*

浅井長政

公開日: : 最終更新日:2016/02/25 大河ドラマの登場人物 , , ,

浅井長政について特集です。
江の父親である浅井長政は、北近江の戦国大名でした。
浅井の読み方は、「あさい」「あざい」と両方あるようです。

織田信長の妹、お市と結婚して織田信長と同盟関係を結ぶ。
織田信長は浅井長政を高く評価していたそうです。
信長に気に入られていたが、結局は、昔から親交のあった朝倉家と
信長の板挟みにあい、朝倉家との義理を選んでしまいます。

お市の方は、浅井長政の後妻にあたります。
長政の最初の結婚は、近江の南部で勢力を誇った六角家の家臣の娘。
浅井家は、六角家の傘下のもとにあり長政の名前は、はじめ
「賢政」と名乗っていた。(六角家当主の名を一字貰った)

その後、浅井賢政(長政)は、六角家の家臣の娘を実家に帰します。
六角家からの独立をねらい戦いを挑んで見事、勝利します。
ここで、父から家督を譲られて名前を「賢政」から「長政」にかえます。

そんな浅井長政に目をつけたのが織田信長です。
全国統一を狙っていた信長にとって浅井家との同盟は
願ってもない事です。妹のお市を長政に嫁がせます。

結婚した当初は、織田家との仲も良好でした。
浅井長政とお市の方は、夫婦仲がとても良くて子供達にも恵まれました。

しかし、織田家と朝倉家に争いがおこります。
織田家と浅井家の同盟の際、「朝倉家には攻撃しない」という
条件を無視した信長に、長政は朝倉家をとるのか織田家をとるのか
板ばさみにあいますが、結局、朝倉家につくことになります。

織田信長は、浅井家との争いを避けたかったらしく
再三に渡って降伏を要求したり、領地替えの案を提示させたりしたが、
浅井長政と信長との交渉はすべて決裂して争いは避けられなかった。

織田軍対浅井・朝倉連合軍の決着は、織田軍の勝利で幕を閉じます。
浅井家の居城である小谷城は落城して、浅井長政は29歳で自害。

お市の方も最後まで夫に付き添い運命を共にしようとしましたが、
結局、夫に説得されて子供達と一緒に織田軍に引き渡されたようです。

ab

スポンサーリンク

関連記事

お振の方と千代姫

徳川家光の側室といえば、「お万の方」「お玉の方」「お楽の方」「お夏の方」が有名です。っていうか、この

記事を読む

徳川家光 竹千代

徳川家光 竹千代 について。 大河ドラマ「江」の登場人物を紹介しています。 今回登場するのは、江

記事を読む

豊臣秀吉 側室②

豊臣秀吉 側室 について続きです。 天下人・豊臣秀吉の側室を何名かご紹介したいと思います。 名門

記事を読む

足立遠元 13人の一人であり安達盛長とは年齢逆転した甥と叔父の関係

鎌倉殿の13人(鎌倉幕府、13人の合議制)を紹介という事で、今回取り上げますのは足立遠元(あだちとお

記事を読む

天崇院 勝姫

江姫と徳川秀忠の間に生まれた子供で、三女の勝姫を取り上げます。勝姫はひじょ~に気の強い女性だったとい

記事を読む

一条忠頼 武田信義の嫡男で源頼朝に粛清される最期

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で少ない出番ながらも気になった登場人物がいたので、取り上げたいと思います

記事を読む

豊臣秀次 について

豊臣秀次 について。 大河ドラマ「江」の第28話の予告編で、豊臣秀次の切腹する 場面がありました

記事を読む

明智光秀の娘 長女・岸の2度の結婚と最期について

大河ドラマ「麒麟がくる」ですが、本能寺の変まであと5年なんですね。という事は最終回も近いという事か・

記事を読む

no image

統子内親王(むねこないしんのう)

久々に朝廷側の人物を取り上げたいと思います。 統子内親王(上西門院)という女性で、大河ドラマ「平清

記事を読む

no image

安徳天皇の伝説

平清盛が溺愛したといわれる孫の安徳天皇について取り上げてみたいと思います。私の安徳天皇のイメージは、

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

平賀朝雅の最期とは?鎌倉殿になれず畠山重忠の乱の原因にもなった人物

北条時政とりく(牧の方)の娘婿である平賀朝雅を取り上げます。大河ドラマ

藤原兼子 北条政子と関係深く後鳥羽上皇の乳母として権勢を奮う

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」から紹介する登場人物、久しぶりに朝廷から藤

和田義盛 鎌倉殿の13人のひとりで初代侍所別当!巴御前が側室なのは本当?

鎌倉幕府の十三人の合議制に連なる御家人・和田義盛(わだよしもり)とはど

北条時房 北条政子・義時の異母弟で鎌倉幕府の初代連署を務める

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の登場人物、最近は13人の御家人を紹介して

三善康信 鎌倉殿の信頼厚い幕府の初代問注所執事!子孫が職を世襲

鎌倉殿の13人という事で、本日は三善康信(みよしやすのぶ)を取り上げま

→もっと見る

PAGE TOP ↑