*

平賀朝雅の最期とは?鎌倉殿になれず畠山重忠の乱の原因にもなった人物

北条時政とりく(牧の方)の娘婿である平賀朝雅を取り上げます。大河ドラマ「鎌倉殿の13人」での平賀朝雅役キャストは、山中崇さんが演じています。

ドラマでの平賀朝雅は、悪役風味のある描かれ方と山中崇さんの演じ方からか勝手に主人公の北条義時よりも年上なんだろうなぁと感じていましたが、なんと平賀朝雅が亡くなった年齢はまだ24歳の時でした。

そして、平賀朝雅が関係していた事件といえば、二つあります。「畠山重忠の乱」と「牧氏事件」です。今回は、その二つの事件を中心に紹介していきたいと思います。

平賀朝雅 北条時政とりくの娘婿

平賀朝雅は、源氏と深い関わりのある人物です。源頼朝の祖先は源義家(八幡太郎)であり平賀朝雅の祖先は源義光(新羅三郎)である事から源氏一門の出身でした。また、平賀朝雅の母は頼朝の乳母・比企尼の三女で、源頼朝の猶子にもなっていました。

そして、平賀朝雅の正室には北条時政とりくの娘がなっていて、頼朝亡き後の有力御家人2トップである北条氏と比企氏どちらとも親戚関係という難しい位置にいたようです。

北条氏と比企氏の対立が決定的となった比企能員の変では、前年に比企氏出身の母が亡くなった事もあり北条氏側に味方しました。

平賀朝雅と畠山重忠の乱

平賀朝雅は、1205年6月に起きた畠山重忠の乱のきっかけを作った人物でもあります。

事の発端は、前年11月に鎌倉幕府3代将軍・源実朝の御台所を迎える準備のため上洛中の畠山重保(畠山重忠の嫡男)と朝雅の間で口論がありました。

その後、朝雅が義理の母・牧の方に口論の件を告げ口して更に牧の方が北条時政に畠山親子が謀反を企ててると讒言しました。(吾妻鏡より)

そして、結局、畠山重忠は乱を起こして畠山氏は滅亡してしまいました。

これは、北条時政が武蔵国で大きな力を持つ御家人・畠山一族を陥れるための策略であり平賀朝雅は上手い事、利用されたというわけです。

この一件で、畠山重忠と仲が良く最後まで討伐に反対していた北条義時と父・北条時政の関係がより不穏なものになっていきました。

平賀朝雅と牧氏事件

北条義時・政子VS北条時政・牧の方の対立が決定的になった牧氏事件は、畠山重忠の乱が起きた1205年6月の翌月に起きました。

この事件でも平賀朝雅は、北条時政と牧の方に利用されてしまうのです。

1205年7月、北条時政と牧の方は源実朝を亡き者にして新しい鎌倉殿として平賀朝雅を擁立しようとしました。しかし、事はすぐに義時・政子にバレて時政は失脚してしまいます。

さすがに親子の縁があるからか時政と牧の方は、伊豆国に流されて処分は終わりましたが、平賀朝雅は京で討たれてしまいました。享年24歳で子はいなかったようです。

ちなみに平賀朝雅の正室だった北条時政と牧の方(りく)の娘は、夫亡き後に権中納言の藤原国通と再婚しています。牧の方は、時政が亡くなったあとこの娘夫婦がいる京に身を寄せて贅沢に暮らしたそうです。何だかなぁ~と思いますよね。

ドラマ上の描かれ方や畠山謀反の讒言などで平賀朝雅の印象ってとても悪いですよね。しかし、平賀朝雅は少し誤解されている面もあります。

年若く父や兄の跡を継いで武蔵守になったり鎌倉幕府の政変時には、反乱が起きて伊賀国と伊勢国の守護が逃亡したところを鎮圧成功させたりとなかなか有能な人物だったようです。また、あの後鳥羽上皇にも重用されていたと伝わります。

北条時政とりくの娘婿になったばかりにいいように利用されて後世の評価も下がってしまった面があるのかなぁと感じています。

ab

広告

関連記事

牧の方 りくという名前で登場する北条時政の後妻

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」ですが、今回登場する人物は宮沢りえが演じている北条時政の後妻・りく にな

記事を読む

江 石田三成

江 石田三成 が登場しました。 これから浅井三姉妹にも大きく関わっていく石田三成。 今回は演じた

記事を読む

徳川将軍家 夫に冷遇された御台所

江は、徳川将軍家で唯一の次期将軍を生んだ御台所であり、夫からも大切にされた女性です。御台所の中では、

記事を読む

三条西実澄から細川藤孝への古今伝授!三条西家の公家としての家格は?

大河ドラマで気になる人物を紹介しています。今日、取り上げるのは石橋蓮司が演じている公家の三条西実澄で

記事を読む

織田信忠 松姫

織田信忠 松姫 について。 大河ドラマ「江」で、父・織田信長と同じく京の二条御所で討たれた 信長

記事を読む

藤田伝吾 本能寺の変や山崎の戦いで活躍した明智五宿老の一人

大河ドラマの印象的な登場人物を紹介するという事で、今回の記事では藤田伝吾を取り上げたいと思います。

記事を読む

榊原康政 徳川家康のお気に入りで豊臣秀吉を怒らせた徳川四天王のひとり

徳川家康の家臣であった榊原康政は、大河ドラマに何度も登場している人物です。 今年の大河ドラマ「

記事を読む

阿野全成 今若丸の幼少名で知られる源義経の同母兄

以前、このサイトで妻の阿波局(実衣)を取り上げた事がありますが、夫の阿野全成はまだ取り上げていなかっ

記事を読む

平手政秀役は上杉祥三!織田信秀と信長に仕えた家臣で最期は切腹する

大河ドラマ「麒麟がくる」は、織田信秀が亡くなり今川に睨まれて四面楚歌の織田信長に義父である斎藤道三が

記事を読む

茶屋四郎次郎 徳川家康の伊賀越えを助け信頼を得る!徳川家の御用商人になる

大河ドラマにおける茶屋四郎次郎は、幾度となく登場しています。 2023年のNHK大河ドラマ「ど

記事を読む

ab

広告

ab

広告

豊臣秀吉の妹 旭姫は夫と離縁させられて徳川家康の正室になる

大河ドラマ「どうする家康」の放送もあと残り2回ですかね?最終回は確か1

於愛の方(西郷局)の死因は毒殺?心労による死?美人薄命の家康側室

徳川秀忠の生母であり徳川家康に寵愛されたという於愛の方(西郷局)を取り

五徳姫の十二ヶ条の訴状とは?築山殿・松平信康との不仲原因

大河ドラマ「どうする家康」からの登場人物、紹介していそうでしていなかっ

大河ドラマ「どうする家康」の視聴率が低い!最終回に期待する?

大河ドラマ「どうする家康」の視聴率が気になっていたので、調べてみました

2024年の大河ドラマ「光る君へ」のキャストが続々決定!主要キャスト以外の脇役陣は?

大河ドラマ「どうする家康」も終盤に入ってきましたね。ずっと視聴出来てい

→もっと見る

PAGE TOP ↑