*

豊臣秀次 について

公開日: : 最終更新日:2016/02/25 大河ドラマの登場人物 , ,

豊臣秀次 について。
大河ドラマ「江」の第28話の予告編で、豊臣秀次の切腹する
場面がありました。27話で秀吉と淀殿の子、お拾(豊臣秀頼)
誕生で、秀次の立場が危うくなっていましたが・・・

秀吉が、溺愛する我が子・秀頼の立場を絶対的にするためには、
一番邪魔な存在だったのは、関白の豊臣秀次でした。
自分から関白職を譲ったのに、実子が生まれると殺すなんて。

謀反の疑いを掛けられて高野山に追放された秀次でしたが、
結局、切腹させられました。

秀次が切腹させられたのは、いろんな説があるようですが、
やっぱり秀頼誕生が一番大きかったと思います。

それは、秀次の関係するもの全てを抹殺しているからです。
有名なのは、秀次の妻子をことごとく殺しました。

先に切腹させられた秀次の首が置かれた三条河原の塚の前で
秀次の5人の遺児と正室・側室・侍女達、39名が処刑されました。
遺体は一箇所に投げ込まれて畜生塚と呼ばれた。

殺された秀次の妻子の中に有名な駒姫がいますね。
最上義光の娘で東国一の美少女と呼ばれたお姫様です。

昔の大河ドラマ「独眼竜政宗」でも駒姫が登場しています。
駒姫は、伊達政宗の従妹にあたります。

駒姫は、秀次の側室になるため向かった先の京で
長旅の疲れを癒していた。その後、すぐに秀次が切腹。
実質的は側室になっていなかったが、駒姫も殺されてしまった。
駒姫の遺体は、遺族が引き取りを願ったが聞いて貰えず
畜生塚に惨たらしく投げ込まれたそうです。

駒姫の実母は、悲しみのあまり後追い自殺しています。
父の最上義光は、この事件で関ヶ原の戦いで東軍に属す
きっかけになったという説があり、反豊臣急先鋒となった。
豊臣の寿命を縮める要因ともなったようです。

ab

広告

関連記事

豊臣秀吉の姉・ともの悲劇!秀次亡き後は日秀尼と称して仏門に入る

大河ドラマ「どうする家康」も終わりましたが、登場人物の紹介は続きます。でも今回、紹介する人物は今回ド

記事を読む

土田御前 大河ドラマで織田信長の母を演じるのは檀れい

大河ドラマ「麒麟がくる」で、帰蝶が織田家に嫁ぎました。 そのため、織田家の人物が登場するように

記事を読む

鳥居元忠 伏見城の戦いで壮絶な最期!徳川家康の忠臣で子孫も恩恵を受ける

大河ドラマ「どうする家康」で、鳥居元忠を演じるのは音尾琢真さんです。家康の数多くいる忠臣の中でも忠義

記事を読む

天崇院 勝姫

江姫と徳川秀忠の間に生まれた子供で、三女の勝姫を取り上げます。勝姫はひじょ~に気の強い女性だったとい

記事を読む

no image

平明子 清盛の最初の妻

平明子さんは、あまり情報がないので とにかく探しまくりました(汗) 2012年NHK

記事を読む

大姫 源頼朝と北条政子の娘で婚約者の源義高を亡くし心の病になる

北条義時主人公の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」ですが、大姫の婚約者である源義高が殺害されてしまいました

記事を読む

豊臣秀吉 側室②

豊臣秀吉 側室 について続きです。 天下人・豊臣秀吉の側室を何名かご紹介したいと思います。 名門

記事を読む

姫の前 北条義時の正室・比奈は後に離縁して源具親と再婚する

女優の堀田真由演じる比奈が、大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に先週初登場しましたね。 比奈は、新垣

記事を読む

藤原惟規 紫式部の弟は出来が悪い?紫式部日記から分かる姉弟の仲とは

紫式部の弟とされる藤原惟規(ふじわらののぶのり/これのぶ)を取り上げます。まだ、ドラマでは子供時代な

記事を読む

小松姫(稲姫) 本多忠勝の娘で真田信之の正室!才色兼備で男勝り?

戦国時代の姫たちの中でも人気が高い小松姫は、2023年の大河ドラマ「どうする家康」にも登場しています

記事を読む

ab

広告

ab

広告

藤原道長の妻 源明子は本来なら女王の身分!源倫子との格差が大きい

藤原道長には、嫡妻である源倫子のほかに妻がもう一人います。源明子と言っ

藤原実資とその妻・桐子の夫婦仲は?日記「小右記」は本当にあった

お笑いの「ロバート」秋山竜次が、大河ドラマ「光る君へ」で藤原実資を演じ

藤原義懐 大出世する花山天皇の叔父!ドラマとは乖離する人物像

大河ドラマ「光る君へ」で印象に残った人物として花山天皇の叔父にあたる藤

藤原公任は藤原道長よりも名門出身の御曹司!紫式部や清少納言とも交流あり

大河ドラマ「光る君へ」で、町田啓太が演じる藤原公任(ふじわらのきんとう

藤原道綱母 蜻蛉日記の作者は本朝三大美人の一人!道長の父・藤原兼家の妾妻

藤原道長の父である藤原兼家には、嫡妻である時姫以外にも当然の如く妻がい

→もっと見る

PAGE TOP ↑