*

高階貴子 百人一首に選ばれた当代きっての女流歌人!中宮・藤原定子の生母

今回、取り上げる人物は、藤原道長の長兄・藤原道隆の奥さんである高階貴子(たかしなのたかこ)です。出世街道を進む夫だけでなく貴子自身もとても出来る女性でした。

高階貴子は百人一首に和歌が選ばれた当代きっての女流歌人でした。大河ドラマ「光る君へ」では、板谷由夏が演じている役になります。

高階貴子は、藤原道隆との間に嫡子・藤原伊周や一条天皇中宮・藤原定子がいて順風満帆な人生でしたが、夫の死後に天国から地獄へと突き落とされてしまいます。

高階貴子の辿った人生を下記で紹介したいと思います。

高階貴子の波乱万丈の人生

高階貴子は、のちに一条天皇の東宮学士になった高階成忠の娘として誕生しました。生母は不明であります。

学者だった父親の強い影響を受けて貴子自身も漢文や詩に才能があったと伝わります。そして、高内侍として円融天皇に仕えるようになります。

その後、高階貴子は藤原道隆と結婚して3男4女を儲けました。子の多さからも二人の仲は良好だったようですね。

貴子の産んだ藤原伊周、藤原隆家をはじめとした子供たちは、みんな出世街道を邁進していきます。中でも長女の藤原定子は、一条天皇の寵愛を受けて中宮になりました。

しかし、夫の藤原道隆が995年(長徳元年)4月に亡くなると状況は一変してしまいます。貴子の産んだ息子たちは、(貴子からみた)義弟の藤原道長との権力争いに敗れ長徳の変で完全に失脚してしまい配流の身となってしまいます。

息子たちが出立する際、貴子は同行することを強く願いましたが聞き入れて貰えずやがて病気になり996年(長徳2年)10月に亡くなりました。夫の死からわずか1年半での不幸な死でした。

高階貴子 百人一首の和歌

高階貴子は、関白・藤原道隆の嫡妻でありながら才能溢れる女流歌人として女房三十六歌仙にも選ばれています。

高階貴子の和歌は、「古今和歌集」「新古今和歌集」「拾遺和歌集」などに収められています。又、儀同三司母という通称で百人一首の歌人としても有名です。

高階貴子が詠んだ百人一首

54番「忘れじの行く末まではかたければ けふを限りの命ともがな」

訳:いつまでも忘れないという言葉は、将来ずっと変わらないのは難しい事でしょう。なので、このまま今日限りの命であって欲しいです。藤原道隆を想っての歌だそうです。

ab

広告

関連記事

井伊直政 徳川家康の寵臣で有名なイケメン武将!井伊直虎に育てられる

大河ドラマの登場人物ですが、今回は徳川家康の寵臣でありイケメンで知られた井伊直政を取り上げていきたい

記事を読む

明智光秀の母 お牧の方は人質になり非業の最期を遂げたのは嘘!

大河ドラマ「麒麟がくる」いよいよ始まりましたね。 最初観た時、映像が鮮やかで衣装も何だか綺麗す

記事を読む

渋沢市郎右衛門 渋沢栄一の父の生涯について!実はお婿さん

渋沢栄一の父である渋沢市郎右衛門を取り上げたいと思います。 大河ドラマ「青天を衝け」では、小林

記事を読む

保科幸松(保科正之)

保科幸松(保科正之) について。 2011年の大河ドラマ「江~姫たちの戦国」が、 最終回を迎

記事を読む

藤原兼子 北条政子と関係深く後鳥羽上皇の乳母として権勢を奮う

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」から紹介する登場人物、久しぶりに朝廷から藤原兼子にスポットをあてていきた

記事を読む

酒井忠次 徳川四天王の筆頭で家康の叔父!海老すくいが得意で盛り上げ上手?

今回は、徳川四天王の筆頭であり徳川家康の第一の家臣と言われる酒井忠次(さかいただつぐ)にスポットを当

記事を読む

三条西実澄から細川藤孝への古今伝授!三条西家の公家としての家格は?

大河ドラマで気になる人物を紹介しています。今日、取り上げるのは石橋蓮司が演じている公家の三条西実澄で

記事を読む

千姫の生涯 豊臣秀頼との夫婦愛

千姫の生涯 豊臣秀頼との夫婦愛。 大河ドラマ「江」第39話で、豊臣秀頼に側室が出来て 嫡男が誕生

記事を読む

佐治一成 江

佐治一成 江 の最初の夫について。 江は、生涯で3度の結婚をする事になります。 戦国時代の政略結

記事を読む

源義経の正室 郷御前は静御前と対立!?夫と共に平泉に逃れて悲劇の最期

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では、源義経が無尽の活躍をみせて平氏がいよいよ追い込まれていきます。

記事を読む

ab

広告

ab

広告

藤原道長の妻 源明子は本来なら女王の身分!源倫子との格差が大きい

藤原道長には、嫡妻である源倫子のほかに妻がもう一人います。源明子と言っ

藤原実資とその妻・桐子の夫婦仲は?日記「小右記」は本当にあった

お笑いの「ロバート」秋山竜次が、大河ドラマ「光る君へ」で藤原実資を演じ

藤原義懐 大出世する花山天皇の叔父!ドラマとは乖離する人物像

大河ドラマ「光る君へ」で印象に残った人物として花山天皇の叔父にあたる藤

藤原公任は藤原道長よりも名門出身の御曹司!紫式部や清少納言とも交流あり

大河ドラマ「光る君へ」で、町田啓太が演じる藤原公任(ふじわらのきんとう

藤原道綱母 蜻蛉日記の作者は本朝三大美人の一人!道長の父・藤原兼家の妾妻

藤原道長の父である藤原兼家には、嫡妻である時姫以外にも当然の如く妻がい

→もっと見る

PAGE TOP ↑