*

藤原惟規 紫式部の弟は出来が悪い?紫式部日記から分かる姉弟の仲とは

紫式部の弟とされる藤原惟規(ふじわらののぶのり/これのぶ)を取り上げます。まだ、ドラマでは子供時代なので「太郎」と呼ばれていますね。

できる姉を持った藤原惟規なので何かと比較されるだろうなと思っていましたが、史実でもやっぱり比較されていました(汗)

ただ、全く何も出来ない人物ではなくて姉のような天才型ではなく、「今昔物語集」に和歌を残していた優れた歌人でした。惟規に関するエピソードを紹介していきますね。

藤原惟規 紫式部の弟説と兄説がある

藤原惟規は、藤原為時の長男として974年頃に誕生しました。母は、藤原為信の娘ですが、惟規が生まれてすぐに亡くなったと伝わります。惟規には同母姉が二人いてその内の一人が紫式部です。

惟規が紫式部の弟でなくて兄だという説もあるようです。しかし、「紫式部日記」や惟規に関するエピソードを読むと惟規は紫式部の弟とみるのが自然かなぁと思います。

気になるのが兄弟仲ですが・・・

「紫式部日記」には、紫式部と惟規の仲の良い様子が描かれているとの事でした。兄弟の中で比較されても意固地にならないのは姉と弟の関係かなぁと感じます。比較相手が妹や弟、もしくは兄だったら嫌だと思うかも!?(思いっきり偏見ですが・・・)

藤原惟規 紫式部と比較される

藤原惟規と紫式部の幼い頃のエピソードを一つ紹介しますね。惟規にとっては有り難くない話であります。

父の藤原為時が惟規に漢籍を教えていました。惟規は覚えが悪くなかなか上手に読むことが出来ずにいました。一方、それを傍で聞いていた姉の紫式部は、その漢籍をしっかりと暗誦してみせたのです。

父の為時は、「この子(紫式部)が男でなかったのが悔しくて残念だ」と嘆いたそうです。

このエピソードは、ドラマの場面にも出てきましたよね。紫式部がいかに天才かというのをアピールする場面でもありました。一方、比較されてしまった惟規の立場は・・・。

このようなエピソードから藤原惟規は、できない男のレッテルを貼られそうですが、決してできない男ではないのです。

藤原惟規 歌人としての才能

藤原惟規は、当時の貴族としては順調に出世していきました。文章生から少内記を務めて兵部丞と式部丞、そして六位蔵人を兼任しました。

また、惟規は歌人としても優れた和歌を残しています。「今昔物語集」の「藤原惟規和歌読被免語第五十七」には恋人を想って詠んだ歌があるようです。

藤原惟規には、斎院中将(斎院となっていた村上天皇皇女・選子内親王に仕える女房)という恋人がいて、彼女のもとに通っていた時に読んだ歌や斎院中将からの返歌が収められています。

また、ある時に惟規が名前を名乗らないで斎院中将のもとに通ったため警護に門を閉められるトラブルに遭遇しました。その時、斎院が助け舟を出してくれた歌もあります。

「かみがきは きのまろどのにあらねども なのりをせねば 人とがめけり」
(訳:斎院の住まいの神垣は、天智天皇の木の丸殿ではないはず。名乗らなかったので人に咎められてしまった)

その他、惟規が臨終の間際に詠んだ辞世の歌も斎院中将あてのものでした。これだけ想った相手でしたが、惟規には別に妻子がいたのです。妻は、藤原貞仲の娘で男子をもうけています。斎院中将は惟規の晩年の恋人だった可能性が高いですね。

藤原惟規の最期

藤原惟規は、1011年に亡くなったとされています。享年37歳ぐらい?

父の為時が越後守になったので惟規も越後国に一緒に着いて行くことになりました。しかし、道中で病気になり越後に着くと同時に亡くなってしまったようです。

その時に詠んだのが斎院中将への辞世の句になります。

「みやこにも わびしき人のあまたあれば なほこのたびは いかむとぞおもふ」
(訳:都に恋しい人がたくさんいるので生きて帰りたいと思ってます)

ab

広告

関連記事

藤原兼子 北条政子と関係深く後鳥羽上皇の乳母として権勢を奮う

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」から紹介する登場人物、久しぶりに朝廷から藤原兼子にスポットをあてていきた

記事を読む

徳川家康 正室 築山殿

徳川家康 正室 築山殿 について。 大河ドラマ「江」の2011年1月23日放送で、江に衝撃を与える

記事を読む

松平広忠は「どうする家康」の主人公・徳川家康の父!死因は病死と暗殺説があるが真相は?

大河ドラマ「どうする家康」の主人公・徳川家康の父親である松平広忠(まつだいらひろただ)を取り上げます

記事を読む

阿野全成 今若丸の幼少名で知られる源義経の同母兄

以前、このサイトで妻の阿波局(実衣)を取り上げた事がありますが、夫の阿野全成はまだ取り上げていなかっ

記事を読む

源倫子のおかげで藤原道長は出世した?子供に恵まれて長生きだった

2024年大河ドラマ「光る君へ」の第3回から登場している源倫子(みなもとのともこ)を取り上げますね。

記事を読む

no image

平明子 清盛の最初の妻

平明子さんは、あまり情報がないので とにかく探しまくりました(汗) 2012年NHK

記事を読む

初 常高院について

初 常高院について。 大河ドラマ「江~姫たちの戦国」で、水川あさみが演じる ヒロイン・江姫の姉、

記事を読む

三善康信 鎌倉殿の信頼厚い幕府の初代問注所執事!子孫が職を世襲

鎌倉殿の13人という事で、本日は三善康信(みよしやすのぶ)を取り上げます。 三善康信は、もとも

記事を読む

大河ドラマ「どうする家康」で今川義元を演じるのは野村萬斎!桶狭間の戦いでの最期とは?

松本潤主演の2023年大河ドラマ「どうする家康」が、満を期してスタートしました。 初回を見た限

記事を読む

2016年の大河ドラマの主人公 真田幸村

2016年の大河ドラマ「真田丸」が始まっていますが、主人公の真田幸村を取り上げていませんでした。

記事を読む

ab

広告

ab

広告

高階貴子 百人一首に選ばれた当代きっての女流歌人!中宮・藤原定子の生母

今回、取り上げる人物は、藤原道長の長兄・藤原道隆の奥さんである高階貴子

赤染衛門 凰稀かなめ演じる女流歌人!紫式部や和泉式部との仲は?

藤原道長の妻・源倫子に仕えていた赤染衛門を取り上げます。読み方は「あか

源倫子のおかげで藤原道長は出世した?子供に恵まれて長生きだった

2024年大河ドラマ「光る君へ」の第3回から登場している源倫子(みなも

円融天皇の愛妻は詮子・遵子ではなく最初の中宮・藤原媓子だった!?

大河ドラマ「光る君へ」に登場する人物という事で、第64代天皇である円融

藤原惟規 紫式部の弟は出来が悪い?紫式部日記から分かる姉弟の仲とは

紫式部の弟とされる藤原惟規(ふじわらののぶのり/これのぶ)を取り上げま

→もっと見る

PAGE TOP ↑