*

豊臣秀長 秀吉のできる弟!秀長が長生きしていたら歴史は変わった?

大河ドラマの登場人物の中で意外な人がまだ紹介していませんでした。今回はその中の一人でもある豊臣秀長を紹介していきたいと思います。

豊臣秀長は、豊臣秀吉の弟です。先日、取り上げた旭姫のお兄さんにも当たりますね。秀長は、秀吉のもと内外で手腕を発揮してできる男として有名ですが、秀吉よりも早く亡くなってしまいます。秀長がもう少し長生きしてくれたら豊臣政権も長続きしたのではないかと言われています。

そんな役者冥利に尽きる秀長役を過去に演じた役者さんをまずは紹介しますね。

豊臣秀長 大河ドラマで演じた役者

2023年の大河ドラマ「どうする家康」で豊臣秀長役を演じているのが佐藤隆太です。

過去の日本ドラマや映画には、豊臣秀長が沢山登場しています。ここでは、歴代の大河ドラマに絞り誰が豊臣秀長を演じてきたのか紹介していきたいと思います。

1965年の大河ドラマ「太閤記」・・・冨田浩太郎
1981年の大河ドラマ「おんな太閤記」・・・中村雅俊
1996年の大河ドラマ「秀吉」・・・高嶋政伸
2006年の大河ドラマ「功名が辻」・・・春田純一
2011年の大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」・・・袴田吉彦
2014年の大河ドラマ「軍師官兵衛」・・・嘉島典俊
2016年の大河ドラマ「真田丸」・・・千葉哲也
2023年の大河ドラマ「どうする家康」・・・佐藤隆太

豊臣秀長 豊臣秀吉の弟として誕生

それでは、次に豊臣秀長の生涯をみてみましょう。

秀長は、1540年(天文9年)に竹阿弥と仲(大政所)の間に誕生しました。秀吉の3歳下の異父弟になります。秀吉は早くに家を出ていったので、幼少時の兄弟はあまり一緒にいなかったようですね。

秀長と秀吉兄弟が、行動を共にするようになったのは秀吉が織田信長に取り立てて貰うようになってからです。秀吉の出世とともに秀長も表舞台に登場するようになります。

また、秀長はとても穏やかで情け深く器の大きい人物でした。それでいて、政治手腕もあり軍事面にも長けていて秀吉のマイナス面を補ってくれる貴重な人物だったようです。

まさに天下人になった兄を陰でずっと支え続けた縁の下の力持ち的存在でした。秀長は、調整役をよくしていて秀吉とほかの大名たちを取りなしたりすることもあったとか。後の豊臣秀次の悲劇など秀長が生きていたら防げたかもしれませんよね。

豊臣秀長の武功 天下人・秀吉を支える

豊臣秀長は、兄・秀吉が織田信長に仕えるようになると兄に従い戦に参加するようになります。また、兄の代わりに城代となったり出兵する事もありました。

豊臣秀長が、初陣してから参戦した戦は但馬攻め、黒井城の戦い、三木合戦、鳥取城の戦い、備中高松城の戦いなどがあります。

そして、天正10年6月に起きた本能寺の変後に、兄に従いすぐさま山崎の戦いに参戦することになります。賤ヶ岳の戦いや小牧・長久手の戦いを経て豊臣政権が樹立すると最終的に秀長は110万石を超える大名となっていました。

豊臣秀長は、軍事面でも素晴らしい実績を残しましたが内政面でも優秀で、争いが起きやすいといわれた自国の紀伊や大和を上手くまとめたとされます。

豊臣秀長の最期 豊臣政権に歪が生まれる

豊臣秀長は、天正14年頃から病気がちになり何度も湯治に訪れた記録が残っているそうです。そして、天正18年には病気が悪化して小田原征伐に参戦出来ませんでした。

翌年の天正19年早々、居城の郡山城内で亡くなりました。享年、52歳でした。

病気がちになったのが本能寺の変から4年後、亡くなったのが9年後です。やはりもう少し秀長が長生きしてくれたらと思いますよね。兄の秀吉が朝鮮出兵や秀次事件などを引き起こしたのはすべて秀長亡き後の事ですからね。

豊臣政権を安定させるためにも秀長の存在は不可欠だったと思います。

そして、秀長には跡取りの男子がいなかったために家督を秀次の弟・豊臣秀保に継がせました。そのため、秀保は幼い秀長の娘と結婚して婿養子になりました。しかし、その秀保も17歳という若さで亡くなったため家は断絶してしまいました。

ab

広告

関連記事

平賀朝雅の最期とは?鎌倉殿になれず畠山重忠の乱の原因にもなった人物

北条時政とりく(牧の方)の娘婿である平賀朝雅を取り上げます。大河ドラマ「鎌倉殿の13人」での平賀朝雅

記事を読む

三法師 その後

三法師 その後 について。 今回、取り上げるのは、羽柴秀吉で担ぎ出された三法師こと 後の織田秀信

記事を読む

家光の側室 お万の方

新ドラマの「大奥 誕生~有功・家光篇」が始まりましたが、映画「大奥」と同様に男女逆転のお話です。主人

記事を読む

大姫 源頼朝と北条政子の娘で婚約者の源義高を亡くし心の病になる

北条義時主人公の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」ですが、大姫の婚約者である源義高が殺害されてしまいました

記事を読む

足利義昭 室町幕府15代将軍の最期と嫁について!駒は側室?

麒麟がくるの登場人物の中で登場シーンが多いわりにまだここで取り上げていなかった人物ということで足利義

記事を読む

榊原康政 徳川家康のお気に入りで豊臣秀吉を怒らせた徳川四天王のひとり

徳川家康の家臣であった榊原康政は、大河ドラマに何度も登場している人物です。 今年の大河ドラマ「

記事を読む

大政所 豊臣秀吉の母なかの生涯について!嫁の北政所ねねとの嫁姑仲は?

豊臣秀吉や豊臣秀長、そして旭姫の母である大政所を取り上げますね。 大政所の呼び方は、「おおまん

記事を読む

お振の方と千代姫

徳川家光の側室といえば、「お万の方」「お玉の方」「お楽の方」「お夏の方」が有名です。っていうか、この

記事を読む

源頼家の正室はどちら?若狭局(せつ)と辻殿(つつじ)は御台所にならず

鎌倉幕府の2代将軍、源頼家の正室というか御台所は一体誰なのか? 大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に

記事を読む

明智光安 明智光秀の叔父で父親代わり!最期は明智城で自害する

1/19よりスタートした2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」で、主人公の明智光秀の叔父さん明智光安を

記事を読む

ab

広告

ab

広告

藤原定子 夫・一条天皇に寵愛されたが実家の没落に見舞われた悲運の皇后

母の高階貴子や清少納言は取り上げたのですが、肝心の藤原定子を取り上げて

藤原宣孝 紫式部の夫で歳の差20歳以上?結婚生活は約3年で死別する

紫式部は、源氏物語という名作を世に出しましたが、当の本人は清少納言や和

清少納言と紫式部は犬猿の仲!?2度の結婚と藤原定子への宮仕え

紫式部のライバルとして名高い清少納言を取り上げます。 大河ドラマ

藤原道長の妻 源明子は本来なら女王の身分!源倫子との格差が大きい

藤原道長には、嫡妻である源倫子のほかに妻がもう一人います。源明子と言っ

藤原実資とその妻・桐子の夫婦仲は?日記「小右記」は本当にあった

お笑いの「ロバート」秋山竜次が、大河ドラマ「光る君へ」で藤原実資を演じ

→もっと見る

PAGE TOP ↑