*

松永久秀は茶器を抱いて爆死した戦国三大梟雄の一人!大河では吉田鋼太郎がハマり役

大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物、第1話から気になる人物を挙げていきその生涯や人物像などを紹介していこうと思ってます。

今回、取り上げるのは第1話で強烈な印象をもたらした松永久秀です。これは、松永久秀を演じた吉田鋼太郎の手腕でもあって凄く印象に残りました。

松永久秀は、戦国三大梟雄の一人として非常に癖のある武将なので吉田鋼太郎はまさにはまり役となりそうですね。

戦国三大梟雄とは、戦国時代の悪人・ダークヒーロー的な存在で松永久秀の他に斎藤道三、そして北条早雲or宇喜多直家だと言われています。

松永久秀を語る上でのポイント「足利将軍を殺害する」「東大寺を焼き払う」「茶器を抱いて爆死する」を中心にその生き様を紹介していきたいと思います。


松永久秀 歪められた戦国の“梟雄”の実像

松永久秀の生涯について

松永久秀が、表舞台に出てくるのは三好長慶に仕えるようになってからです。

三好家はもともと室町幕府の重臣だった細川晴元の配下にいました。しかし、松永久秀の主君・三好長慶が細川晴元と戦い勝利して将軍共々京の都から追放することに成功。

ここは、大河ドラマ「麒麟がくる」第1話でも描かれていましたね。将軍が逃げ出したことで都は荒れ放題になってしまったと・・・

松永久秀も活躍して三好長慶から褒美として摂津滝山城を貰います。

三好長慶の下で実力を蓄えてのし上がっていく松永久秀。

三好長慶は、策略家で頭の切れる松永久秀を信頼して自分の身内を殺害します。そんな中、三好長慶が43才という若さで亡くなり養子の三好義継を後継者とします。

松永久秀 将軍の足利義輝を殺害する

三好義継の後見になった松永久秀と三好三人衆は、時の将軍、足利義輝を殺害します。

その後、権力争いのため松永久秀と三好三人衆は対立を深めていきます。劣勢だった松永久秀ですが、家督を継いだ三好義継の味方もあり徐々に持ち直していきます。

松永久秀と三好三人衆の戦いは、激しくなり主戦場となったのが奈良でした。


松永久秀と下剋上 室町の身分秩序を覆す

松永久秀 東大寺を焼き払う

松永久秀と三好三人衆の間に起きた戦で、犠牲になったのは東大寺でした。

東大寺の大仏殿が戦火によって全焼してしまいました。流石に両者とも東大寺の火事には心痛だったようですが・・・。

松永久秀だけが東大寺を焼き払ったわけではないのですが、後に織田信長に逆らって爆死した日、いわゆる松永久秀の命日が東大寺が焼失した日と同じ10月10日なので大仏様の神罰だと伝わっています。

その後、松永久秀は、三好三人衆との戦いで周辺の大名たちに警戒されてしまい当時、住んでいた多聞山城も見張られていた為に織田信長と手を組むことになります。

織田信長も足利義昭を新しい将軍に据えたいために松永久秀の力を借りたかったので二人はwinwinの関係でしたね。

しかし、松永久秀は将軍になった足利義昭と険悪になりついには織田信長とも対立を深める事になります。

ただ、足利義昭自身も織田信長に不信感があり結局、松永久秀と足利義昭が組んで織田信長と戦うことになります。昨日の敵は今日の友ですかね?

織田信長との戦いは、完全なる負け戦になりました。

松永久秀 最期は茶器を抱いて爆死

同盟を結んでいた織田信長を裏切った松永久秀ですが、その処遇に関しては意外と甘いものでした。

織田信長は自分を裏切った者には容赦なく粛清しますが、松永久秀には領土を取り上げるか茶器を譲り受けるかで済んでいます。松永久秀が幾度か裏切っているのにも関わらず・・・。

しかし、松永久秀の最期は信貴山城に立てこもり稀代の名器「平蜘蛛茶釜」と共に爆死してしまいます。その時も織田信長は、「平蜘蛛茶釜」を譲ってくれたらなかったことにすると再三説得した模様。

ちなみに爆死したというのは、創作である可能性が高いそうです。

松永久秀は、文化人としても有名で珍しい茶器を沢山集めていました。又、天守閣をはじめて造った人物としても知られ安土城を造った信長にも影響を与えたと言われます。

信長が松永久秀に甘かったのは、やはり松永久秀という人物を高く評価していたのだと思いますね。


松永久秀 実像に迫る

ab

スポンサーリンク

関連記事

江姫の子供たち について

江姫の子供たち について。 2011大河ドラマ「江~姫たちの戦国」のヒロイン、江姫。 徳川幕府の

記事を読む

織田信勝 信長の弟で母・土田御前の溺愛による非業の死

俳優の木村了が演じる織田信長の弟・織田信勝を取り上げます。 いや~、前回、信長が自分の地位を脅

記事を読む

足利義輝 剣豪で知られる悲運の最期を遂げる足利13代将軍!

大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物という事で、今回は室町幕府の第13代将軍・足利義輝をクローズアップ

記事を読む

no image

鳥羽上皇

大河ドラマ「平清盛」で三上博史が演じている鳥羽上皇。 奥さんの璋子さん同様、一風変わった感じで・・

記事を読む

明智光秀 本能寺の変

明智光秀 本能寺の変 今回、取り上げるのは明智光秀です。 主君、織田信長を裏切り本能寺の変で自害

記事を読む

no image

統子内親王(むねこないしんのう)

久々に朝廷側の人物を取り上げたいと思います。 統子内親王(上西門院)という女性で、大河ドラマ「平清

記事を読む

土岐頼芸 鷹の絵を得意とする美濃の守護大名で斎藤道三に追放される

大河ドラマ「麒麟がくる」で、尾美としのりが演じていた土岐頼芸を取り上げます。 今年の大河ドラマ

記事を読む

織田信光 甥の織田信長の味方で清洲城で織田信友を討つ

織田信長の叔父さんに当たる織田信光をそういえば、まだ取り上げていなかったなぁ~と思い、今回は彼を取り

記事を読む

太原雪斎 今川義元の軍師で徳川家康の教育係?桶狭間の戦いまでの寿命

本日は、今川義元の軍師として名高い太原雪斎(たいげんせっさい)を取り上げたいと思います。大河ドラマ「

記事を読む

静御前 源義経の愛妾!しづやしづの舞を披露した白拍子

先日、源義経の正室である郷御前(「鎌倉殿の13人」では里)を取り上げましたので、もう一人の妻である静

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

石川数正の出奔の原因となる説とは?長野県・松本城の築城について

2023年の大河ドラマ「どうする家康」で、俳優の松重豊が演じている石川

徳川美術館や名古屋城や熱田神宮の見どころは?名古屋の観光名所への行き方

前回の愛知県岡崎市の観光地(岡崎城やなど大樹寺など)に引き続きNHK大

岡崎城、八丁味噌の郷、大樹寺への行き方とそれぞれの見どころ

いつも大河ドラマの登場人物ばかりを紹介してきましたが、今回は久しぶりに

早川殿 今川氏真の正室で大河ドラマ「どうする家康」では糸という名前!

昨日取り上げた今川氏真に続いて、その妻である早川殿を取り上げたいと思い

今川氏真 徳川家康との関係やその子孫について!最期はどうなる?

大河ドラマ「どうする家康」で、溝端淳平が演じているのが今川氏真(いまが

→もっと見る

PAGE TOP ↑