*

足利義輝 剣豪で知られる悲運の最期を遂げる足利13代将軍!

大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物という事で、今回は室町幕府の第13代将軍・足利義輝をクローズアップしたいと思います。

大河ドラマで足利義輝を演じているのは向井理です。

ドラマでの人物像や向井理が演じているからなのかとても繊細な将軍のイメージが強いです。実際の足利義輝はどんな人物なのか興味を持ったので調べてみました。

足利義輝 生まれながらの将軍

足利義輝は、第12代将軍だった足利義晴と御台所の間に生まれた嫡男でした。なので、生まれた時から将軍になることを約束された人物でした。

足利将軍家は、当時、管領の位にいた細川晴元と対立関係にあり戦いを強いられては破れ京から近江国に逃れたりを何度も繰り返していました。そのため、幼い義輝も父親達と一緒に逃避行を何度も経験しています。

そして、義輝が11歳の頃に父から将軍の座を譲られます。父である義晴は幼い将軍の後見になります。

足利義輝が将軍に就任してからは、細川晴元にかわって勢力を拡大していた晴元の家臣・三好長慶と対立を深めてしまいます。

三好長慶との戦いで将軍家の立場はますます弱くなり京から逃れを繰り返し京の治安も安定しないままでした。

足利義輝は戦国大名同士の仲介役に徹した

大河ドラマ「麒麟がくる」の第12回放送(十兵衛の嫁)分のストーリーで、織田家と今川家の和議に足利義輝が一役買った場面がありました。

当時、戦国大名同士が争ったときに仲介役だったのが足利義輝でした。

足利義輝は、室町幕府の権威復活を目指して度々、大名同士の争いを鎮めるため尽力しました。例えば、武田晴信と上杉謙信、島津貴久と大友義鎮、毛利元就と尼子晴久、松平元康と今川氏真などです。

幕府の権威を守るためとは言え争いを鎮めたのは将軍である足利義輝の功績の一つですよね。

足利義輝の最期と辞世の句

足利義輝は、父親が将軍の頃から常に京を追われたり舞い戻ったりしていて将軍としての政治力や功績に関してはあまりないのですが、剣豪だった事はよく知られています。

その武勇伝を伝えるのは哀しいことに足利義輝の最期だったりします。

義輝の最期は、自分達の意のままとなる足利将軍を擁立するために義輝を亡き者としたい松永久通(松永久秀の息子)と三好三人衆(三好長逸・三好宗渭・岩成友通)により二条御所を襲撃されて殺害されてしまいました。いわゆる「永禄の変」です。

襲撃の際、足利義輝は自ら剣をふるって抵抗しましたが、多勢に無勢で殺害されたと言われています。

足利義輝は、当時、最高の剣豪として知られた塚原卜伝から直々に指導されるほどの腕前で、宣教師のルイス・フロイスからも大変優れた剣術者でとても勇気のある人物だったと評されています。

永禄の変では、足利義輝だけでなく義輝母で先代の御台所であった慶寿院(自害説あり)や側室で寵愛深い小侍従殿も一緒に殺害されているようです。

ちなみに足利義輝の辞世の句は「五月雨は 露か涙か 不如帰 我が名をあげよ 雲の上まで」です。

この辞世の句の意味は、「目の前の五月雨は、自分の涙なのか?ホトトギスよ、私の名前を天国まで広めてほしい」だと思われます。

足利義輝を失った将軍家は?

武家の棟梁でもある足利義輝を暗殺した事により卑怯極まりない三好三人衆は、戦国大名だけでなく一般の庶民、更には天皇家にも憤慨され大きな怒りを買うことになります。

足利義輝亡き後に将軍家を継いだのは三好三人衆が擁立しようとしていた足利義栄です。しかし、足利義栄は病気により30才前後で亡くなり足利義昭(足利義輝の同母弟)が跡を継ぎましたが結局、織田信長に滅ぼされて15代続いた足利将軍家は滅亡してしまいました。

足利義栄と同様に足利義輝も30才前後で亡くなりましたが、足利義昭は室町幕府が滅んでからも60才位まで生きられたのは幸運だったかもしれませんね。


足利義輝・義昭 天下諸侍、御主に候

ab

広告

関連記事

徳川家康について

徳川家康について エピソードをご紹介します。 お江の後の義父になる徳川家康について、色々と調べてみ

記事を読む

阿野全成 今若丸の幼少名で知られる源義経の同母兄

以前、このサイトで妻の阿波局(実衣)を取り上げた事がありますが、夫の阿野全成はまだ取り上げていなかっ

記事を読む

牧の方 りくという名前で登場する北条時政の後妻

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」ですが、今回登場する人物は宮沢りえが演じている北条時政の後妻・りく にな

記事を読む

豊臣秀長 秀吉のできる弟!秀長が長生きしていたら歴史は変わった?

大河ドラマの登場人物の中で意外な人がまだ紹介していませんでした。今回はその中の一人でもある豊臣秀長を

記事を読む

大久保忠世 どうする家康では小手伸也が演じる!徳川十六神将のひとり

今年の大河ドラマ「どうする家康」の登場人物ですが、当サイトでは家康の家臣を中心に紹介しています。

記事を読む

一条忠頼 武田信義の嫡男で源頼朝に粛清される最期

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で少ない出番ながらも気になった登場人物がいたので、取り上げたいと思います

記事を読む

於大の方 徳川家康の母で実子に対しては非常に愛情深い女性

大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物を紹介しております。 今回は、竹千代(後の徳川家康)の生母で

記事を読む

京極龍子 松の丸殿

京極龍子 松の丸殿 について。 豊臣秀吉の側室で、淀殿(茶々)の次に寵愛された京極龍子。 大河ド

記事を読む

円融天皇の愛妻は詮子・遵子ではなく最初の中宮・藤原媓子だった!?

大河ドラマ「光る君へ」に登場する人物という事で、第64代天皇である円融天皇(えんゆうてんのう)を取り

記事を読む

織田信雄 「どうする家康」では浜野謙太が演じる信長の次男!

3か月ぶりの更新となってしまいました。仕事が忙しくて大河ドラマ自体も観れていないという・・・。なので

記事を読む

ab

広告

ab

広告

藤原道長の妻 源明子は本来なら女王の身分!源倫子との格差が大きい

藤原道長には、嫡妻である源倫子のほかに妻がもう一人います。源明子と言っ

藤原実資とその妻・桐子の夫婦仲は?日記「小右記」は本当にあった

お笑いの「ロバート」秋山竜次が、大河ドラマ「光る君へ」で藤原実資を演じ

藤原義懐 大出世する花山天皇の叔父!ドラマとは乖離する人物像

大河ドラマ「光る君へ」で印象に残った人物として花山天皇の叔父にあたる藤

藤原公任は藤原道長よりも名門出身の御曹司!紫式部や清少納言とも交流あり

大河ドラマ「光る君へ」で、町田啓太が演じる藤原公任(ふじわらのきんとう

藤原道綱母 蜻蛉日記の作者は本朝三大美人の一人!道長の父・藤原兼家の妾妻

藤原道長の父である藤原兼家には、嫡妻である時姫以外にも当然の如く妻がい

→もっと見る

PAGE TOP ↑