*

一条忠頼 武田信義の嫡男で源頼朝に粛清される最期

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で少ない出番ながらも気になった登場人物がいたので、取り上げたいと思います。その人物とは、一条忠頼です。

一条忠頼は、甲斐源氏の棟梁・武田信義の嫡男です。

「鎌倉殿の13人」では、前原滉が演じていました。ドラマの中で、武田信義への見せしめとして一条忠頼は粛清された印象が強かったのですが、実際の一条忠頼は本当にそのような悲劇的な最期を遂げたのでしょうか?

一条忠頼 武田信義の嫡男として

一条忠頼は、甲斐武田家の初代当主である武田信義の嫡男として生まれます。ただ、一条忠頼の通称は次郎でしたので庶子か早世した兄がいたのかもしれませんね。

ちなみに武田信玄は、甲斐武田家の19代当主に当たります。一条忠頼が殺害された為に家督は忠頼の弟・信光にうつるので、武田信玄は信光の嫡流ということになります。

一条忠頼が生きていたら武田信玄は家督を継いでいなかったかもですね。

一条忠頼は、武田信義の嫡男として有望だったようです。甲斐国の一条郷というところを領土支配していたので一条氏と名乗っていました。

父に伴い平家打倒の兵を挙げて源頼朝軍と合流して富士川の戦いで平家を破ります。その勢いで木曽義仲追討でも活躍をみせますが・・・。

駿河国まで勢力を伸ばした甲斐源氏の武田家を源頼朝は警戒します。そして、なかなか有能な嫡男の一条忠頼を亡き者にしようと企てるのです。

一条忠頼 源頼朝に誅殺される

源平合戦がひとまず平定して多くの遠征軍が鎌倉に帰ってきた矢先の1184年(元暦元年)の6月。鎌倉幕府の御所内にて酒宴が催されていて一条忠頼も招かれていました。

沢山の御家人がいる中で、一条忠頼は小山田有重や天野遠景によって殺害されました。これは源頼朝の命によるものです。

その勢力を恐れて相手を殺害するというやり方は、上総介広常の時と同じですね。権力を維持するためには仕方がないのかもしれませんが・・・。

大河ドラマでは、木曽義仲の嫡男・源義高を唆したことが殺害の理由の一つになっていましたが、これはほぼありえない事だと思われます。

ab

広告

関連記事

no image

待賢門院 藤原璋子

大河ドラマ「平清盛」の登場人物を紹介しています。 今回は、ぶっ飛び天然キャラの待賢門院・藤原璋子を取

記事を読む

no image

堀河局と佐藤義清

待賢門院の侍女である堀河局と待賢門院に想いを寄せる佐藤義清。 第6回放送では、堀河局と佐藤義清が

記事を読む

鵜殿長照 大高城での籠城戦を経て上ノ郷城で討ち死にする戦国武将

珍しく本日、2回目の更新になります。 2023年の大河ドラマ「どうする家康」に登場する歴史上の

記事を読む

豊臣秀吉 側室

豊臣秀吉 側室 についてご紹介します。 戦国時代きっての女好き、天下人の豊臣秀吉に側室たちに ス

記事を読む

藤田伝吾 本能寺の変や山崎の戦いで活躍した明智五宿老の一人

大河ドラマの印象的な登場人物を紹介するという事で、今回の記事では藤田伝吾を取り上げたいと思います。

記事を読む

藤原兼子 北条政子と関係深く後鳥羽上皇の乳母として権勢を奮う

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」から紹介する登場人物、久しぶりに朝廷から藤原兼子にスポットをあてていきた

記事を読む

八田知家 鎌倉殿の13人のひとりで阿野全成を殺害した人物

鎌倉幕府で御家人たちが源頼家を抑える(?)ために結成された十三人の合議制の13名を紹介していきたいと

記事を読む

徳川忠長の正室 松孝院

江に大変可愛がられた徳川忠長。 大河ドラマ「江」では、さすがに忠長の最期まではやらなかったのですが

記事を読む

藤原道兼 七日関白と呼ばれた藤原道長の兄!大河ドラマ「光る君へ」の悪役

NHK大河ドラマ「光る君へ」の初回放送で、ある意味強烈なインパクトを残した藤原道兼(ふじわらのみちか

記事を読む

織田信長の男色

江に関係する人物という事で、今回は織田信長について書いてみたいと思います。とは言ったものの織田信長は

記事を読む

ab

広告

ab

広告

藤原道長の妻 源明子は本来なら女王の身分!源倫子との格差が大きい

藤原道長には、嫡妻である源倫子のほかに妻がもう一人います。源明子と言っ

藤原実資とその妻・桐子の夫婦仲は?日記「小右記」は本当にあった

お笑いの「ロバート」秋山竜次が、大河ドラマ「光る君へ」で藤原実資を演じ

藤原義懐 大出世する花山天皇の叔父!ドラマとは乖離する人物像

大河ドラマ「光る君へ」で印象に残った人物として花山天皇の叔父にあたる藤

藤原公任は藤原道長よりも名門出身の御曹司!紫式部や清少納言とも交流あり

大河ドラマ「光る君へ」で、町田啓太が演じる藤原公任(ふじわらのきんとう

藤原道綱母 蜻蛉日記の作者は本朝三大美人の一人!道長の父・藤原兼家の妾妻

藤原道長の父である藤原兼家には、嫡妻である時姫以外にも当然の如く妻がい

→もっと見る

PAGE TOP ↑