*

浅井長政

公開日: : 最終更新日:2016/02/25 大河ドラマの登場人物 , , ,

浅井長政について特集です。
江の父親である浅井長政は、北近江の戦国大名でした。
浅井の読み方は、「あさい」「あざい」と両方あるようです。

織田信長の妹、お市と結婚して織田信長と同盟関係を結ぶ。
織田信長は浅井長政を高く評価していたそうです。
信長に気に入られていたが、結局は、昔から親交のあった朝倉家と
信長の板挟みにあい、朝倉家との義理を選んでしまいます。

お市の方は、浅井長政の後妻にあたります。
長政の最初の結婚は、近江の南部で勢力を誇った六角家の家臣の娘。
浅井家は、六角家の傘下のもとにあり長政の名前は、はじめ
「賢政」と名乗っていた。(六角家当主の名を一字貰った)

その後、浅井賢政(長政)は、六角家の家臣の娘を実家に帰します。
六角家からの独立をねらい戦いを挑んで見事、勝利します。
ここで、父から家督を譲られて名前を「賢政」から「長政」にかえます。

そんな浅井長政に目をつけたのが織田信長です。
全国統一を狙っていた信長にとって浅井家との同盟は
願ってもない事です。妹のお市を長政に嫁がせます。

結婚した当初は、織田家との仲も良好でした。
浅井長政とお市の方は、夫婦仲がとても良くて子供達にも恵まれました。

しかし、織田家と朝倉家に争いがおこります。
織田家と浅井家の同盟の際、「朝倉家には攻撃しない」という
条件を無視した信長に、長政は朝倉家をとるのか織田家をとるのか
板ばさみにあいますが、結局、朝倉家につくことになります。

織田信長は、浅井家との争いを避けたかったらしく
再三に渡って降伏を要求したり、領地替えの案を提示させたりしたが、
浅井長政と信長との交渉はすべて決裂して争いは避けられなかった。

織田軍対浅井・朝倉連合軍の決着は、織田軍の勝利で幕を閉じます。
浅井家の居城である小谷城は落城して、浅井長政は29歳で自害。

お市の方も最後まで夫に付き添い運命を共にしようとしましたが、
結局、夫に説得されて子供達と一緒に織田軍に引き渡されたようです。

ab

スポンサーリンク

関連記事

阿茶局 徳川家康の側室

阿茶局 徳川家康の側室。 大河ドラマ「江」第42話に登場した阿茶局について紹介。 阿茶局は、大坂

記事を読む

no image

堀河局と佐藤義清

待賢門院の侍女である堀河局と待賢門院に想いを寄せる佐藤義清。 第6回放送では、堀河局と佐藤義清が

記事を読む

no image

統子内親王(むねこないしんのう)

久々に朝廷側の人物を取り上げたいと思います。 統子内親王(上西門院)という女性で、大河ドラマ「平清

記事を読む

真田幸村 江

真田幸村 江 に登場! 大河ドラマ「江」の登場人物の紹介、今回は真田幸村です。 戦国大名の中です

記事を読む

織田信忠 松姫

織田信忠 松姫 について。 大河ドラマ「江」で、父・織田信長と同じく京の二条御所で討たれた 信長

記事を読む

三法師 その後

三法師 その後 について。 今回、取り上げるのは、羽柴秀吉で担ぎ出された三法師こと 後の織田秀信

記事を読む

渋沢栄一は何した人なのか?嫁・千代以外にも妾がいて女好き!

NHKの大河ドラマ「青天を衝け」が2月14日からスタートしたわけですが、登場人物を全然紹介していなか

記事を読む

大野治長と大蔵卿局

大野治長と大蔵卿局 の親子を取り上げます。 大河ドラマ「江」での大野治長は、武田真治が演じています

記事を読む

江姫の子供たち について

江姫の子供たち について。 2011大河ドラマ「江~姫たちの戦国」のヒロイン、江姫。 徳川幕府の

記事を読む

織田信長の男色

江に関係する人物という事で、今回は織田信長について書いてみたいと思います。とは言ったものの織田信長は

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

石川数正の出奔の原因となる説とは?長野県・松本城の築城について

2023年の大河ドラマ「どうする家康」で、俳優の松重豊が演じている石川

徳川美術館や名古屋城や熱田神宮の見どころは?名古屋の観光名所への行き方

前回の愛知県岡崎市の観光地(岡崎城やなど大樹寺など)に引き続きNHK大

岡崎城、八丁味噌の郷、大樹寺への行き方とそれぞれの見どころ

いつも大河ドラマの登場人物ばかりを紹介してきましたが、今回は久しぶりに

早川殿 今川氏真の正室で大河ドラマ「どうする家康」では糸という名前!

昨日取り上げた今川氏真に続いて、その妻である早川殿を取り上げたいと思い

今川氏真 徳川家康との関係やその子孫について!最期はどうなる?

大河ドラマ「どうする家康」で、溝端淳平が演じているのが今川氏真(いまが

→もっと見る

PAGE TOP ↑