*

足利義昭 室町幕府15代将軍の最期と嫁について!駒は側室?

麒麟がくるの登場人物の中で登場シーンが多いわりにまだここで取り上げていなかった人物ということで足利義昭を取り上げます。

足利義昭は、室町幕府の第15代将軍であります。そして、約240年続いた室町幕府最後の将軍がこの足利義昭でもあります。

大河ドラマ「麒麟がくる」では、滝藤賢一さんが演じていますね。

ドラマでは駒との関係が気になりましたが、駒は架空の人物ですので、生涯において正室を持たなかったという足利義昭の生涯やエピソードについてまとめてみました。

足利義昭の生涯について

足利義昭は、1537年12月に室町幕府第12代将軍・足利義晴の息子として誕生しました。母は、兄の足利義輝と同じ慶寿院(義晴の正室)です。

将軍家の習わしで跡継ぎ以外の子供は、仏門に入ることになっていたため、次男だった義昭も興福寺の高僧となっていました。その時は、覚慶という名前を名乗っていました。

永禄の変で、兄の義輝が殺された上に母の慶寿院も自害するという憂き目に遭います。と同時に突然、舞い込んできたのが室町幕府の将軍への道です。

永禄の変では、足利義昭も危なく殺されかけますが、幽閉されていたところを三淵藤英や細川藤孝たちに助けられて脱出に無事成功したのでした。

その後、織田信長によって上洛を果たした足利義昭は、第15代将軍として就任します。最初は良好だった義昭と信長の関係ですが、次第に二人の間に亀裂が入ります。

足利義昭は、信長と敵対する戦国大名(越前の朝倉氏や甲斐の武田氏など)に呼び掛けて信長包囲網を作ったりもしますが、上手くいかず、結局は信長により京都を追放されてしまいます。

京都から追放となった足利義昭は、備後国鞆の浦に下向となります。一応、この時点で室町幕府が滅亡されたとしているようです。

足利義昭 本能寺の変から最期まで

足利義昭は、本能寺の変で織田信長が死んだあとも実は将軍職はそのままでした。

信長の次に天下人となった豊臣秀吉との関係は良好で晩年は良い話し相手を務めたそうです。紆余曲折を経て京都に帰還した後、将軍職は辞して1万石の大名となりました。1万石とはいえ待遇はとてもよかったそうで享年61才まで悠々自適に過ごせたようです。

そういえば、秀吉が義昭の養子にしてほしいと頼み込んで断られたという逸話が有名ですね。(秀吉が新しい幕府を創立したかったため)

足利義昭は僧をしていたのに突然担ぎ出されたり流浪の身分になったりと苦労の多い一生だったとは思いますが、兄・義輝のような非業の死を迎えたわけではなく特に豊臣政権になってからは良い余生だったようなので、まだ救いようがあるのかなぁと感じます。

足利義昭の嫁は駒?

大河ドラマでは、足利義昭の関係が気になっていました。

駒が義昭の愛妾になっている的な感じに見受けられましたが、史実ではどうなのか?その前に駒は架空の人物ですので、駒のような側室がいたのか注目してみました。

まず、足利義昭には正室がいません。

将軍なのに本妻がいないなんでありえない!?そう思いましたが、足利義昭の正室は本当にいなかったのです。

将軍の御台所は、近衛家から娶ることになっていましたが、関白・近衛前久の追放など絡んでそれが叶わなかったので義昭には正室がいなかった模様。

ただ、側室は何人かいたようです。

嫡男の足利義尋を産んだのが、さこの方です。彼女は、播磨国の龍野城主だった赤松政秀の娘です。そして、織田信長の養女となっていました。

養父の信長と夫の義昭が対立した後は、槇島城の戦いを経て義尋を連れて信長の元に戻りました。その後、さこの方は再婚し、義尋は信長からみると人質でしたので僧となりました。

その他の側室たちは、小宰相局、一対局、春日局、大蔵卿局、小少将局という女性達がいたようです。

・・・で、駒に当てはまる人物はいないんですよね。

ab

スポンサーリンク

関連記事

平手政秀役は上杉祥三!織田信秀と信長に仕えた家臣で最期は切腹する

大河ドラマ「麒麟がくる」は、織田信秀が亡くなり今川に睨まれて四面楚歌の織田信長に義父である斎藤道三が

記事を読む

菊丸の正体は服部半蔵?大河ドラマ初出演の岡村隆史が忍者役

2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物の中に、架空の人物が何名かいます。 例えば、ヒロ

記事を読む

豊臣秀吉 について

豊臣秀吉 について。 「織田信長」「豊臣秀吉」「徳川家康」の天下獲り3人は、 日本人なら誰でも知

記事を読む

九条完子(豊臣完子)について

九条完子(豊臣完子)について。 大河ドラマ「江」の登場人物紹介・・・久々です。 今回、取り上

記事を読む

渋沢栄一は何した人なのか?嫁・千代以外にも妾がいて女好き!

NHKの大河ドラマ「青天を衝け」が2月14日からスタートしたわけですが、登場人物を全然紹介していなか

記事を読む

no image

平宗子(池禅尼)

大河ドラマ「平清盛」の登場人物を紹介しています。 今回登場するのは、和久井映見が演じる平宗子さんです

記事を読む

土田御前 大河ドラマで織田信長の母を演じるのは檀れい

大河ドラマ「麒麟がくる」で、帰蝶が織田家に嫁ぎました。 そのため、織田家の人物が登場するように

記事を読む

上総介広常の最期は源頼朝に裏切られる?

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で、佐藤浩市が演じる上総介広常を今回は取り上げたいと思います。 坂

記事を読む

千姫の生涯 豊臣秀頼との夫婦愛

千姫の生涯 豊臣秀頼との夫婦愛。 大河ドラマ「江」第39話で、豊臣秀頼に側室が出来て 嫡男が誕生

記事を読む

細川藤孝 明智光秀の盟友で細川ガラシャの義父!世渡り上手な文化人

前回は、異母兄の三淵藤英を取り上げたので、今回はその弟である細川藤孝を取り上げたいと思います。後の細

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

平賀朝雅の最期とは?鎌倉殿になれず畠山重忠の乱の原因にもなった人物

北条時政とりく(牧の方)の娘婿である平賀朝雅を取り上げます。大河ドラマ

藤原兼子 北条政子と関係深く後鳥羽上皇の乳母として権勢を奮う

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」から紹介する登場人物、久しぶりに朝廷から藤

和田義盛 鎌倉殿の13人のひとりで初代侍所別当!巴御前が側室なのは本当?

鎌倉幕府の十三人の合議制に連なる御家人・和田義盛(わだよしもり)とはど

北条時房 北条政子・義時の異母弟で鎌倉幕府の初代連署を務める

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の登場人物、最近は13人の御家人を紹介して

三善康信 鎌倉殿の信頼厚い幕府の初代問注所執事!子孫が職を世襲

鎌倉殿の13人という事で、本日は三善康信(みよしやすのぶ)を取り上げま

→もっと見る

PAGE TOP ↑