*

比企尼とは?源頼朝の乳母で伊豆に流された頼朝を長年助け続ける

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」から草笛光子演じる比企尼にスポットを当てていきますね。比企尼は源頼朝乳母だった女性であります。

比企尼の読み方は、何て読むんだろうと思って調べてみたら「ひきのあま」が正解のようです。夫となる武蔵国比企郡の代官を務めた比企掃部允の名前からきています。

それでは、比企尼は一体どんな女性だったのでしょうか?

比企尼 源頼朝の乳母として

比企尼の出身や本来の名前などは不明なのですが、源氏棟梁の嫡男、源頼朝の乳母を務めた事からもそれなりの家柄だったのではないでしょうか?

いつ頃から頼朝の乳母になったのかも不明ですが、頼朝が伊豆に流された時と同じくして夫の比企掃部允を伴いすぐに夫の領地に下りました。そこから20年もの長い間、お米などを頼朝に仕送りしていたといいます。

1159年の平治の乱以降、頼朝が伊豆国に流されたあとも支援を続けてきた通り頼朝を自分の子以上に大切だと思っていたのは間違いないですね。

そして、比企尼には3人の娘がいました。その娘たちの婿にも、頼朝を助けるように命じていたと言います。特に三女の娘婿である伊東祐清は父・伊東祐親が頼朝を殺そうとしたときに北条氏に逃がしたことは有名です。

源頼朝は、池禅尼の助命といい助けてくれる女性が常に周りにいるんですよね。頼朝は、妻の政子を伴って比企尼の屋敷を訪れたりもしたそうですよ。

比企尼と3人の娘たち

上記で比企尼には3人の娘がいてそれぞれの夫に源頼朝を助けるように命じられていました。3人の娘たちと婿を紹介しておきましょう。

長女が丹後内侍です。結婚前に惟宗広言と通じて子(島津氏の祖である島津忠久)を産んでいます。その後は、鎌倉幕府の御家人・安達盛長と結婚しました。

次女が河越尼で、その夫が豪族・河越重頼でした。そして、二人の間に誕生したのが源義経の正室だった郷御前です。郷御前は奥州で義経や娘とともに悲劇的な最期を遂げました。

三女は名前が知られていませんが伊東祐親の子・伊東祐清の妻だった女性です。伊東祐清と死別後は平賀義信と結婚しました。

ただ、3人の娘婿は頼朝を助けるように命じられたとはいえ敵対することもありました。最後まで頼朝に忠誠を誓うということはなかったようです。

一方、比企尼の娘たちの内、次女と三女は頼朝の嫡男・源頼家の乳母となりました。

比企尼の猶子 比企能員

比企尼には娘がいましたが、比企家の跡取りとなる嫡男に恵まれませんでした。そのため、甥にあたる比企能員を猶子としました。

比企能員は、源頼家の乳母夫を任された人物です。乳母夫は幼き頃からの後見人のような存在でその権力は絶大です。

このように比企能員が源頼家の乳母夫になった背景には比企尼の影響があったとされています。比企能員だけでなく比企尼の娘二人も源頼家の乳母になってましたからね。

さらに比企能員の娘・若狭局は頼家の妻になり嫡男の一幡を生んでいます。外戚としてもさらに力をつけた事は北条氏との対立を生んでしまいます。それが表面化するのが、源頼朝が亡くなり頼家も病に服すようになってからです。

その後、比企一族と北条氏の争い(比企能員の変)が起きてしまいます。比企一族は北条氏に敗れてしまい滅亡してしまいました。

比企尼の生没年が不明なため、比企氏が滅亡した際に比企尼が存命したのかは分かりません。このあたりが少し気になりますね。

ab

広告

関連記事

江 初 茶々 浅井三姉妹

江 初 茶々 浅井三姉妹について。 浅井長政とお市の方の間に生まれた茶々、初、江。 通称『浅井三

記事を読む

三善康信 鎌倉殿の信頼厚い幕府の初代問注所執事!子孫が職を世襲

鎌倉殿の13人という事で、本日は三善康信(みよしやすのぶ)を取り上げます。 三善康信は、もとも

記事を読む

一条忠頼 武田信義の嫡男で源頼朝に粛清される最期

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で少ない出番ながらも気になった登場人物がいたので、取り上げたいと思います

記事を読む

豊臣秀吉の姉・ともの悲劇!秀次亡き後は日秀尼と称して仏門に入る

大河ドラマ「どうする家康」も終わりましたが、登場人物の紹介は続きます。でも今回、紹介する人物は今回ド

記事を読む

朝倉義景 織田信長に徹底マークされて滅んだ越前の守護大名

大河ドラマ「麒麟がくる」の越前編がスタートしましたね。新しい登場人物として、主人公の明智光秀が落ち延

記事を読む

亀姫 徳川家康の長女で奥平信昌の正室!その生涯は波乱万丈だった?

徳川家康と築山殿の間に生まれた亀姫にスポットを当てたいと思います。大河ドラマ「どうする家康」では、女

記事を読む

源倫子のおかげで藤原道長は出世した?子供に恵まれて長生きだった

2024年大河ドラマ「光る君へ」の第3回から登場している源倫子(みなもとのともこ)を取り上げますね。

記事を読む

源頼家の正室はどちら?若狭局(せつ)と辻殿(つつじ)は御台所にならず

鎌倉幕府の2代将軍、源頼家の正室というか御台所は一体誰なのか? 大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に

記事を読む

服部正成 服部半蔵の2代目!徳川家康に忠義を尽くす

徳川家康と言えば、忍者を支配下にしていたことは有名です。その忍者の中で最も知名度があるのが服部半蔵で

記事を読む

円融天皇の愛妻は詮子・遵子ではなく最初の中宮・藤原媓子だった!?

大河ドラマ「光る君へ」に登場する人物という事で、第64代天皇である円融天皇(えんゆうてんのう)を取り

記事を読む

ab

広告

ab

広告

藤原定子 夫・一条天皇に寵愛されたが実家の没落に見舞われた悲運の皇后

母の高階貴子や清少納言は取り上げたのですが、肝心の藤原定子を取り上げて

藤原宣孝 紫式部の夫で歳の差20歳以上?結婚生活は約3年で死別する

紫式部は、源氏物語という名作を世に出しましたが、当の本人は清少納言や和

清少納言と紫式部は犬猿の仲!?2度の結婚と藤原定子への宮仕え

紫式部のライバルとして名高い清少納言を取り上げます。 大河ドラマ

藤原道長の妻 源明子は本来なら女王の身分!源倫子との格差が大きい

藤原道長には、嫡妻である源倫子のほかに妻がもう一人います。源明子と言っ

藤原実資とその妻・桐子の夫婦仲は?日記「小右記」は本当にあった

お笑いの「ロバート」秋山竜次が、大河ドラマ「光る君へ」で藤原実資を演じ

→もっと見る

PAGE TOP ↑