*

藤田伝吾 本能寺の変や山崎の戦いで活躍した明智五宿老の一人

大河ドラマの印象的な登場人物を紹介するという事で、今回の記事では藤田伝吾を取り上げたいと思います。

明智光秀の母・牧がこのまま明智の屋敷に留まるとしたときに説得にあたったのが徳重聡さん演じる明智家の家臣・藤田伝吾です。

それでは、藤田伝吾の人物像を紹介していきたいと思います。

琵琶湖

藤田伝吾 明智五宿老として信頼厚き家臣

大河ドラマ「麒麟がくる」では、藤田伝吾という名前ですが、藤田行政と呼ばれることも多いです。しかし、ここでは伝吾にしておきますね。

藤田伝吾は、明智光秀の信頼が厚かったとされる明智五宿老の一人です。

ちなみに、明智五宿老は以下の5人です。

明智秀満、斎藤利三、明智光忠、藤田行政(藤田伝吾)、溝尾茂朝

藤田伝吾は、主君の明智光秀が本能寺の変を決意した時に打ち明けられた数少ない武将の一人でもあります。

明智家の家臣として活躍した藤田伝吾ですが、その素性は全く分かっていません。とても不明なことが多くどこで生まれたのかや両親などの情報も全然ないのです。wikipediaでさえも少なすぎるという・・・。

同じ光秀家臣の明智秀満や斎藤利三なんかはエピソード等々てんこ盛りなのに!

ただ、光秀の家臣になる前は、光秀のお父さんである明智光綱に仕えていた事は分かっています。なので光秀の古くからの家臣であることは間違いないでしょうね。

城

藤田伝吾 本能寺の変と山崎の戦いでの活躍

明智光秀が織田信長に仕えるようになると、藤田伝吾も出世していきます。そして、光秀が任されていた畿内の山城国にある静原山城主になります。

本能寺の変では、明智光忠や溝尾茂朝と一緒に4000の兵を率いました。

その後の藤田伝吾ですが、大和郡山城主である筒井順慶を説き伏せに行きます。

明智側は、筒井順慶と細川藤孝(細川幽斎、ガラシャの義父)が味方になってくれると思ってたら様子見をされてしまってそのまま光秀は羽柴秀吉に敗れてしまったのでした。

筒井順慶は、光秀と友人関係にあり最後の最後まで出陣を迷ったみたいですが、家を守るという事もあり光秀の家臣たちとは違うのかもしれませんね。

一応、筒井順慶は、近江まで兵を出して陣を敷いたようですが、それ以上動かなかったようです。細川藤孝の方は、家督をガラシャ夫に譲り、剃髪して幽斎となり隠居します。

結局、思うように味方を得られなかった明智軍は、山崎の戦いで惨敗しました。

藤田伝吾はこの山崎の戦いでは、明智軍の右翼隊を率いました。しかし、体の6か所を負傷してこのままでは形勢不利とみて淀の方まで退去していきます。

そして、その翌日、勝龍寺城が落ちたとの知らせに絶望して自害の道を選びました。

ab

スポンサーリンク

関連記事

一条忠頼 武田信義の嫡男で源頼朝に粛清される最期

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で少ない出番ながらも気になった登場人物がいたので、取り上げたいと思います

記事を読む

妻木熙子 明智光秀の正室で細川ガラシャの母

2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公、明智光秀の正室であり娘があの細川ガラシャである妻木熙子

記事を読む

土田御前 大河ドラマで織田信長の母を演じるのは檀れい

大河ドラマ「麒麟がくる」で、帰蝶が織田家に嫁ぎました。 そのため、織田家の人物が登場するように

記事を読む

小見の方 濃姫の母で織田信長の義母、斎藤道三との夫婦仲は?

織田信長の正室、濃姫こと帰蝶の実母である小見の方にスポットを当てます。 2020大河ドラマ「麒

記事を読む

毛利新介 今井翼が演じる織田信長の馬廻!本能寺の変で討死

ジャニーズを退社してからも順風満帆な今井翼さん! 休養明けですが、大河ドラマへの出演という事で

記事を読む

柴田勝家とお市

柴田勝家とお市 について。 2011年大河ドラマ「江」のヒロイン・江姫の母であるお市。 2度の結

記事を読む

織田信秀 ライバル・斎藤道三や息子・信長とは正反対の秩序ある武将

今日、紹介する大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物は、織田信長のお父さんである織田信秀です。 ド

記事を読む

土岐頼純 帰蝶の最初の夫で美濃国の守護大名

第2話目の大河ドラマ「麒麟がくる」も面白かったですね。今回は、最終回まで楽しく観れそうです。

記事を読む

大姥局 江の関係は?

大姥局 江の関係は? 久々に大河ドラマ「江」の登場人物の紹介です。 加賀まりこが扮する大姥局(お

記事を読む

江姫の子供たち について

江姫の子供たち について。 2011大河ドラマ「江~姫たちの戦国」のヒロイン、江姫。 徳川幕府の

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

平宗盛の最期とは?平清盛の後継者で父と正反対の性格で家族思い!

今回は、平清盛の後継者である平宗盛(たいらのむねもり)を紹介していきま

大姫 源頼朝と北条政子の娘で婚約者の源義高を亡くし心の病になる

北条義時主人公の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」ですが、大姫の婚約者である

源範頼 源頼朝の弟で源義経と比較されて凡将?最期は謀反・・・

源平合戦の最終章・・・源義経がついに平氏を追い詰めていくストーリーを大

源義経の正室 郷御前は静御前と対立!?夫と共に平泉に逃れて悲劇の最期

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では、源義経が無尽の活躍をみせて平氏がいよ

一条忠頼 武田信義の嫡男で源頼朝に粛清される最期

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で少ない出番ながらも気になった登場人物がい

→もっと見る

PAGE TOP ↑