*

土田御前 大河ドラマで織田信長の母を演じるのは檀れい

大河ドラマ「麒麟がくる」で、帰蝶が織田家に嫁ぎました。

そのため、織田家の人物が登場するようになりましたが、その中で今回取り上げたいのが帰蝶の義母にあたる土田御前です。

土田御前の読み方は、「どたごぜん」なのですね。私はずっと「つちだごぜん」と読んでいました。でも史実では「どたごぜん」か「つちだごぜん」か分からないそうです。

土田御前は、織田信長の母ですが信長の弟を溺愛するエピソードは有名です。大河ドラマでも土田御前役の檀れいが信長の弟・信勝(信行)を溺愛する場面がすでにありましたよね。この他にも土田御前のエピソードがあるので紹介していきたいと思います。

土田御前とは?

土田御前は、土田政久の娘とされています。

土田政久は、美濃国可児郡土田もしくは尾張国海東郡土田の豪族で、土田の地名の読み名が、可児郡土田なら「どた」で海東郡土田なら「つちだ」なのだそうです。なので、土田御前の呼び名は、出身地から来ているんですね。

土田御前は、織田信秀の継室となり織田家に嫁ぎます。その後、長男の信長を筆頭に信勝(信行)、秀孝、信包、お市の方、お犬の方と子宝に恵まれます。

ちなみに信長と信勝の年の差は2才であります。

土田御前が溺愛した信長の弟・信勝は信行の名前で呼ばれる事が多いのですが、大河ドラマ「麒麟がくる」では織田信勝の名前で登場していますので、ここでも信勝で通したいと思います。

土田御前は織田信長の弟・信勝を溺愛した悲劇

土田御前は、実子であっても長男の信長を嫌ってすぐ下の弟、織田信勝を非常に可愛がりました。その結果、信勝は非業の死を遂げるわけですが・・・。

戦国大名は、兄弟のこのパターンが結構、多いですよね。

母が、弟を溺愛して兄と争い結果、弟が自害させたり殺されたりするパターン。伊達政宗の母、義姫や徳川家光の母、江姫などが有名かと思います。

土田御前が信長よりも信勝を可愛がった理由は、二つあります。

一つは、織田信長はうつけ者と呼ばれていたのと対照的に信勝はとても礼儀正しかったそうです。

そして、もう一つが、信長は嫡男として少年時代から土田御前とは別の場所で暮らしていたのに対し、信勝は、末森城にいる土田御前の元でずっと育てられました。

そうすると二人とも我が子であっても信長よりも信勝を可愛がるのも理解出来ますよね。

信長と信勝の対立が顕著になるのは、二人の父である織田信秀が亡くなってからです。

弘治2年に信長と信勝が本格的に衝突しました。その際、信勝が負けて末森城に籠城しましたが、母の土田御前の取り成しで許されました。

しかし、永禄元年に再び信勝の信長への謀反が発覚します。信長は病気のふりをして清州城に信勝をおびき寄せてここで殺害しました。

土田御前は、信勝に信長への見舞いを勧めていたので、まさか信勝が殺されるとは夢にも思っていなかった事でしょう。彼女の気持ちは絶望に近かった事と思います。ある意味、土田御前が信勝の悲劇を招いたと言ってもよいかと思います。

織田信勝の死後の土田御前はどうなる?

溺愛していた織田信勝が亡くなってからの土田御前は、信長の庇護の元、一緒に暮らしたようです。

信勝が信長に殺されたとは言え、身寄りがないのでここは実の息子に頼るしかなかったのでしょう。

信長との仲は修復されたのかは分かりませんが、信長の子供たち(信忠、信雄、信孝ほか)の面倒を見ていたようです。

又、お市の方が嫁ぎ先である浅井家が滅ぼされて実家に戻ってきたときもお市の方の子供たち(茶々、初、江の三姉妹)の面倒をみていたとか。

土田御前の晩年は、孫の面倒をみながらその成長を楽しみにしていたのかもしれませんね。

そして、土田御前は信長よりも長生きしました。本能寺の変で信長や信忠が亡くなると織田信雄(信長の次男)のもとで暮らしていたようです。

しかし、織田信雄が改易されると伊勢国にいた安濃津城の織田信包(信長の弟)のもとで一生を暮らしました。

結構、土田御前は長生きしたようですね。

ab

スポンサーリンク

関連記事

土岐頼純 帰蝶の最初の夫で美濃国の守護大名

第2話目の大河ドラマ「麒麟がくる」も面白かったですね。今回は、最終回まで楽しく観れそうです。

記事を読む

織田信長の男色

江に関係する人物という事で、今回は織田信長について書いてみたいと思います。とは言ったものの織田信長は

記事を読む

細川忠興 ガラシャ

細川忠興 ガラシャ の夫。 2011年2月13日放送の第6話「光秀の天下」に新しく登場した人物。

記事を読む

千姫の生涯 豊臣秀頼との夫婦愛

千姫の生涯 豊臣秀頼との夫婦愛。 大河ドラマ「江」第39話で、豊臣秀頼に側室が出来て 嫡男が誕生

記事を読む

於大の方 徳川家康の母で実子に対しては非常に愛情深い女性

大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物を紹介しております。 今回は、竹千代(後の徳川家康)の生母で

記事を読む

大奥で権力を握った「右衛門佐」

電撃結婚して驚いた菅野美穂と堺雅人が主演した話題の映画「大奥~永遠~ 」から右衛門佐(映画では、堺雅

記事を読む

no image

統子内親王(むねこないしんのう)

久々に朝廷側の人物を取り上げたいと思います。 統子内親王(上西門院)という女性で、大河ドラマ「平清

記事を読む

家光の側室 お楽の方

ドラマ「大奥 誕生~有功・家光篇」の登場人物から捨蔵を取り上げます。捨蔵のモデルは、徳川家光の側室、

記事を読む

浅井長政

浅井長政について特集です。 江の父親である浅井長政は、北近江の戦国大名でした。 浅井の読み方は、

記事を読む

no image

平明子 清盛の最初の妻

平明子さんは、あまり情報がないので とにかく探しまくりました(汗) 2012年NHK

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

於大の方 徳川家康の母で実子に対しては非常に愛情深い女性

大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物を紹介しております。 今回は、

土田御前 大河ドラマで織田信長の母を演じるのは檀れい

大河ドラマ「麒麟がくる」で、帰蝶が織田家に嫁ぎました。 そのため

土岐頼芸 鷹の絵を得意とする美濃の守護大名で斎藤道三に追放される

大河ドラマ「麒麟がくる」で、尾美としのりが演じていた土岐頼芸を取り上げ

織田信秀 ライバル・斎藤道三や息子・信長とは正反対の秩序ある武将

今日、紹介する大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物は、織田信長のお父さん

土岐頼純 帰蝶の最初の夫で美濃国の守護大名

第2話目の大河ドラマ「麒麟がくる」も面白かったですね。今回は、最終回ま

→もっと見る

PAGE TOP ↑