*

太原雪斎 今川義元の軍師で徳川家康の教育係?桶狭間の戦いまでの寿命

本日は、今川義元の軍師として名高い太原雪斎(たいげんせっさい)を取り上げたいと思います。大河ドラマ「麒麟がくる」で太原雪斎役を演じているのが、伊吹吾郎さんですね。

戦国大名の実力が今一つでも一人の優秀な軍師がいたらその戦国大名は安泰であります。そのいい例が今川義元だったりします。

今川義元は桶狭間で討ち取られたイメージや馬に乗れず輿に乗る公家大名の印象があり弱くてダメな武将と見られがちですが、それは誤りで今川家が最も栄えたのは義元の時代の頃で今川義元自身も海道一の弓取りと讃えられた程です。

でも今川義元の活躍の裏には、太原雪斎という優れた才能を持った軍師がいたのも事実です。

戦国時代の軍師といえば、黒田官兵衛や竹中半兵衛や直江兼続や山本勘助などが有名ですが、太原雪斎はそれらの軍師たちに負けるとも劣らない名軍師でもありました。

今回は、そんな太原雪斎の生涯に迫ってみたいと思います。

太原雪斎の生涯について

太原雪斎は、今川家の家臣で庵原城主だった庵原政盛の子として誕生しました。

幼少の頃から仏門に入っていた雪斎は、駿河国にあった善得院(臨済寺)の僧侶になり後に京都の建仁寺にうつり修行する日々でした。

そして、当時、まだ幼かった今川義元も雪斎と同じく出家していたのですが、その教育係として白羽の矢が立ったのが雪斎でした。

この抜擢には、今川義元の父である今川氏親が太原雪斎を見込んでの事でした。

雪斎は、今川氏親から2度も今川家の家臣として仕えるように要請されて断った経緯があります。何度も要請する程なので相当な実力者だったことが分かりますね。

太原雪斎を右腕にした今川義元はやがて家督争い(花倉の乱)にも勝利して名門・今川家の第11代当主となり権勢を奮います。そして、今川家の全盛期を築き上げるのでした。

太原雪斎 黒衣の宰相と呼ばれた軍師

太原雪斎は、黒衣の宰相と呼ばれ軍事面だけでなく外交・内政でも今川義元のもとでその手腕を発揮しました。山本勘助や徳川家康なども太原雪斎を褒め称え高く評価していたとも伝わります。

そして、今川家の滅亡は、桶狭間の戦いから始まったと言えますが、太原雪斎は、桶狭間の戦いで主君である今川義元が討ち取られる前に60才で亡くなっていました。

桶狭間の戦い以前は、領土も拡大して内政も安定していたので、太原雪斎が生きていれば今川義元が織田信長に負けることはなかったとも言われています。又、もしかしたら歴史が変わっていた可能性も否定できません。

大河ドラマ「麒麟がくる」でも太原雪斎が望月東庵に自分の寿命はあとどのくらい持つのかと尋ねるシーンがあります。後に描かれるであろう桶狭間の戦いと結びついている事が分かりますね。

太原雪斎の今川家での功績ですが、戦に勝利して領土拡大をはかった他にも甲相駿三国同盟を締結、尽力したことも伝わっています。

その他、織田家の人質だった松平竹千代(徳川家康)を奪回して今川家に連れて来ることにも成功していました。竹千代の教育係を務めたのも太原雪斎だという説もあります。

もしそうならば徳川家康が天下人となったのは、太原雪斎のおかげかもしれませんね。

同じ師に学んだと仮定して結局、最期が真逆の今川義元と徳川家康。何が違うのだと考えたところ徳川家康は人質としてたらいまわしにされて我慢に我慢を重ねた幼少期を送っていたところですかね?


太原雪斎と今川義元 東海に覇を唱えた軍師と名将

ab

広告

関連記事

春日局と江姫について。

春日局と江姫について。 NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国」第38回に初登場した人物。 斎藤福(

記事を読む

no image

統子内親王(むねこないしんのう)

久々に朝廷側の人物を取り上げたいと思います。 統子内親王(上西門院)という女性で、大河ドラマ「平清

記事を読む

鳥居元忠 伏見城の戦いで壮絶な最期!徳川家康の忠臣で子孫も恩恵を受ける

大河ドラマ「どうする家康」で、鳥居元忠を演じるのは音尾琢真さんです。家康の数多くいる忠臣の中でも忠義

記事を読む

朝倉義景 織田信長に徹底マークされて滅んだ越前の守護大名

大河ドラマ「麒麟がくる」の越前編がスタートしましたね。新しい登場人物として、主人公の明智光秀が落ち延

記事を読む

妻木熙子 明智光秀の正室で細川ガラシャの母

2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公、明智光秀の正室であり娘があの細川ガラシャである妻木熙子

記事を読む

五徳姫の十二ヶ条の訴状とは?築山殿・松平信康との不仲原因

大河ドラマ「どうする家康」からの登場人物、紹介していそうでしていなかった五徳姫を今更ながら紹介したい

記事を読む

織田信勝 信長の弟で母・土田御前の溺愛による非業の死

俳優の木村了が演じる織田信長の弟・織田信勝を取り上げます。 いや~、前回、信長が自分の地位を脅

記事を読む

榊原康政 徳川家康のお気に入りで豊臣秀吉を怒らせた徳川四天王のひとり

徳川家康の家臣であった榊原康政は、大河ドラマに何度も登場している人物です。 今年の大河ドラマ「

記事を読む

渋沢市郎右衛門 渋沢栄一の父の生涯について!実はお婿さん

渋沢栄一の父である渋沢市郎右衛門を取り上げたいと思います。 大河ドラマ「青天を衝け」では、小林

記事を読む

姫の前 北条義時の正室・比奈は後に離縁して源具親と再婚する

女優の堀田真由演じる比奈が、大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に先週初登場しましたね。 比奈は、新垣

記事を読む

ab

広告

ab

広告

藤原道長の妻 源明子は本来なら女王の身分!源倫子との格差が大きい

藤原道長には、嫡妻である源倫子のほかに妻がもう一人います。源明子と言っ

藤原実資とその妻・桐子の夫婦仲は?日記「小右記」は本当にあった

お笑いの「ロバート」秋山竜次が、大河ドラマ「光る君へ」で藤原実資を演じ

藤原義懐 大出世する花山天皇の叔父!ドラマとは乖離する人物像

大河ドラマ「光る君へ」で印象に残った人物として花山天皇の叔父にあたる藤

藤原公任は藤原道長よりも名門出身の御曹司!紫式部や清少納言とも交流あり

大河ドラマ「光る君へ」で、町田啓太が演じる藤原公任(ふじわらのきんとう

藤原道綱母 蜻蛉日記の作者は本朝三大美人の一人!道長の父・藤原兼家の妾妻

藤原道長の父である藤原兼家には、嫡妻である時姫以外にも当然の如く妻がい

→もっと見る

PAGE TOP ↑