*

比企尼とは?源頼朝の乳母で伊豆に流された頼朝を長年助け続ける

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」から草笛光子演じる比企尼にスポットを当てていきますね。比企尼は源頼朝乳母だった女性であります。

比企尼の読み方は、何て読むんだろうと思って調べてみたら「ひきのあま」が正解のようです。夫となる武蔵国比企郡の代官を務めた比企掃部允の名前からきています。

それでは、比企尼は一体どんな女性だったのでしょうか?

比企尼 源頼朝の乳母として

比企尼の出身や本来の名前などは不明なのですが、源氏棟梁の嫡男、源頼朝の乳母を務めた事からもそれなりの家柄だったのではないでしょうか?

いつ頃から頼朝の乳母になったのかも不明ですが、頼朝が伊豆に流された時と同じくして夫の比企掃部允を伴いすぐに夫の領地に下りました。そこから20年もの長い間、お米などを頼朝に仕送りしていたといいます。

1159年の平治の乱以降、頼朝が伊豆国に流されたあとも支援を続けてきた通り頼朝を自分の子以上に大切だと思っていたのは間違いないですね。

そして、比企尼には3人の娘がいました。その娘たちの婿にも、頼朝を助けるように命じていたと言います。特に三女の娘婿である伊東祐清は父・伊東祐親が頼朝を殺そうとしたときに北条氏に逃がしたことは有名です。

源頼朝は、池禅尼の助命といい助けてくれる女性が常に周りにいるんですよね。頼朝は、妻の政子を伴って比企尼の屋敷を訪れたりもしたそうですよ。

比企尼と3人の娘たち

上記で比企尼には3人の娘がいてそれぞれの夫に源頼朝を助けるように命じられていました。3人の娘たちと婿を紹介しておきましょう。

長女が丹後内侍です。結婚前に惟宗広言と通じて子(島津氏の祖である島津忠久)を産んでいます。その後は、鎌倉幕府の御家人・安達盛長と結婚しました。

次女が河越尼で、その夫が豪族・河越重頼でした。そして、二人の間に誕生したのが源義経の正室だった郷御前です。郷御前は奥州で義経や娘とともに悲劇的な最期を遂げました。

三女は名前が知られていませんが伊東祐親の子・伊東祐清の妻だった女性です。伊東祐清と死別後は平賀義信と結婚しました。

ただ、3人の娘婿は頼朝を助けるように命じられたとはいえ敵対することもありました。最後まで頼朝に忠誠を誓うということはなかったようです。

一方、比企尼の娘たちの内、次女と三女は頼朝の嫡男・源頼家の乳母となりました。

比企尼の猶子 比企能員

比企尼には娘がいましたが、比企家の跡取りとなる嫡男に恵まれませんでした。そのため、甥にあたる比企能員を猶子としました。

比企能員は、源頼家の乳母夫を任された人物です。乳母夫は幼き頃からの後見人のような存在でその権力は絶大です。

このように比企能員が源頼家の乳母夫になった背景には比企尼の影響があったとされています。比企能員だけでなく比企尼の娘二人も源頼家の乳母になってましたからね。

さらに比企能員の娘・若狭局は頼家の妻になり嫡男の一幡を生んでいます。外戚としてもさらに力をつけた事は北条氏との対立を生んでしまいます。それが表面化するのが、源頼朝が亡くなり頼家も病に服すようになってからです。

その後、比企一族と北条氏の争い(比企能員の変)が起きてしまいます。比企一族は北条氏に敗れてしまい滅亡してしまいました。

比企尼の生没年が不明なため、比企氏が滅亡した際に比企尼が存命したのかは分かりません。このあたりが少し気になりますね。

ab

スポンサーリンク

関連記事

阿茶局 徳川家康の側室

阿茶局 徳川家康の側室。 大河ドラマ「江」第42話に登場した阿茶局について紹介。 阿茶局は、大坂

記事を読む

麒麟がくるの稲葉一鉄役は村田雄浩!有能な武将で春日局の祖父

大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物紹介、今回はベテラン俳優の村田雄浩さんが演じる稲葉良通を取り上げて

記事を読む

京極龍子 松の丸殿

京極龍子 松の丸殿 について。 豊臣秀吉の側室で、淀殿(茶々)の次に寵愛された京極龍子。 大河ド

記事を読む

土岐頼芸 鷹の絵を得意とする美濃の守護大名で斎藤道三に追放される

大河ドラマ「麒麟がくる」で、尾美としのりが演じていた土岐頼芸を取り上げます。 今年の大河ドラマ

記事を読む

江姫の子供たち について

江姫の子供たち について。 2011大河ドラマ「江~姫たちの戦国」のヒロイン、江姫。 徳川幕府の

記事を読む

藤田伝吾 本能寺の変や山崎の戦いで活躍した明智五宿老の一人

大河ドラマの印象的な登場人物を紹介するという事で、今回の記事では藤田伝吾を取り上げたいと思います。

記事を読む

家光の側室 お万の方

新ドラマの「大奥 誕生~有功・家光篇」が始まりましたが、映画「大奥」と同様に男女逆転のお話です。主人

記事を読む

源範頼 源頼朝の弟で源義経と比較されて凡将?最期は謀反・・・

源平合戦の最終章・・・源義経がついに平氏を追い詰めていくストーリーを大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では

記事を読む

no image

祇園女御

NHK大河ドラマ「平清盛」に出てくる登場人物を紹介していきます。 トップバッターは、祇園女御です。

記事を読む

三浦義村 山本耕史が演じる北条義時の親友でしたたかな武将

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で主人公・北条義時の親友として描かれている相模国の御家人・三浦義村を今回

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

平賀朝雅の最期とは?鎌倉殿になれず畠山重忠の乱の原因にもなった人物

北条時政とりく(牧の方)の娘婿である平賀朝雅を取り上げます。大河ドラマ

藤原兼子 北条政子と関係深く後鳥羽上皇の乳母として権勢を奮う

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」から紹介する登場人物、久しぶりに朝廷から藤

和田義盛 鎌倉殿の13人のひとりで初代侍所別当!巴御前が側室なのは本当?

鎌倉幕府の十三人の合議制に連なる御家人・和田義盛(わだよしもり)とはど

北条時房 北条政子・義時の異母弟で鎌倉幕府の初代連署を務める

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の登場人物、最近は13人の御家人を紹介して

三善康信 鎌倉殿の信頼厚い幕府の初代問注所執事!子孫が職を世襲

鎌倉殿の13人という事で、本日は三善康信(みよしやすのぶ)を取り上げま

→もっと見る

PAGE TOP ↑