*

第8回・宋銭と内大臣

公開日: : 最終更新日:2016/12/19 歴代・大河ドラマの紹介 , , ,

大河ドラマ「平清盛」第8回(2012年2月26日放送)は【宋銭と内大臣】でした。

宋銭は、宋のお金ですが、密貿易をしていて財を成していた平氏(清盛)も差すのかな?
内大臣は、藤原摂関家の長である藤原頼長のこと

藤原頼長は混乱した朝廷を立て直そうと厳しく取り締まろうとする。
その矢面にたったのが、まず平氏だった。

今回の個人的な見所

鳥羽上皇の庭は水仙(璋子の好きな花)から菊(得子の好きな花)にかわる

鳥羽上皇のために歌を詠んだ佐藤義清に拗ねる崇徳天皇
(何かこっちも怪しい関係?)

林の中に被り笠に垂衣姿の若い女性はいったい何者?

今回のあらすじは、かなり簡単に書いちゃいます。

平清盛とその家来達は、博多の市にいた。
清盛はそこで、平氏が密貿易をしている事を知り、宋銭というお金に惹きつけられる。
一方、鳥羽上皇から寵愛を受ける得子と退けられる璋子。
藤原摂関家では、藤原忠実の次男・藤原頼長が内大臣に昇進する。
頼長は、妥協をゆるさない厳しい男だった。
そして、清盛たちが密輸品を売りさばいているのを知り清盛達を屋敷に呼び出す。
厳しく追及する頼長に清盛は、開き直った態度で宋銭をみせる。
そして、この乱れた世の中を変えるためには宋を手本にと進言する。
しかし、頼長は清盛の浅はかさを指摘。清盛は、頼長に言い返せず、落ち込むのだった。
屋敷に戻ると妻の明子から懐妊したと告げられる。
源為義の京の館に、義朝に心を寄せる由良姫が訪れてきた。
そして、自分と縁をもつと源氏にも役立つとアピールしていく。

兵庫県知事ではないが・・・清盛の顔や格好が汚すぎる

源義朝や平盛国や佐藤義清などまわりがイケメンばかりなので
主人公なのに、ちと可哀想な事になってる。

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

第22回・勝利の代償

大河ドラマ「平清盛」のあらすじ。 今回は、2012年6月3日放送の第22回「勝利の代償」です。

記事を読む

no image

第2回・無頼の高平太

NHK大河ドラマ「平清盛」第2回の放送が終わりました。 第2回のタイトルは「無頼の高平太」です。 い

記事を読む

no image

平清盛の視聴率がワースト記録更新か!?

低視聴率だった昨年の大河ドラマ「江~姫たちの戦国」を上回るほど低視聴率に悩む2012年の大河ドラマ「

記事を読む

麒麟がくるのキャスト 今井翼、金子ノブアキ、榎木孝明が新キャスト

長谷川博己が主演する大河ドラマ「麒麟がくる」は、越前編が始まった事で新キャストが発表になりました。今

記事を読む

戦国大河ドラマ名場面スペシャル 初回放送は1987年「独眼竜政宗」

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が、今度の日曜日の回をもって一時休止になります。新型コロナの影響で、4

記事を読む

no image

第20回・前夜の決断

大河ドラマ「平清盛」のあらすじを紹介しています。 2012年5月20日放送の第20回 「前夜の

記事を読む

no image

崇徳天皇 呪い?

崇徳天皇は「悲運」「哀れ」という言葉が似合います。 「怨霊伝説」まである崇徳天皇はどんな人

記事を読む

2018年大河ドラマ「西郷どん」の主人公を鈴木亮平が演じる!その他のキャストは?

2018年の大河ドラマに決まった「西郷どん」は、林真理子さんの小説「西郷どん!」が原作です。それを中

記事を読む

2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」のあらすじとキャストについて

来年、2020年の大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」が非常に楽しみです。 2019年の大河ドラ

記事を読む

no image

第6回・西海の海賊王

NHK大河ドラマ「平清盛」の第6回は、2012年2月12日放送でした。 「西海の海賊王」が第6

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

平宗盛の最期とは?平清盛の後継者で父と正反対の性格で家族思い!

今回は、平清盛の後継者である平宗盛(たいらのむねもり)を紹介していきま

大姫 源頼朝と北条政子の娘で婚約者の源義高を亡くし心の病になる

北条義時主人公の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」ですが、大姫の婚約者である

源範頼 源頼朝の弟で源義経と比較されて凡将?最期は謀反・・・

源平合戦の最終章・・・源義経がついに平氏を追い詰めていくストーリーを大

源義経の正室 郷御前は静御前と対立!?夫と共に平泉に逃れて悲劇の最期

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では、源義経が無尽の活躍をみせて平氏がいよ

一条忠頼 武田信義の嫡男で源頼朝に粛清される最期

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で少ない出番ながらも気になった登場人物がい

→もっと見る

PAGE TOP ↑