*

姫の前 北条義時の正室・比奈は後に離縁して源具親と再婚する

女優の堀田真由演じる比奈が、大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に先週初登場しましたね。

比奈は、新垣結衣演じる八重と入れ替わりで登場した事からお分かりのように後に主人公・北条義時の妻となる女性です。

比奈という名は、ドラマ上のオリジナルであり一般的には姫の前と呼ばれています。また、義時と八重が夫婦だったというのは架空のものですが、姫の前は北条義時の最初の正室であったことは間違いのない事実です。

姫の前 北条義時の正室となる

姫の前は、比企一族であり鎌倉幕府の御家人だった比企朝宗の娘です。ドラマを見てて比企能員の娘だと勘違いしていましたが、一族の娘なんですよね。

ただ、父親の比企朝宗は(娘しかいないはずだった?)比企尼の実子として系図に載っていたようでそうすると姫の前は比企尼の孫になります。

比企氏は家督を比企尼の甥である比企能員が継いだりとちょっと複雑なんですよね。

また、北条義時の妻になった経緯も権力争いをしていた北条氏と比企氏が、同盟(?)を結ぶための政略結婚だと思っていたら違うようだし・・・。

姫の前が義時の妻になったのは、実は北条義時に見初められたからだそうです。しかもかなり熱烈なアプローチがあったようです。これは、ドラマ上の義時と八重の関係に似ていますね。片思いしていてやっと振り向いてもらったところが・・・。

もともと姫の前は、源頼朝の御所勤めをしている女官でした。そして、類まれな美貌で知られた姫の前は、頼朝のお気に入りでもありました。

義時は、姫の前に恋文を約1年間に渡り送り続けましたが、全然相手にして貰えなかったため見かねた頼朝が二人の仲を取り持ちます。

義時はその時に、絶対に離縁しないという文を一筆書く事になります。後にそれを破る事になりますが・・・。

義時と姫の前は1192年にようやく結婚して翌年には義時の次男・朝時が誕生します。その後に三男・重時も生まれますが1203年の比企能員の変によって夫婦関係は一変してしまいます。

姫の前 比企能員の変で北条義時と離縁する

比企能員の変では、実家の比企氏と嫁ぎ先の北条氏が争う事になりました。そして、夫の北条義時によって実家は滅亡してしまいます。

姫の前は、その直後に離縁となったようです。

その後の姫の前は、公家で歌人として名高い源具親と再婚する事になります。源具親との間に源輔通が1204年に誕生しています。その事から比企能員の変が起きてすぐに離縁してすぐに再婚した事が分かりますね。

ただ、美人薄命といいますか姫の前は再婚してから3年あまりで亡くなっています。

ちなみに北条義時も姫の前と離縁した後に伊賀朝光の娘である伊賀の方と再婚しています。伊賀の方はドラマで誰が演じるのでしょうね?北条政子と対立する役柄だけにキャストがとても気になります。

ab

広告

関連記事

平手政秀役は上杉祥三!織田信秀と信長に仕えた家臣で最期は切腹する

大河ドラマ「麒麟がくる」は、織田信秀が亡くなり今川に睨まれて四面楚歌の織田信長に義父である斎藤道三が

記事を読む

浅井長政

浅井長政について特集です。 江の父親である浅井長政は、北近江の戦国大名でした。 浅井の読み方は、

記事を読む

茶屋四郎次郎 徳川家康の伊賀越えを助け信頼を得る!徳川家の御用商人になる

大河ドラマにおける茶屋四郎次郎は、幾度となく登場しています。 2023年のNHK大河ドラマ「ど

記事を読む

八重姫 「鎌倉殿の13人」で新垣結衣が演じる源頼朝の最初の妻

年明けから大河ドラマ「鎌倉殿の13人」がスタートして、今頃になって録画してあった第1話から見始めまし

記事を読む

久松俊勝 徳川家康の母・於大の方の再婚相手!家康に激怒で隠居する?

徳川家康の義父にあたる久松俊勝を取り上げます。 大河ドラマ「どうする家康」では、リリー・フラン

記事を読む

徳川 和姫

徳川 和姫 について。 大河ドラマ「江」のヒロイン、江姫と徳川秀忠の間に 生まれた末っ子の姫が、

記事を読む

深芳野 土岐頼芸から下贈された斎藤道三の側室で美濃一の美女

来年の大河ドラマ「麒麟がくる」で、濃姫を演じる予定だった沢尻エリカの逮捕により出演者変更となった事か

記事を読む

大姫 源頼朝と北条政子の娘で婚約者の源義高を亡くし心の病になる

北条義時主人公の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」ですが、大姫の婚約者である源義高が殺害されてしまいました

記事を読む

比企尼とは?源頼朝の乳母で伊豆に流された頼朝を長年助け続ける

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」から草笛光子演じる比企尼にスポットを当てていきますね。比企尼は源頼朝の乳

記事を読む

藤原道兼 七日関白と呼ばれた藤原道長の兄!大河ドラマ「光る君へ」の悪役

NHK大河ドラマ「光る君へ」の初回放送で、ある意味強烈なインパクトを残した藤原道兼(ふじわらのみちか

記事を読む

ab

広告

ab

広告

藤原道長の妻 源明子は本来なら女王の身分!源倫子との格差が大きい

藤原道長には、嫡妻である源倫子のほかに妻がもう一人います。源明子と言っ

藤原実資とその妻・桐子の夫婦仲は?日記「小右記」は本当にあった

お笑いの「ロバート」秋山竜次が、大河ドラマ「光る君へ」で藤原実資を演じ

藤原義懐 大出世する花山天皇の叔父!ドラマとは乖離する人物像

大河ドラマ「光る君へ」で印象に残った人物として花山天皇の叔父にあたる藤

藤原公任は藤原道長よりも名門出身の御曹司!紫式部や清少納言とも交流あり

大河ドラマ「光る君へ」で、町田啓太が演じる藤原公任(ふじわらのきんとう

藤原道綱母 蜻蛉日記の作者は本朝三大美人の一人!道長の父・藤原兼家の妾妻

藤原道長の父である藤原兼家には、嫡妻である時姫以外にも当然の如く妻がい

→もっと見る

PAGE TOP ↑