*

初 常高院について

公開日: : 最終更新日:2016/02/25 大河ドラマの登場人物 , , ,

初 常高院について。
大河ドラマ「江~姫たちの戦国」で、水川あさみが演じる
ヒロイン・江姫の姉、初(常高院)の生涯について紹介します。

初は、父・浅井長政と母・お市の方の間に生まれる。
姉は、茶々(淀殿)であり、妹が江です。

浅井三姉妹の戦国日記

初は、母の美貌を受け継いでいて、細身で美人だったらしい。

初の少女時代は、ドラマ通りです。
小谷城で父を失い、母と姉妹とで織田家に保護される。
本能寺の変の後、母の再婚で北ノ庄に住まいを移すが
そこで又、母を失い、今度は羽柴家に保護される。

初は、京極高次の正室なりますが、ふたりの間に子はいなかった。
江の娘・徳川初姫を養女にもらい京極家嫡男の京極忠高に嫁がす。
京極忠高は、夫とその側室との間に生まれた子供でしたが、
他の養子養女達も含め、初は積極的に養育に関わったそうです。

しかし、最近みつかった資料では、夫が侍女を懐妊させると、
初は嫉妬して、殺害を企てたようです。
侍女(後に側室)が産んだ京極忠高は、家臣にしばらく預けられた。

初は、夫が亡くなると出家して常高院となります。

姉のいる豊臣家と妹のいる徳川家の対立が深まると、
常高院は豊臣方の使者となり仲介に奔走したとされている。

大坂冬の陣で、豊臣家と徳川家の和議に尽力しました。

大坂夏の陣で豊臣家が滅亡する際、豊臣秀頼の娘・奈阿姫の
助命を千姫とともに徳川家康に嘆願したと言われています。

また、初と言えばキリシタンですね。
晩年にキリシタンになったようです。

三姉妹はとても仲良く、淀殿が大坂の陣で亡くなった後は、
妹の江とよく会っていたそうです。江が亡くなる少し前に
常高院と江は江戸で再会して対談したとも言われている。

淀殿、江の死を見届けて、初も京極忠高の江戸屋敷で亡くなった。
享年64歳で、三姉妹では一番長生きしたようですね。

浅井三姉妹を歩く 大河ドラマ江~姫たちの戦国~の舞台

ab

スポンサーリンク

関連記事

明智秀満 光秀の娘婿で信頼厚き家臣!ドラマ「敵は本能寺にあり」の主人公

朝ドラもですが、大河ドラマも新型コロナウイルスの影響で放送の一時中止が決定してしまいましたね。朝ドラ

記事を読む

菊丸の正体は服部半蔵?大河ドラマ初出演の岡村隆史が忍者役

2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物の中に、架空の人物が何名かいます。 例えば、ヒロ

記事を読む

徳川忠長の正室 松孝院

江に大変可愛がられた徳川忠長。 大河ドラマ「江」では、さすがに忠長の最期まではやらなかったのですが

記事を読む

静御前 源義経の愛妾!しづやしづの舞を披露した白拍子

先日、源義経の正室である郷御前(「鎌倉殿の13人」では里)を取り上げましたので、もう一人の妻である静

記事を読む

大奥で権力を握った「右衛門佐」

電撃結婚して驚いた菅野美穂と堺雅人が主演した話題の映画「大奥~永遠~ 」から右衛門佐(映画では、堺雅

記事を読む

佐治一成 江

佐治一成 江 の最初の夫について。 江は、生涯で3度の結婚をする事になります。 戦国時代の政略結

記事を読む

江 石田三成

江 石田三成 が登場しました。 これから浅井三姉妹にも大きく関わっていく石田三成。 今回は演じた

記事を読む

小見の方 濃姫の母で織田信長の義母、斎藤道三との夫婦仲は?

織田信長の正室、濃姫こと帰蝶の実母である小見の方にスポットを当てます。 2020大河ドラマ「麒

記事を読む

深芳野 土岐頼芸から下贈された斎藤道三の側室で美濃一の美女

来年の大河ドラマ「麒麟がくる」で、濃姫を演じる予定だった沢尻エリカの逮捕により出演者変更となった事か

記事を読む

柴田勝家とお市

柴田勝家とお市 について。 2011年大河ドラマ「江」のヒロイン・江姫の母であるお市。 2度の結

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

平賀朝雅の最期とは?鎌倉殿になれず畠山重忠の乱の原因にもなった人物

北条時政とりく(牧の方)の娘婿である平賀朝雅を取り上げます。大河ドラマ

藤原兼子 北条政子と関係深く後鳥羽上皇の乳母として権勢を奮う

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」から紹介する登場人物、久しぶりに朝廷から藤

和田義盛 鎌倉殿の13人のひとりで初代侍所別当!巴御前が側室なのは本当?

鎌倉幕府の十三人の合議制に連なる御家人・和田義盛(わだよしもり)とはど

北条時房 北条政子・義時の異母弟で鎌倉幕府の初代連署を務める

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の登場人物、最近は13人の御家人を紹介して

三善康信 鎌倉殿の信頼厚い幕府の初代問注所執事!子孫が職を世襲

鎌倉殿の13人という事で、本日は三善康信(みよしやすのぶ)を取り上げま

→もっと見る

PAGE TOP ↑