*

浅井長政

公開日: : 最終更新日:2016/02/25 大河ドラマの登場人物 , , ,

浅井長政について特集です。
江の父親である浅井長政は、北近江の戦国大名でした。
浅井の読み方は、「あさい」「あざい」と両方あるようです。

織田信長の妹、お市と結婚して織田信長と同盟関係を結ぶ。
織田信長は浅井長政を高く評価していたそうです。
信長に気に入られていたが、結局は、昔から親交のあった朝倉家と
信長の板挟みにあい、朝倉家との義理を選んでしまいます。

お市の方は、浅井長政の後妻にあたります。
長政の最初の結婚は、近江の南部で勢力を誇った六角家の家臣の娘。
浅井家は、六角家の傘下のもとにあり長政の名前は、はじめ
「賢政」と名乗っていた。(六角家当主の名を一字貰った)

その後、浅井賢政(長政)は、六角家の家臣の娘を実家に帰します。
六角家からの独立をねらい戦いを挑んで見事、勝利します。
ここで、父から家督を譲られて名前を「賢政」から「長政」にかえます。

そんな浅井長政に目をつけたのが織田信長です。
全国統一を狙っていた信長にとって浅井家との同盟は
願ってもない事です。妹のお市を長政に嫁がせます。

結婚した当初は、織田家との仲も良好でした。
浅井長政とお市の方は、夫婦仲がとても良くて子供達にも恵まれました。

しかし、織田家と朝倉家に争いがおこります。
織田家と浅井家の同盟の際、「朝倉家には攻撃しない」という
条件を無視した信長に、長政は朝倉家をとるのか織田家をとるのか
板ばさみにあいますが、結局、朝倉家につくことになります。

織田信長は、浅井家との争いを避けたかったらしく
再三に渡って降伏を要求したり、領地替えの案を提示させたりしたが、
浅井長政と信長との交渉はすべて決裂して争いは避けられなかった。

織田軍対浅井・朝倉連合軍の決着は、織田軍の勝利で幕を閉じます。
浅井家の居城である小谷城は落城して、浅井長政は29歳で自害。

お市の方も最後まで夫に付き添い運命を共にしようとしましたが、
結局、夫に説得されて子供達と一緒に織田軍に引き渡されたようです。

ab

スポンサーリンク

関連記事

真田幸村 江

真田幸村 江 に登場! 大河ドラマ「江」の登場人物の紹介、今回は真田幸村です。 戦国大名の中です

記事を読む

明智光秀の母 お牧の方は人質になり非業の最期を遂げたのは嘘!

大河ドラマ「麒麟がくる」いよいよ始まりましたね。 最初観た時、映像が鮮やかで衣装も何だか綺麗す

記事を読む

明智光安 明智光秀の叔父で父親代わり!最期は明智城で自害する

1/19よりスタートした2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」で、主人公の明智光秀の叔父さん明智光安を

記事を読む

於大の方 徳川家康の母で実子に対しては非常に愛情深い女性

大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物を紹介しております。 今回は、竹千代(後の徳川家康)の生母で

記事を読む

徳川吉宗 大奥

先日、テレビで初放映された大奥男女逆転の映画観ました。 結構、面白かったです。 それで江とは血が

記事を読む

豊臣秀頼 側室 との子供

豊臣秀頼 側室 との子供は今後どうなるのか? NHK大河ドラマ「江」の登場人物を紹介していますが、

記事を読む

お振の方と千代姫

徳川家光の側室といえば、「お万の方」「お玉の方」「お楽の方」「お夏の方」が有名です。っていうか、この

記事を読む

徳川 和姫

徳川 和姫 について。 大河ドラマ「江」のヒロイン、江姫と徳川秀忠の間に 生まれた末っ子の姫が、

記事を読む

no image

統子内親王(むねこないしんのう)

久々に朝廷側の人物を取り上げたいと思います。 統子内親王(上西門院)という女性で、大河ドラマ「平清

記事を読む

no image

祇園女御

NHK大河ドラマ「平清盛」に出てくる登場人物を紹介していきます。 トップバッターは、祇園女御です。

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

於大の方 徳川家康の母で実子に対しては非常に愛情深い女性

大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物を紹介しております。 今回は、

土田御前 大河ドラマで織田信長の母を演じるのは檀れい

大河ドラマ「麒麟がくる」で、帰蝶が織田家に嫁ぎました。 そのため

土岐頼芸 鷹の絵を得意とする美濃の守護大名で斎藤道三に追放される

大河ドラマ「麒麟がくる」で、尾美としのりが演じていた土岐頼芸を取り上げ

織田信秀 ライバル・斎藤道三や息子・信長とは正反対の秩序ある武将

今日、紹介する大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物は、織田信長のお父さん

土岐頼純 帰蝶の最初の夫で美濃国の守護大名

第2話目の大河ドラマ「麒麟がくる」も面白かったですね。今回は、最終回ま

→もっと見る

PAGE TOP ↑