*

赤染衛門 凰稀かなめ演じる女流歌人!紫式部や和泉式部との仲は?

藤原道長の妻・源倫子に仕えていた赤染衛門を取り上げます。読み方は「あかぞめえもん」です。大河ドラマ「光る君へ」では、元宝塚歌劇団の男役トップスターだった凰稀かなめが演じていた役が、赤染衛門になります。

赤染衛門は、源倫子に仕えたあとはその娘である一条天皇中宮・藤原彰子にも仕えました。平安時代を代表する女流歌人である赤染衛門はどんな人生を歩んだのでしょうか?

赤染衛門について

赤染衛門は、956年(天暦10年)に地方官長だった赤染時用の娘として誕生しました。ただ、実父は平兼盛とも伝わります。赤染衛門の母は、赤染時用と再婚する前に平兼盛の妻でした。平兼盛の子を宿したまま赤染時用と結婚した説があるようです。

赤染衛門の結婚は、20歳を過ぎたあたりです。結婚相手は、文章博士で当代一の学者と謡われた大江匡衡になります。赤染衛門と大江匡衡の夫婦仲はとても良くまさにおしどり夫婦でした。藤原道長・彰子の父娘には「匡衡衛門」と呼ばれていました。

この夫婦は子供にも恵まれたわけですが、子孫に大河ドラマ「鎌倉殿の13人」でおなじみだった鎌倉幕府の初代別当・大江広元がいます。

赤染衛門と紫式部

赤染衛門と紫式部は、二人とも藤原彰子に仕えていました。

同じ主人に仕えているので当然の如く親交があったわけですが、割とライバルとなりうる女流歌人をけなす傾向のある(!)紫式部は「紫式部日記」をみる限り赤染衛門に対して好印象を持っていた感じに見受けられます。

また、赤染衛門は紫式部だけでなく和泉式部や清少納言とも親交があったようです。和泉式部に関しては彼女の奔放な恋愛を心配したりと親しい間柄でした。

女流歌人としての赤染衛門

赤染衛門は、和泉式部と並び称される女流歌人であり才女でした。中古三十六歌仙や女房三十六歌仙にも選ばれています。

又、藤原道長の栄華を描いた作品として知られる「栄花物語」の筆者は赤染衛門であることが有力視されています。

沢山の素晴らしい和歌を残している赤染衛門の代表的な作品をいくつか紹介します。

赤染衛門の和歌(小倉百人一首)

「やすらはで 寝なましものを さ夜ふけて かたぶくまでの 月を見しかな」

赤染衛門が、姉妹のために代作した和歌です。姉妹の想い人である藤原道隆が訪れなくなったために詠んだ歌とされています。

「代はらむと 祈る命は をしからで さてもわかれむことぞ悲しき」

赤染衛門は息子の病気祈願として住吉神社に奉納した和歌です。子の病気が治り良妻賢母と呼ばれる赤染衛門を現した歌でもあります。

「行く人も とまるもいかに 思ふらん 別れて後の またの別れを」

和泉式部の夫が遠い赴任先に旅立ったことを知った赤染衛門が、和泉式部の心痛を思い気遣った歌とされています。

赤染衛門は、本当に沢山の和歌を詠んでいて歌会なども積極的に行いました。

彼女は、夫の大江匡衡が1012年(長和元年)に亡くなったあとも長生きしました。1041年(長久2年)に歌を詠んで以降の消息は不明なので、少なくとも85歳以上は生きたことになりますね。

ab

広告

関連記事

大野治長と大蔵卿局

大野治長と大蔵卿局 の親子を取り上げます。 大河ドラマ「江」での大野治長は、武田真治が演じています

記事を読む

織田信勝 信長の弟で母・土田御前の溺愛による非業の死

俳優の木村了が演じる織田信長の弟・織田信勝を取り上げます。 いや~、前回、信長が自分の地位を脅

記事を読む

豊臣秀吉 側室②

豊臣秀吉 側室 について続きです。 天下人・豊臣秀吉の側室を何名かご紹介したいと思います。 名門

記事を読む

朝倉義景の息子たち 溺愛した阿君丸と愛王丸!そして朝倉信景

大河ドラマ「麒麟がくる」では、2、3話前のストーリーだったかと思いますが、朝倉義景が嫡男だった阿君丸

記事を読む

大姥局 江の関係は?

大姥局 江の関係は? 久々に大河ドラマ「江」の登場人物の紹介です。 加賀まりこが扮する大姥局(お

記事を読む

久松俊勝 徳川家康の母・於大の方の再婚相手!家康に激怒で隠居する?

徳川家康の義父にあたる久松俊勝を取り上げます。 大河ドラマ「どうする家康」では、リリー・フラン

記事を読む

藤原公任は藤原道長よりも名門出身の御曹司!紫式部や清少納言とも交流あり

大河ドラマ「光る君へ」で、町田啓太が演じる藤原公任(ふじわらのきんとう)にスポットをあててみますね。

記事を読む

豊臣秀吉 について

豊臣秀吉 について。 「織田信長」「豊臣秀吉」「徳川家康」の天下獲り3人は、 日本人なら誰でも知

記事を読む

no image

祇王祇女と仏御前

平清盛の寵愛をうけた白拍子ということで、ドラマにも登場した祇王祇女、そして仏御前について取り上げたい

記事を読む

no image

待賢門院 藤原璋子

大河ドラマ「平清盛」の登場人物を紹介しています。 今回は、ぶっ飛び天然キャラの待賢門院・藤原璋子を取

記事を読む

ab

広告

ab

広告

藤原定子 夫・一条天皇に寵愛されたが実家の没落に見舞われた悲運の皇后

母の高階貴子や清少納言は取り上げたのですが、肝心の藤原定子を取り上げて

藤原宣孝 紫式部の夫で歳の差20歳以上?結婚生活は約3年で死別する

紫式部は、源氏物語という名作を世に出しましたが、当の本人は清少納言や和

清少納言と紫式部は犬猿の仲!?2度の結婚と藤原定子への宮仕え

紫式部のライバルとして名高い清少納言を取り上げます。 大河ドラマ

藤原道長の妻 源明子は本来なら女王の身分!源倫子との格差が大きい

藤原道長には、嫡妻である源倫子のほかに妻がもう一人います。源明子と言っ

藤原実資とその妻・桐子の夫婦仲は?日記「小右記」は本当にあった

お笑いの「ロバート」秋山竜次が、大河ドラマ「光る君へ」で藤原実資を演じ

→もっと見る

PAGE TOP ↑