*

菊丸の正体は服部半蔵?大河ドラマ初出演の岡村隆史が忍者役

2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物の中に、架空の人物が何名かいます。

例えば、ヒロインの駒や医者の望月東庵も架空の人物です。尾野真千子演じる伊呂波太夫や岡村隆史が演じている菊丸も架空の人物になります。

ところで、架空の人物であっても歴史上の人物のイメージに何となく似ているなぁという者もいます。それが、菊丸です。

大河ドラマ「麒麟がくる」での菊丸は、徳川家康に仕えた忍者の服部半蔵だと思っている視聴者も中にはいるのではないかと思っています。

忍者屋敷

菊丸の正体は忍者だった

菊丸の正体ですが、番組制作側がコメントをすでに寄せていて次のように語っています。

「菊丸の正体は、於大の方(徳川家康の母)と水野信元(徳川家康の叔父)に仕える忍びの者です。生まれ故郷の三河のために、そして、竹千代(家康)が危険な目に遭わないように彼を守り続けます。徳川家康役を演じる風間俊介さんになってからも菊丸は全力で主君を守り続けます。」

このコメントで分かったことは、菊丸が家康に仕える忍者であること。そして、大人になった家康は風間俊介なんですね!

しかし、今回は、歴史上の偉人に描いていたイメージと配役が思いっきり違ってある意味、面白いと思いました。

麒麟がくるの登場人物はミスキャスト?

大河ドラマ「麒麟がくる」の視聴者は、今回の配役について「?」と思った方も多いのではないでしょうか?

菊丸の正体も岡村隆史の印象から絶対に藤吉郎(豊臣秀吉)で間違いないと思っていました。だって秀吉は織田信長にサルと呼ばれていたので、まんま岡村・・・。

でも秀吉役は、まさかの佐々木蔵之介ですし。

織田信長役の染谷将太もミスキャストですよね。信長のイメージと全然違いますが、でも見ているうちに馴染みました。

そして、徳川家康役が風間俊介なのも?
家康のイメージって狸なんですよね。

もうわざとイケメン俳優は、そういう役に当てはめてるのかなと思ってしまいました。

明智光秀もそうですが、段々と馴染んでくると今まで持っていた歴史上の人物のイメージを覆されるので面白いですよね。

菊丸の正体は服部半蔵なのか?

菊丸の正体が忍者であることは分かりました。

そして、徳川家康に仕えた有名な忍者と言えば、あの服部半蔵がいます。服部半蔵と菊丸は同一人物なのか興味をそそられますね。

しかし、残念なことに菊丸と服部半蔵では年齢が合わないんですよね。

でも過去に放送された回の場面で、明智光秀が刺客に襲われて危機一髪の時に助けたシーンは、服部半蔵のイメージでした。・・・どんなイメージ?

今後、菊丸が家康だけでなく明智光秀とどのような関わりをするのかも見所ですね。

ab

スポンサーリンク

関連記事

豊臣秀頼 側室 との子供

豊臣秀頼 側室 との子供は今後どうなるのか? NHK大河ドラマ「江」の登場人物を紹介していますが、

記事を読む

家光の側室 お玉の方

今回、取り上げるのはお玉の方、後の桂昌院です。テレビドラマ「大奥 誕生~有功・家光篇」では、KAT-

記事を読む

一条忠頼 武田信義の嫡男で源頼朝に粛清される最期

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で少ない出番ながらも気になった登場人物がいたので、取り上げたいと思います

記事を読む

渋沢栄一は何した人なのか?嫁・千代以外にも妾がいて女好き!

NHKの大河ドラマ「青天を衝け」が2月14日からスタートしたわけですが、登場人物を全然紹介していなか

記事を読む

徳川 和姫

徳川 和姫 について。 大河ドラマ「江」のヒロイン、江姫と徳川秀忠の間に 生まれた末っ子の姫が、

記事を読む

真田幸村 江

真田幸村 江 に登場! 大河ドラマ「江」の登場人物の紹介、今回は真田幸村です。 戦国大名の中です

記事を読む

春日局と江姫について。

春日局と江姫について。 NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国」第38回に初登場した人物。 斎藤福(

記事を読む

藤田伝吾 本能寺の変や山崎の戦いで活躍した明智五宿老の一人

大河ドラマの印象的な登場人物を紹介するという事で、今回の記事では藤田伝吾を取り上げたいと思います。

記事を読む

柴田勝家とお市

柴田勝家とお市 について。 2011年大河ドラマ「江」のヒロイン・江姫の母であるお市。 2度の結

記事を読む

no image

統子内親王(むねこないしんのう)

久々に朝廷側の人物を取り上げたいと思います。 統子内親王(上西門院)という女性で、大河ドラマ「平清

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

平宗盛の最期とは?平清盛の後継者で父と正反対の性格で家族思い!

今回は、平清盛の後継者である平宗盛(たいらのむねもり)を紹介していきま

大姫 源頼朝と北条政子の娘で婚約者の源義高を亡くし心の病になる

北条義時主人公の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」ですが、大姫の婚約者である

源範頼 源頼朝の弟で源義経と比較されて凡将?最期は謀反・・・

源平合戦の最終章・・・源義経がついに平氏を追い詰めていくストーリーを大

源義経の正室 郷御前は静御前と対立!?夫と共に平泉に逃れて悲劇の最期

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では、源義経が無尽の活躍をみせて平氏がいよ

一条忠頼 武田信義の嫡男で源頼朝に粛清される最期

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で少ない出番ながらも気になった登場人物がい

→もっと見る

PAGE TOP ↑