*

麒麟がくるの視聴率推移 同時間帯「ポツンと一軒家」「世界の果てまでイッテQ!との比較

大河ドラマ「麒麟がくる」の記事、ここ最近は登場人物の紹介をしていました。

ここで、初回からいままで放送されてきた分の視聴率が気になったので、その推移をまとめてみましたが、残念ながら20%超えはまだないようですね。

なかなか視聴率が上がらないのはある二つの理由があるからですが・・・。

でも個人的にはここ数年間の大河ドラマの中では1、2位を争う程に面白いと感じている作品なので今後に期待したいと思います。

麒麟がくるの視聴率

麒麟がくる 視聴率の推移

第1回(1月19日)「光秀、西へ」 19.1%
第2回(1月26日)「道三の罠」 17.9%
第3回(2月2日)「美濃の国 土岐氏一日市場館跡」 16.1%
第4回(2月9日)「尾張潜入指令」 13.5%
第5回(2月16日)「伊平次を探せ」 13.2%
第6回(2月23日)「三好長慶襲撃計画」 13.8%
第7回(3月1日)「帰蝶の願い」 15.0%
第8回(3月8日)「同盟のゆくえ」 13.7%
第9回(3月15日)「信長の失敗」 15.0%
第10回(3月22日)「ひとりぼっちの若君」 16.5%
第11回(3月29日)「将軍の涙」 14.3%
第12回(4月5日)「十兵衛の嫁」 14.6%
第13回(4月12日)「帰蝶のはかりごと」 15.7%
第14回(4月19日)「聖徳寺の会見」 15.4%
第15回(4月26日)「道三、わが父に非ず」 14.9%

上記の視聴率は、地上波のNHK総合日曜日午後8時スタートの分になります。

大河ドラマは、地上波のほかにBS放送でも視聴できるので、もっと視聴率は高くなります。ちなみに、BS放送での視聴率ですが3.3%~5.5%を推移していました。

地上波の視聴率をみると初回から下がっているように見受けられますが、実際はそれ程、下がらず平均20%前後の視聴率を獲得していますので中々の安定ぶりです。

麒麟がくる 視聴率アップにならない理由

麒麟がくるの視聴率は、過去の大河ドラマと比較するとかなり健闘しています。

前作の「いだてん~東京オリムピック噺~」と比較すると大・大・大健闘です。やっぱり戦国時代の作品は面白いですからね。

そんな巷でも評判のよい「麒麟がくる」ですが、視聴率があまり上がらないのはなぜなのか?その原因として考えられるのが2つあります。

①BSや録画でも視聴できる

②同時間帯の別番組が強い

大河ドラマはBSプレミアムが午後6時~、BS4Kに至っては午前9時と午後8時~視聴出来ます。その他に意外と多いのが裏番組も面白いので大河ドラマは録画して後から観るというパターンです。

そして、同時間帯の別番組が強いというのは「ポツンと一軒家」と「世界の果てまでイッテQ!」の存在ですね。

麒麟がくるvsポツンと一軒家vs世界の果てまでイッテQ!

大河ドラマの裏番組は、高視聴率のテレビ朝日「ポツンと一軒家」と日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」なんですよね。

以前は、大河ドラマが低調だったこともあり「世界の果てまでイッテQ!」の独り勝ち状態でしたが、「ポツンと一軒家」が予想外に面白くじわりじわりと視聴率を上げていきました。

結果、今では地上波での同時間帯ナンバー1は「ポツンと一軒家」(4月26日放送 22.9%)です。

ただ、今年は大河ドラマ「麒麟がくる」も好調なので三つ巴の戦いと言った感じになっています。録画率などを含めると3つの番組は総合視聴率は20%を超えているそうで、ほぼ同じ位なのかなぁと思います。

麒麟がくるのストーリー展開同様に視聴率の推移もライバル番組を含めて今後が楽しみですね。

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

第2回・無頼の高平太

NHK大河ドラマ「平清盛」第2回の放送が終わりました。 第2回のタイトルは「無頼の高平太」です。 い

記事を読む

独眼竜政宗の両親 伊達輝宗の最期と義姫の毒殺未遂事件について

大河ドラマは、「麒麟がくる」が休止中ということで、6月14日放送分は1987年の「独眼竜政宗」の名場

記事を読む

no image

第3回・源平の御曹司

NHK大河ドラマ「平清盛」、第3回のあらすじです。 今回のタイトルは「源平の御曹司」です。 生涯の

記事を読む

2015年大河ドラマ「花燃ゆ」の簡単なあらすじ

今度の大河は、既に「花燃ゆ」に決定しています。 井上真央が主演です。 放送開始は20

記事を読む

no image

第18回・誕生、後白河帝

大河ドラマ「平清盛」第18回(2012年5月6日放送)のあらすじを超簡単に! 風変りな雅仁親王が天

記事を読む

no image

第22回・勝利の代償

大河ドラマ「平清盛」のあらすじ。 今回は、2012年6月3日放送の第22回「勝利の代償」です。

記事を読む

大河ドラマの歴代ランキングは?戦国時代の作品のおすすめ

今週の大河ドラマ「麒麟がくる」も面白かったですね! ここまで毎週、視聴している「麒麟がくる」で

記事を読む

no image

第15回・嵐の中の一門

大河「平清盛」第15回のあらすじ。 2012年4月15日放送分、また簡単にいっちゃいます。

記事を読む

濃姫の代役が川口春奈に決定!信長の正室、帰蝶の生涯と過去に演じた女優陣

明智光秀が主人公となる2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」ですが、撮影も順調に行われていたと思った矢

記事を読む

no image

崇徳天皇 呪い?

崇徳天皇は「悲運」「哀れ」という言葉が似合います。 「怨霊伝説」まである崇徳天皇はどんな人

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

渋沢市郎右衛門 渋沢栄一の父の生涯について!実はお婿さん

渋沢栄一の父である渋沢市郎右衛門を取り上げたいと思います。 大河

渋沢栄一は何した人なのか?嫁・千代以外にも妾がいて女好き!

NHKの大河ドラマ「青天を衝け」が2月14日からスタートしたわけですが

足利義昭 室町幕府15代将軍の最期と嫁について!駒は側室?

麒麟がくるの登場人物の中で登場シーンが多いわりにまだここで取り上げてい

三条西実澄から細川藤孝への古今伝授!三条西家の公家としての家格は?

大河ドラマで気になる人物を紹介しています。今日、取り上げるのは石橋蓮司

2023年の大河ドラマは松本潤主演の「どうする家康」に決定!

まだまだ先の話ですが、2023年・・・来年の大河ドラマの主演に嵐の松本

→もっと見る

PAGE TOP ↑