*

小松姫(稲姫) 本多忠勝の娘で真田信之の正室!才色兼備で男勝り?

戦国時代の姫たちの中でも人気が高い小松姫は、2023年の大河ドラマ「どうする家康」にも登場しています。ただし、稲姫という呼び名で鳴海唯が演じていました。

小松姫は、徳川家康のもとで数々の武功を挙げた徳川四天王の一人である本多忠勝の娘でありました。そして、結婚相手が真田信之(真田信幸)です。

才色兼備で夫が留守の間は城を守ったと伝わる小松姫。一体、彼女はどんな人生を歩んで行ったのでしょうか?

小松姫(稲姫) 本多忠勝の娘

小松姫は、1573年(天正元年)に本多忠勝の第一子として誕生しました。母は、忠勝の正室である於久の方説と側室・乙女の方説があります。乙女の方説が有力!

戦国時代の女性としては珍しく小松姫は、幼少時の名前が分かっています。幼少時は、於子亥(おねい)と呼ばれていました。その後、小松姫や稲姫と呼ばれるようになります。

大河ドラマ「どうする家康」で小松姫は「稲」という名前で呼ばれています。史実通りの呼び方だったようですね。ところで小松姫の由来は?

小松姫と呼ばれるようになったのは、真田信之に嫁いでからです。真田家で与えられた屋敷の庭に小さな松が植えられていたのが由来だそうです。

小松姫 真田信之の正室になる

小松姫は、1587年(天正15年)に真田昌幸の子である真田信之に正室として嫁ぎます。嫁入りした当時の年齢は、14歳でした。

一方、夫となる真田信之は1566年生まれなので小松姫より7歳上の21歳でした。すでに清音院殿という正室がいましたが、小松姫が嫁いだことにより側室に降格します。

小松姫と真田信之の結婚の背景には、徳川家康と真田昌幸による沼田の領地を巡る対立があってそれを解決させたのが家康の家臣だった本田忠勝の娘と真田昌幸の息子との縁組でした。この婚姻により真田昌幸は家康の与力大名となりました。

小松姫と真田信之の夫婦仲は良好でした。信之の子供のうち、長男である信吉以外の4人の子はすべて小松姫から生まれました。

小松姫の逸話エピソード

小松姫は、さすが本多忠勝の娘とあって様々な逸話が残されています。代表的なエピソードを紹介しておきますね。

小松姫の夫選び

小松姫は、徳川家康の養女として真田信之に嫁いだのですが、夫を選ぶ際の逸話が残されています。・・・この話の信憑性は?

徳川家康にも直接、意見を言ったといわれる小松姫ですが、はきはきとしゃべる男勝りで勝気な女性だと伝わります。そのため婿選びもそんな一面が垣間見れます。

家康が、小松姫に若い武将たちの中から相手を選ばせようとしました。小松姫は、並んで平伏せている一人ひとりの武将たちの「まげ」を掴んで顔を上げさせていきます。そして、信之の番になったところ彼は扇で小松姫の手を払いのけたのです。その対応に感心した小松姫は信之の妻になることを決めたのです。

舅から沼田を守った小松姫

天下分け目の関ケ原の合戦の際、真田家は共倒れを防ぐために信之は東軍、昌幸と信繁は西軍につきます。夫・信之が不在で沼田城は小松姫が守っていました。

その時に、孫の顔をみたいと沼田城にやってきた舅の真田昌幸が、そのまま城を奪還するのを見抜いた小松姫は、舅を城の中に一歩も入れさせませんでした。ですが、その後に別の屋敷で出迎えて孫と対面させた逸話が残っています。

その対応に真田昌幸は怒るどころか大いに褒め称えたと伝わります。

小松姫の最期

小松姫は、1620年(元和6年)に病気療養のため草津温泉に向かう途中で亡くなりました。武蔵国の鴻巣で亡くなったという説があります。享年48歳でした。

夫の真田信之は、小松姫のために上田城下に大英寺を建立しました。のちに移封された松代藩にも大英寺を移したというので亡妻への愛情が深いことが伺えますね。

ab

広告

関連記事

保科幸松(保科正之)

保科幸松(保科正之) について。 2011年の大河ドラマ「江~姫たちの戦国」が、 最終回を迎

記事を読む

no image

常盤御前の子供たち

久しぶりに平清盛の登場人物について紹介したいと思います。都の美女千人を集めた中で一番の美女だといわれ

記事を読む

朝倉義景の息子たち 溺愛した阿君丸と愛王丸!そして朝倉信景

大河ドラマ「麒麟がくる」では、2、3話前のストーリーだったかと思いますが、朝倉義景が嫡男だった阿君丸

記事を読む

鳥居忠吉 武士でありながら優れた経済感覚で徳川家康の財政面を支えた

久しぶりの更新ですが、NHK大河ドラマ「どうする家康」の登場人物から鳥居忠吉にスポットをあてて紹介し

記事を読む

北条時房 北条政子・義時の異母弟で鎌倉幕府の初代連署を務める

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の登場人物、最近は13人の御家人を紹介してきましたが、それ以外の人物・・

記事を読む

no image

祇園女御

NHK大河ドラマ「平清盛」に出てくる登場人物を紹介していきます。 トップバッターは、祇園女御です。

記事を読む

細川忠興 ガラシャ

細川忠興 ガラシャ の夫。 2011年2月13日放送の第6話「光秀の天下」に新しく登場した人物。

記事を読む

豊臣秀吉 側室②

豊臣秀吉 側室 について続きです。 天下人・豊臣秀吉の側室を何名かご紹介したいと思います。 名門

記事を読む

江 お江与

2011年のNHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」のヒロイン。 江についての生涯をご紹介していきた

記事を読む

浅井長政

浅井長政について特集です。 江の父親である浅井長政は、北近江の戦国大名でした。 浅井の読み方は、

記事を読む

ab

広告

ab

広告

藤原道長の妻 源明子は本来なら女王の身分!源倫子との格差が大きい

藤原道長には、嫡妻である源倫子のほかに妻がもう一人います。源明子と言っ

藤原実資とその妻・桐子の夫婦仲は?日記「小右記」は本当にあった

お笑いの「ロバート」秋山竜次が、大河ドラマ「光る君へ」で藤原実資を演じ

藤原義懐 大出世する花山天皇の叔父!ドラマとは乖離する人物像

大河ドラマ「光る君へ」で印象に残った人物として花山天皇の叔父にあたる藤

藤原公任は藤原道長よりも名門出身の御曹司!紫式部や清少納言とも交流あり

大河ドラマ「光る君へ」で、町田啓太が演じる藤原公任(ふじわらのきんとう

藤原道綱母 蜻蛉日記の作者は本朝三大美人の一人!道長の父・藤原兼家の妾妻

藤原道長の父である藤原兼家には、嫡妻である時姫以外にも当然の如く妻がい

→もっと見る

PAGE TOP ↑