*

土岐頼芸 鷹の絵を得意とする美濃の守護大名で斎藤道三に追放される

大河ドラマ「麒麟がくる」で、尾美としのりが演じていた土岐頼芸を取り上げます。

今年の大河ドラマは、俳優陣が軒並みベストキャスティングでいい味出していますよね。尾美としのりさんの土岐頼芸も良い配役だなぁと感じました。

土岐頼芸については、他の登場人物の紹介でも何度か登場しているのですが、エピソード的には「守護の座を何度も狙う」「自分の妾(深芳野)を斎藤道三に下賜する」「腹心だった斎藤道三に追放される」「晩年は甲斐武田家にお世話になり最期は美濃に戻る」「絵の才能があり特に鷹の絵が上手」などが有名だと思います。

それでは、美濃の守護大名だった土岐頼芸の生涯についてどうぞ。

守護大名 土岐頼芸の生涯について

土岐頼芸は、美濃国の守護大名である土岐政房の次男として誕生します。

土岐政房の長男は、土岐頼純のお父さんである土岐頼武でした。政房は、長男よりも次男である頼芸を可愛がったので家督を頼芸に譲ろうとします。そうするとやはり家督は長男のモノという事で家臣たちも巻き込んで「頼武vs頼芸」の戦いが繰り広げられます。

兄弟の対立は、実際に戦いにまで発展してましたが、結局は父・政房が亡くなったことで長男・頼武が優勢になり守護の座に就きます。

しかし、守護の座に就くのを諦めきれない頼芸は、浅井氏の援軍もあり頼武から守護の座を奪還してやっと念願の守護大名になります。

ただ、またもや、守護の座を狙うものが登場します。
それが、頼武の忘れ形見でもある土岐頼純です。

土岐頼純も朝倉氏と六角氏、さらには織田信秀などを頼り頼芸を追い詰めようとします。

やかで、土岐氏の家督争いが激化している間に力を蓄えていた頼芸の家臣だった斎藤道三が、頼芸を追放します。いわゆる下剋上ですね。

美濃を追放された土岐頼芸は何処へ?

土岐頼芸は、斎藤道三に追放されるわけですが、何処に落ち延びたのでしょうか?

頼芸は、自身の正室に六角定頼の娘をもらっていたので、その縁で六角氏のもとにいたようです。更には、実弟がいた常陸の国に土岐氏の代々の系図や財宝などを送り避難させました。

六角氏が織田氏に降ると今度は甲斐武田氏を頼ります。甲斐武田氏は、天正10年に織田軍により滅亡するのですが、そのときに頼芸が織田勢にみつかってしまいます。

しかし、織田氏の家臣で昔は土岐氏の家臣だった稲葉一鉄により命を助けられて美濃にやっと帰ることが出来ました。しかし祖国の地を踏んで半年後に頼芸は81才の生涯を閉じることになります。

土岐頼芸は、美濃を追われる事になりましたが、長寿を全うしましたし、非業の死を迎えることが多い武将の中ではまずまず幸せだったのではないでしょうかね?

土岐頼芸は鷹の絵が得意な文化人

土岐頼芸は、優れた文化人としても有名で、とくに鷹の絵が得意だったそうです。その腕前は「土岐の鷹」と言われるほどだったとか。

大河ドラマでも鷹を描く土岐頼芸に注目してみて下さいね。

ab

スポンサーリンク

関連記事

上総介広常の最期は源頼朝に裏切られる?

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で、佐藤浩市が演じる上総介広常を今回は取り上げたいと思います。 坂

記事を読む

平宗盛の最期とは?平清盛の後継者で父と正反対の性格で家族思い!

今回は、平清盛の後継者である平宗盛(たいらのむねもり)を紹介していきます。大河ドラマ「鎌倉殿の13人

記事を読む

太原雪斎 今川義元の軍師で徳川家康の教育係?桶狭間の戦いまでの寿命

本日は、今川義元の軍師として名高い太原雪斎(たいげんせっさい)を取り上げたいと思います。大河ドラマ「

記事を読む

源応尼 徳川家康の祖母で超絶美人!5度も嫁ぐが夫に先立たれる

はい、本日は、徳川家康の祖母である源応尼(華陽院)を取り上げますね。 大河ドラマ「麒麟がくる」

記事を読む

徳川吉宗 大奥

先日、テレビで初放映された大奥男女逆転の映画観ました。 結構、面白かったです。 それで江とは血が

記事を読む

妻木熙子 明智光秀の正室で細川ガラシャの母

2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公、明智光秀の正室であり娘があの細川ガラシャである妻木熙子

記事を読む

織田信忠 松姫

織田信忠 松姫 について。 大河ドラマ「江」で、父・織田信長と同じく京の二条御所で討たれた 信長

記事を読む

徳川国松(忠長)の生涯

徳川国松(忠長)の生涯 について。 江姫と徳川秀忠の次男で、徳川家光の弟である国松。 後の駿府藩

記事を読む

細川忠興 ガラシャ

細川忠興 ガラシャ の夫。 2011年2月13日放送の第6話「光秀の天下」に新しく登場した人物。

記事を読む

足利義輝 剣豪で知られる悲運の最期を遂げる足利13代将軍!

大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物という事で、今回は室町幕府の第13代将軍・足利義輝をクローズアップ

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

平宗盛の最期とは?平清盛の後継者で父と正反対の性格で家族思い!

今回は、平清盛の後継者である平宗盛(たいらのむねもり)を紹介していきま

大姫 源頼朝と北条政子の娘で婚約者の源義高を亡くし心の病になる

北条義時主人公の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」ですが、大姫の婚約者である

源範頼 源頼朝の弟で源義経と比較されて凡将?最期は謀反・・・

源平合戦の最終章・・・源義経がついに平氏を追い詰めていくストーリーを大

源義経の正室 郷御前は静御前と対立!?夫と共に平泉に逃れて悲劇の最期

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では、源義経が無尽の活躍をみせて平氏がいよ

一条忠頼 武田信義の嫡男で源頼朝に粛清される最期

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で少ない出番ながらも気になった登場人物がい

→もっと見る

PAGE TOP ↑