*

渋沢市郎右衛門 渋沢栄一の父の生涯について!実はお婿さん

渋沢栄一の父である渋沢市郎右衛門を取り上げたいと思います。

大河ドラマ「青天を衝け」では、小林薫さんが演じている役です。藍玉づくりの名手で息子・栄一に多大な影響を与えたと言われる渋沢市郎右衛門とは一体どんな人物だったのでしょうか?

渋沢市郎右衛門の生涯を簡単にまとめてみました。

渋沢市郎右衛門の生涯

渋沢市郎右衛門は、もともと渋沢家の「東の家」と呼ばれる分家生まれの出身でした。本家にあたる「中の家」は、跡取り息子がいないため白羽の矢が立ったのが市郎右衛門でした。市郎右衛門は、婿として「中の家」の娘・えいと結婚します。

ちなみに市郎右衛門という名前は、「中の家」の家督を相続したものが代々名乗っていた名前だそうで、栄一の父も結婚した際に改名しました。結婚する前は、元助という名前でした。

市郎右衛門が婿入りした際、本家の「中の家」はかなり衰退していたそうです。一方、生家の「東の家」は裕福だったようです。

市郎右衛門の代になりようやく家業が安定して「東の家」に追いつくまでに成長していきます。

市郎右衛門の家業は、藍玉づくりや養蚕や農家などを兼業する豪農だったわけですが、子供達の教育や教養、そして剣術にも熱心でした。

栄一が偉業を達成したその背景には父の影響が大きいことが分かりますね。やはり小さい頃から学びの機会を与えられるのは恵まれていると思います。

家業の方もただの藍生産だけをする農家だったわけではなく仕入れから販売までをすべてこなしていたというから凄いですよね。さすが、栄一の父です!

渋沢市郎右衛門と息子・渋沢栄一の関係

渋沢市郎右衛門は、息子の栄一に幼い頃から漢文を教えていたと伝わります。そして、ある程度教えたあとは、さらに学問に秀でていた尾高惇忠に栄一の教育を任せます。

栄一は、成長すると家業の方も手伝うようになり思わぬ才覚を発揮します。しかし、跡取り息子の将来性に安堵していた矢先、息子はあらぬ方向に傾倒していきます。

栄一が江戸に遊学したことをきっかけにして尊王攘夷に目覚めてしまったのです。目覚めるだけで終わればよかったのですが、何と挙兵を企てようとしました。

一応、挙兵だけはしなかった栄一ですが、このことで市郎右衛門と栄一は対立を深めてしまいます。栄一は、自分を勘当してくれと頼みこみますが、市郎右衛門はこれを拒否します。そして、逆に100両を栄一に渡しました。

渋沢栄一は、この時のことを後に自伝で語っていて父を苦しめたことを後悔していると綴っています。

栄一は、その後、徳川慶喜に仕えることになり幕臣になるわけですが、尊王攘夷が実現してしまい朝敵となったため血洗島村には戻れなくなってしまいました。結局は、市郎右衛門も栄一も望まぬまま上からの沙汰で除籍されてしまったわけですね。

明治維新後しばらくしてから栄一がようやく生まれ故郷の血洗島村に帰ることが出来ました。その時にやっと父子が再会できました。

栄一は、元主君の徳川慶喜がいた静岡で頭角をあらわすと明治政府から取り立てられます。明治政府でも民部省・大蔵省の主要ポストに就いて活躍すると市郎右衛門は相当、喜んだと言われています。息子のことを「殿」と呼び、息子の嫁のことを「奥様」と呼んだそうです。

渋沢市郎右衛門は、明治4年11月に63才で亡くなりました。最期の最期まで息子・栄一に家督を継がせたいと思っていたそうです。

渋沢市郎右衛門の語録集として「晩香遺薫」が出版されています。

ab

広告

関連記事

足立遠元 13人の一人であり安達盛長とは年齢逆転した甥と叔父の関係

鎌倉殿の13人(鎌倉幕府、13人の合議制)を紹介という事で、今回取り上げますのは足立遠元(あだちとお

記事を読む

織田信秀 ライバル・斎藤道三や息子・信長とは正反対の秩序ある武将

今日、紹介する大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物は、織田信長のお父さんである織田信秀です。 ド

記事を読む

no image

安徳天皇の伝説

平清盛が溺愛したといわれる孫の安徳天皇について取り上げてみたいと思います。私の安徳天皇のイメージは、

記事を読む

平手政秀役は上杉祥三!織田信秀と信長に仕えた家臣で最期は切腹する

大河ドラマ「麒麟がくる」は、織田信秀が亡くなり今川に睨まれて四面楚歌の織田信長に義父である斎藤道三が

記事を読む

八田知家 鎌倉殿の13人のひとりで阿野全成を殺害した人物

鎌倉幕府で御家人たちが源頼家を抑える(?)ために結成された十三人の合議制の13名を紹介していきたいと

記事を読む

明智光秀の母 お牧の方は人質になり非業の最期を遂げたのは嘘!

大河ドラマ「麒麟がくる」いよいよ始まりましたね。 最初観た時、映像が鮮やかで衣装も何だか綺麗す

記事を読む

梶原景時 石橋山の戦いで敗けた源頼朝をなぜ見逃した?その後、源義経と対立

2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の登場人物の一人、中村獅童が演じる梶原景時を取り上げていきた

記事を読む

平宗盛の最期とは?平清盛の後継者で父と正反対の性格で家族思い!

今回は、平清盛の後継者である平宗盛(たいらのむねもり)を紹介していきます。大河ドラマ「鎌倉殿の13人

記事を読む

円融天皇の愛妻は詮子・遵子ではなく最初の中宮・藤原媓子だった!?

大河ドラマ「光る君へ」に登場する人物という事で、第64代天皇である円融天皇(えんゆうてんのう)を取り

記事を読む

徳川吉宗 大奥

先日、テレビで初放映された大奥男女逆転の映画観ました。 結構、面白かったです。 それで江とは血が

記事を読む

ab

広告

ab

広告

藤原道長の妻 源明子は本来なら女王の身分!源倫子との格差が大きい

藤原道長には、嫡妻である源倫子のほかに妻がもう一人います。源明子と言っ

藤原実資とその妻・桐子の夫婦仲は?日記「小右記」は本当にあった

お笑いの「ロバート」秋山竜次が、大河ドラマ「光る君へ」で藤原実資を演じ

藤原義懐 大出世する花山天皇の叔父!ドラマとは乖離する人物像

大河ドラマ「光る君へ」で印象に残った人物として花山天皇の叔父にあたる藤

藤原公任は藤原道長よりも名門出身の御曹司!紫式部や清少納言とも交流あり

大河ドラマ「光る君へ」で、町田啓太が演じる藤原公任(ふじわらのきんとう

藤原道綱母 蜻蛉日記の作者は本朝三大美人の一人!道長の父・藤原兼家の妾妻

藤原道長の父である藤原兼家には、嫡妻である時姫以外にも当然の如く妻がい

→もっと見る

PAGE TOP ↑