*

第8回・宋銭と内大臣

公開日: : 最終更新日:2016/12/19 歴代・大河ドラマの紹介 , , ,

大河ドラマ「平清盛」第8回(2012年2月26日放送)は【宋銭と内大臣】でした。

宋銭は、宋のお金ですが、密貿易をしていて財を成していた平氏(清盛)も差すのかな?
内大臣は、藤原摂関家の長である藤原頼長のこと

藤原頼長は混乱した朝廷を立て直そうと厳しく取り締まろうとする。
その矢面にたったのが、まず平氏だった。

今回の個人的な見所

鳥羽上皇の庭は水仙(璋子の好きな花)から菊(得子の好きな花)にかわる

鳥羽上皇のために歌を詠んだ佐藤義清に拗ねる崇徳天皇
(何かこっちも怪しい関係?)

林の中に被り笠に垂衣姿の若い女性はいったい何者?

今回のあらすじは、かなり簡単に書いちゃいます。

平清盛とその家来達は、博多の市にいた。
清盛はそこで、平氏が密貿易をしている事を知り、宋銭というお金に惹きつけられる。
一方、鳥羽上皇から寵愛を受ける得子と退けられる璋子。
藤原摂関家では、藤原忠実の次男・藤原頼長が内大臣に昇進する。
頼長は、妥協をゆるさない厳しい男だった。
そして、清盛たちが密輸品を売りさばいているのを知り清盛達を屋敷に呼び出す。
厳しく追及する頼長に清盛は、開き直った態度で宋銭をみせる。
そして、この乱れた世の中を変えるためには宋を手本にと進言する。
しかし、頼長は清盛の浅はかさを指摘。清盛は、頼長に言い返せず、落ち込むのだった。
屋敷に戻ると妻の明子から懐妊したと告げられる。
源為義の京の館に、義朝に心を寄せる由良姫が訪れてきた。
そして、自分と縁をもつと源氏にも役立つとアピールしていく。

兵庫県知事ではないが・・・清盛の顔や格好が汚すぎる

源義朝や平盛国や佐藤義清などまわりがイケメンばかりなので
主人公なのに、ちと可哀想な事になってる。

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

第26回・平治の乱

大河ドラマ「平清盛」のあらすじを紹介しています。 第26回(2012年7月1日放送)は、1159年

記事を読む

no image

第22回・勝利の代償

大河ドラマ「平清盛」のあらすじ。 今回は、2012年6月3日放送の第22回「勝利の代償」です。

記事を読む

no image

第25回・見果てぬ夢

2012年6月24日放送の第25回 「見果てぬ夢」のあらすじ。 平清盛は、信西と共に政治改革を推し

記事を読む

no image

第23回・叔父を斬る

2012年6月10日に放送された「平清盛」第23回・叔父を斬る のあらすじを紹介します。 タイトル

記事を読む

no image

平清盛も情けをかける

何となく平清盛って悪人イメージが強く、実際にドラマや小説などでは悪人として描かれる事が多いです。なぜ

記事を読む

no image

崇徳天皇 呪い?

崇徳天皇は「悲運」「哀れ」という言葉が似合います。 「怨霊伝説」まである崇徳天皇はどんな人

記事を読む

2023年の大河ドラマは松本潤主演の「どうする家康」に決定!

まだまだ先の話ですが、2023年・・・来年の大河ドラマの主演に嵐の松本潤(37)が決定したと報じられ

記事を読む

no image

第13回・祇園闘乱事件

平清盛のあらすじ、第13回放送(2012年4月1日)分です。 記憶が遠のいでいる・・・ 若き

記事を読む

no image

第12回・宿命の再会

前回の更新から1ヶ月以上放置。 久しぶりの更新になってしまった(ドラマが面白くないとか・・・そ

記事を読む

no image

第21回・保元の乱

大河ドラマ「平清盛」第21回放送分(2012年5月27日)のあらすじです。 今回のタイトル通り、保

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

平賀朝雅の最期とは?鎌倉殿になれず畠山重忠の乱の原因にもなった人物

北条時政とりく(牧の方)の娘婿である平賀朝雅を取り上げます。大河ドラマ

藤原兼子 北条政子と関係深く後鳥羽上皇の乳母として権勢を奮う

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」から紹介する登場人物、久しぶりに朝廷から藤

和田義盛 鎌倉殿の13人のひとりで初代侍所別当!巴御前が側室なのは本当?

鎌倉幕府の十三人の合議制に連なる御家人・和田義盛(わだよしもり)とはど

北条時房 北条政子・義時の異母弟で鎌倉幕府の初代連署を務める

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の登場人物、最近は13人の御家人を紹介して

三善康信 鎌倉殿の信頼厚い幕府の初代問注所執事!子孫が職を世襲

鎌倉殿の13人という事で、本日は三善康信(みよしやすのぶ)を取り上げま

→もっと見る

PAGE TOP ↑