三善康信 鎌倉殿の信頼厚い幕府の初代問注所執事!子孫が職を世襲

鎌倉殿の13人という事で、本日は三善康信(みよしやすのぶ)を取り上げま

→もっと見る

PAGE TOP ↑