*

麒麟がくるの稲葉一鉄役は村田雄浩!有能な武将で春日局の祖父

大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物紹介、今回はベテラン俳優の村田雄浩さんが演じる稲葉良通を取り上げていきますね。

稲葉良通と言う名前よりも出家後の稲葉一鉄という名前の方が有名かと思います。

稲葉一鉄は、「頑固一徹」の語源となったほどの頑固者として知られます。又、大奥で権勢を奮ったあの春日局の母方のお祖父さんでもあります。

春日局の活躍の裏には、稲葉一鉄の血が流れていると思えば当然ですよね。稲葉一鉄自身もその都度仕えた主君に大きな信頼を受けるほどだったと言います。あの織田信長でさえもです。

それでは、稲葉一鉄の生涯についてまとめて紹介したいと思います。

稲葉一鉄の生涯について

稲葉一鉄(稲葉良通)の大河ドラマでの描かれ方は、斎藤義龍の一番近くで仕えている重臣で少しクセのある人物というイメージを受けました。

斎藤道三を敵とみなし斎藤義龍に忠実に尽くす・・・そんな印象!

しかし、稲葉一鉄は生涯のうちで実は主君を6名かえています。

一番、はじめの主君は美濃の守護だった「土岐頼芸」です。その後は斎藤道三、斎藤義龍、斎藤龍興、織田信長、豊臣秀吉と続きます。

まぁ、見事にその都度の権力者にうまく仕えているなと感じます。

この辺りは、先見の明があった?それとも変わり身の早い?

でもその時の主君に対して最高の働きをしてくれる武将なので、味方にとっては有難い存在ではありますよね。

ちなみに稲葉一鉄が長良川の戦いで斎藤道三ではなく斎藤義龍についたのは、身内だからというのもあるのかなと思います。

斎藤義龍の母である深芳野は、稲葉一鉄のお姉さんだからです。そうすると、義龍は甥っ子にあたりますよね。

戦国武将としての稲葉一鉄

稲葉一鉄は、美濃の国人であった稲葉通則の6番目の息子として誕生しました。

6番目という事で本来なら家督を継げませんでしたが、なぜか家督の座は一鉄のもとへ。

牧田の戦いで、父と兄全員が戦死したためです。すでに一鉄は僧侶となっていたので、家督を継ぐために還俗することになりました。

美濃の重臣時代の稲葉一鉄は、西美濃三人衆と呼ばれるほど活躍します。また、織田信長に仕えた時も姉川の戦いや長篠の戦いなど数多くの戦で功を立てます。

そういえば、本能寺の変が起きる数か月前の武田征伐の時に以前、仕えていた土岐頼芸を見つけ出し美濃に連れ帰ったのも稲葉一鉄でしたね。

本能寺の変で織田信長が亡くなると、豊臣秀吉に仕えますが、その時も秀吉のもとで功を立てて信頼厚かったと言います。

稲葉一鉄は、秀吉の家臣として享年74才の天寿を全うしました。

天寿を全うできない戦国武将の中、幸せな一生だったのではないでしょうか?

稲葉一鉄と明智光秀の関係は?

ところで、美濃斎藤家の重臣であり織田家でも同じく重臣でもあった明智光秀と稲葉一鉄の関係が気になりますよね。

明智光秀と稲葉一鉄の関係には、もう一人とても重要な人物が関係して来ます。

それが、春日局の父である斎藤利三です。

斎藤利三の嫁、つまり春日局の母は稲葉一鉄の娘です。

はじめ、斎藤利三は義理の父である一鉄に仕える家臣でしたが、明智光秀の家臣となり一鉄から離れてしまったのです。

一鉄は光秀に利三を返して欲しいと再三お願いしましたが、利三も一鉄と同様によくできる人物で明智家にとっても大切な家臣となっていたので、断られてしまいます。

そのため、今度は主君である織田信長に直訴しますが、光秀は信長の命令も聞かず・・・。この時、命令に逆らう光秀に激怒した信長が光秀のまげを掴んで引き摺りまわしたというエピソードがありこれが本能寺の変につながったという説もありますよね。

まぁ、これらのエピソードからも稲葉一鉄は織田信長に稲葉利三は明智光秀にそれぞれ大切にされていた家臣であったことが分かりますね。

本能寺の変、そして、山崎の戦いのあと、稲葉一鉄は孫娘の春日局を稲葉家に引き取り美濃清水城で一緒に暮らしました。

ab

広告

関連記事

明智光秀の娘 長女・岸の2度の結婚と最期について

大河ドラマ「麒麟がくる」ですが、本能寺の変まであと5年なんですね。という事は最終回も近いという事か・

記事を読む

藤原兼子 北条政子と関係深く後鳥羽上皇の乳母として権勢を奮う

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」から紹介する登場人物、久しぶりに朝廷から藤原兼子にスポットをあてていきた

記事を読む

九条完子(豊臣完子)について

九条完子(豊臣完子)について。 大河ドラマ「江」の登場人物紹介・・・久々です。 今回、取り上

記事を読む

以仁王 木村昴が演じる後白河法皇の第三皇子!源氏に平氏打倒の令旨を促す

「ドラえもん」のジャイアン声優でおなじみの木村昴が、初の大河ドラマ出演で話題になりました。木村昴の「

記事を読む

豊臣秀吉 側室

豊臣秀吉 側室 についてご紹介します。 戦国時代きっての女好き、天下人の豊臣秀吉に側室たちに ス

記事を読む

和田義盛 鎌倉殿の13人のひとりで初代侍所別当!巴御前が側室なのは本当?

鎌倉幕府の十三人の合議制に連なる御家人・和田義盛(わだよしもり)とはどんな人物だったのかを紹介してい

記事を読む

no image

北条政子

有名ずきて今更な感じがしますが、今回は源頼朝の妻・北条政子を取り上げたいと思います。大河ドラマ「平清

記事を読む

no image

待賢門院 藤原璋子

大河ドラマ「平清盛」の登場人物を紹介しています。 今回は、ぶっ飛び天然キャラの待賢門院・藤原璋子を取

記事を読む

早川殿 今川氏真の正室で大河ドラマ「どうする家康」では糸という名前!

昨日取り上げた今川氏真に続いて、その妻である早川殿を取り上げたいと思います。 大河ドラマ「どう

記事を読む

大久保忠世 どうする家康では小手伸也が演じる!徳川十六神将のひとり

今年の大河ドラマ「どうする家康」の登場人物ですが、当サイトでは家康の家臣を中心に紹介しています。

記事を読む

ab

広告

ab

広告

藤原定子 夫・一条天皇に寵愛されたが実家の没落に見舞われた悲運の皇后

母の高階貴子や清少納言は取り上げたのですが、肝心の藤原定子を取り上げて

藤原宣孝 紫式部の夫で歳の差20歳以上?結婚生活は約3年で死別する

紫式部は、源氏物語という名作を世に出しましたが、当の本人は清少納言や和

清少納言と紫式部は犬猿の仲!?2度の結婚と藤原定子への宮仕え

紫式部のライバルとして名高い清少納言を取り上げます。 大河ドラマ

藤原道長の妻 源明子は本来なら女王の身分!源倫子との格差が大きい

藤原道長には、嫡妻である源倫子のほかに妻がもう一人います。源明子と言っ

藤原実資とその妻・桐子の夫婦仲は?日記「小右記」は本当にあった

お笑いの「ロバート」秋山竜次が、大河ドラマ「光る君へ」で藤原実資を演じ

→もっと見る

PAGE TOP ↑