*

酒井忠次 徳川四天王の筆頭で家康の叔父!海老すくいが得意で盛り上げ上手?

今回は、徳川四天王の筆頭であり徳川家康の第一の家臣と言われる酒井忠次(さかいただつぐ)にスポットを当てますね。

徳川四天王のあと3人は、本多忠勝、榊原康政、井伊直政です!

大河ドラマ「どうする家康」の酒井忠次役は、大森南朋です。過去に沢山の俳優さんが酒井忠次役演じていますね。

酒井忠次は徳川家康の叔父だった

まずは、酒井忠次の出生から。

酒井忠次は、大永7年(1527年)に松平家の家臣である酒井忠親の次男として生まれます。成長した忠次は、やがて家康の父である松平広忠に仕える事になります。

その後、松平家の人質として竹千代(徳川家康)が今川家に送られる時に同行します。

また、忠次は徳川家康の叔母である碓井姫と結婚したので家康の親戚でもあります。そのため家康の家臣であると同時に叔父と甥という関係にもなりますね。

酒井忠次 徳川四天王の一人として

酒井忠次の功績ですが、弘治2年(1556年)に織田方の武将である柴田勝家に攻められた時には、居城である福谷城から出撃し柴田軍と交戦して勝利を収めました。

その後、忠次は永禄3年(1560年)の桶狭間の戦いの後に今川家から独立した徳川家の家老に就任します。

そして徳川家康にとって極めて困難な戦いの一つに挙げられている永禄6年(1563年)の三河一向一揆では、忠次は一貫して家康の味方として家康を支えて戦う事になります。

徳川家臣団の中でも家康に反旗を翻すほど徳川家分裂の危機でもあったこの戦いで、家康勝利に貢献した忠次の役割は大いに評価されたのです。

さらに、酒井忠次は永禄7年(1564年)の吉田城攻めで徳川方の先鋒を務め吉田城を攻略します。その後、吉田城を任された忠次は、武田氏など徳川家の脅威となる戦国大名たちと接した東三河の旗頭として徳川家を支えていく重要な役割を担います。

元亀3年(1573年)に武田家と徳川家の間で起きた三方ヶ原の戦いでの忠次は、武田方の武将である小山田信茂と交戦して勝利しています。

この三方ヶ原の戦いでは、酒井忠次の活躍があったものの戦上手の武田信玄に徳川軍は敗北しています。しかし忠次は、浜松城にて太鼓を打ち鳴らして徳川方の気持ちを奮い立たせ、武田軍に徳川軍はいまだ健在であり、周囲に徳川の伏兵がいると思わせて武田軍の追撃を防ぐ活躍をみせました。

三方ヶ原の戦いから2年後の天正3年(1575年)、武田軍と再び刀を交えた長篠の戦いでも酒井忠次は大活躍します。

武田家は徳川家にとって、天下統一を果たすうえで征服したい勢力でありました。長篠の戦いにおいて忠次は、長篠城を包囲する武田軍を追い払う事に成功しただけではなく、背後から武田軍の退路を断ってしまう役割を演じ、結果として武田軍は織田・徳川両軍と戦う事を決意せざるを得ない状況に追い詰める事に成功するのです。

その後もたびたび重要な合戦で徳川家康を支えた酒井忠次は、徳川四天王と呼ばれる存在にまでなっていくのです。

酒井忠次の最期

酒井忠次は、天正13年(1585年)に石川数正が徳川家を去ったのちに名実ともに徳川家第一の家臣となります。そして、天正16年(1588年)に正式に隠居して嫡男の酒井家次に家督を譲るまで徳川家のために大いに貢献したのでした。

徳川家康より15歳年齢が上だった酒井忠次はこの頃から次第に視力が無くなり始めていきました。というか殆ど目が見えていなかったそうです。

慶長元年(1596年)に家康の天下統一を目にすることなく京都にてこの世を去りました。享年70歳でした。家康の天下統一見たかったでしょうね。

酒井忠次の海老すくい

酒井忠次のよもやま話としては、海老すくいという踊りがとても上手だったと伝わります。

また、徳川四天王の一人であるにも関わらず、みんなの前で海老すくいを披露して酒宴を非常に盛り上げたそうです。今後もドラマで度々、踊りの場面が出てきそうで楽しみですよね。

ab

広告

関連記事

阿茶局 徳川家康の側室

阿茶局 徳川家康の側室。 大河ドラマ「江」第42話に登場した阿茶局について紹介。 阿茶局は、大坂

記事を読む

藤原惟規 紫式部の弟は出来が悪い?紫式部日記から分かる姉弟の仲とは

紫式部の弟とされる藤原惟規(ふじわらののぶのり/これのぶ)を取り上げます。まだ、ドラマでは子供時代な

記事を読む

2016年の大河ドラマの主人公 真田幸村

2016年の大河ドラマ「真田丸」が始まっていますが、主人公の真田幸村を取り上げていませんでした。

記事を読む

三条西実澄から細川藤孝への古今伝授!三条西家の公家としての家格は?

大河ドラマで気になる人物を紹介しています。今日、取り上げるのは石橋蓮司が演じている公家の三条西実澄で

記事を読む

赤染衛門 凰稀かなめ演じる女流歌人!紫式部や和泉式部との仲は?

藤原道長の妻・源倫子に仕えていた赤染衛門を取り上げます。読み方は「あかぞめえもん」です。大河ドラマ「

記事を読む

徳川国松(忠長)の生涯

徳川国松(忠長)の生涯 について。 江姫と徳川秀忠の次男で、徳川家光の弟である国松。 後の駿府藩

記事を読む

織田信光 甥の織田信長の味方で清洲城で織田信友を討つ

織田信長の叔父さんに当たる織田信光をそういえば、まだ取り上げていなかったなぁ~と思い、今回は彼を取り

記事を読む

静御前 源義経の愛妾!しづやしづの舞を披露した白拍子

先日、源義経の正室である郷御前(「鎌倉殿の13人」では里)を取り上げましたので、もう一人の妻である静

記事を読む

阿野全成 今若丸の幼少名で知られる源義経の同母兄

以前、このサイトで妻の阿波局(実衣)を取り上げた事がありますが、夫の阿野全成はまだ取り上げていなかっ

記事を読む

高階貴子 百人一首に選ばれた当代きっての女流歌人!中宮・藤原定子の生母

今回、取り上げる人物は、藤原道長の長兄・藤原道隆の奥さんである高階貴子(たかしなのたかこ)です。出世

記事を読む

ab

広告

ab

広告

藤原道長の妻 源明子は本来なら女王の身分!源倫子との格差が大きい

藤原道長には、嫡妻である源倫子のほかに妻がもう一人います。源明子と言っ

藤原実資とその妻・桐子の夫婦仲は?日記「小右記」は本当にあった

お笑いの「ロバート」秋山竜次が、大河ドラマ「光る君へ」で藤原実資を演じ

藤原義懐 大出世する花山天皇の叔父!ドラマとは乖離する人物像

大河ドラマ「光る君へ」で印象に残った人物として花山天皇の叔父にあたる藤

藤原公任は藤原道長よりも名門出身の御曹司!紫式部や清少納言とも交流あり

大河ドラマ「光る君へ」で、町田啓太が演じる藤原公任(ふじわらのきんとう

藤原道綱母 蜻蛉日記の作者は本朝三大美人の一人!道長の父・藤原兼家の妾妻

藤原道長の父である藤原兼家には、嫡妻である時姫以外にも当然の如く妻がい

→もっと見る

PAGE TOP ↑