*

土岐頼純 帰蝶の最初の夫で美濃国の守護大名

第2話目の大河ドラマ「麒麟がくる」も面白かったですね。今回は、最終回まで楽しく観れそうです。

ところで、第2回目の登場人物(と言うよりキャスト)で印象深かったのは本木雅弘演じる斎藤道三なのですが、凄みを感じたのが帰蝶の夫である土岐頼純を毒殺するあの場面です。

土岐頼純を演じた役者は知らない人だったので調べてみたら矢野聖人さんでした。あの場面がとても良かったのは矢野聖人の演技も素晴らしかったからですね。

土岐頼純を演じる役者は矢野聖人

矢野聖人は、28才でホリプロ所属の俳優さん。

10代の頃はジャニーズ事務所に在籍していた時もあったそうです。

2010年に蜷川幸雄の「身毒丸」の主役オーディションで見事グランプリを獲得して俳優デビューした模様。ドラマや映画出演は多いようですが、主要キャストではないのであまり注目される事はなかったのかも。

大河ドラマも毒殺されてしまったので出番はもうないですが、今後良いオファーが来ると思うので楽しみですね。

土岐頼純の生涯について

それでは、矢野聖人が演じた土岐頼純の生涯について紹介したいと思います。

あまり知られていないのですが、土岐頼純は帰蝶こと濃姫の最初の夫なんですね。と言うより濃姫は織田信長に嫁ぐ前に一度、結婚していた事を知らない方が多そうですよね。私も知らなかったです。

そして、大河ドラマの土岐頼純は、最期に義父である斎藤道三に毒殺されるわけですが、史実では、24才で急死したとあります。死因がはっきりしているわけではないのですが、斎藤道三に殺害されても不思議ではない不自然さだったようです。

土岐頼純は、美濃国の守護大名である土岐氏の生まれです。

頼純のお父さんである土岐頼武は、本来、守護大名に就くはずでしたが、弟の土岐頼芸が家督を継ごうとしていました。これは、二人の兄弟の父・土岐政房が嫡男を差し置いて弟に家督を継がせたいためであり、当然ながらこの兄弟は争う事になりました。

兄妹の争いは、弟の土岐頼芸が勝利して兄の土岐頼武は逃亡します。

しかし、兄弟の父である土岐政房が亡くなり結局は土岐頼武が家督相続の正当性を主張して美濃国の守護大名になります。

それもつかの間・・・しぶとい(!)土岐頼芸が、やっぱり家督の座は俺のモノだと戦いを仕掛けてきます。土岐頼芸は「麒麟がくる」でも尾美としのりが演じていてこの人物も中々の曲者で楽しみです♪

結局、土岐頼芸が勝利して兄の土岐頼武は表舞台から消えてしまいます。頼武は、病気で49才で亡くなったと伝わります。

土岐頼芸が美濃国の守護大名となったわけですが、その時、頼純はまだ赤ちゃんでした。もし頼純が成人していたらその立場はかなり危なかったでしょうね。

そして、美濃国のトップになった土岐頼芸ですが、その背後にはあのマムシこと斎藤道三がいました。

斎藤道三を警戒していた朝倉氏と六角氏は、やがて成長した頼純を担ぎ出します。二転三転するうちに、和議があったり、戦ったりと美濃は不安定でした。

その後、頼純は自分の危うい立場と美濃国奪還を目指して隣国の尾張・織田信秀(信長のお父さん)を頼ります。しかし、織田信秀は、大軍を率いて斎藤道三と戦いますが、油断したところを攻撃に遭い大敗してしまいます。これが第2話目で明智光秀が活躍したあの戦いです。

その2年後に今度は頼純と敵対していた土岐頼芸(+斎藤道三)の間で和議が成立しました。この和議は、朝倉氏と織田氏と六角氏の仲介があったそうです。

和議の条件は、頼芸が隠居して頼純が美濃国の新しい守護大名となること。そして、頼純が斎藤道三の娘・帰蝶を正室に迎えることでした。

ドラマでは、すでに帰蝶が嫁入りしていましたが、あの時点ではまだ嫁入りはしていなかったようですね。

それと、私的には戦いに敗れた頼純の方が和議で有利な条件なのがよく分からないですけど・・・。

結局はこの和議から1年経つ頃に土岐頼純は24才という若さで突然、亡くなっています。その死因は不明でしたが、明らかに邪魔になって消されたのでしょうね、道三に。

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

北条政子

有名ずきて今更な感じがしますが、今回は源頼朝の妻・北条政子を取り上げたいと思います。大河ドラマ「平清

記事を読む

no image

常盤御前の子供たち

久しぶりに平清盛の登場人物について紹介したいと思います。都の美女千人を集めた中で一番の美女だといわれ

記事を読む

足利義昭 室町幕府15代将軍の最期と嫁について!駒は側室?

麒麟がくるの登場人物の中で登場シーンが多いわりにまだここで取り上げていなかった人物ということで足利義

記事を読む

八重姫 「鎌倉殿の13人」で新垣結衣が演じる源頼朝の最初の妻

年明けから大河ドラマ「鎌倉殿の13人」がスタートして、今頃になって録画してあった第1話から見始めまし

記事を読む

豊臣秀吉 について

豊臣秀吉 について。 「織田信長」「豊臣秀吉」「徳川家康」の天下獲り3人は、 日本人なら誰でも知

記事を読む

豊臣秀吉 側室②

豊臣秀吉 側室 について続きです。 天下人・豊臣秀吉の側室を何名かご紹介したいと思います。 名門

記事を読む

no image

鳥羽上皇

大河ドラマ「平清盛」で三上博史が演じている鳥羽上皇。 奥さんの璋子さん同様、一風変わった感じで・・

記事を読む

春日局と江姫について。

春日局と江姫について。 NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国」第38回に初登場した人物。 斎藤福(

記事を読む

妻木熙子 明智光秀の正室で細川ガラシャの母

2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公、明智光秀の正室であり娘があの細川ガラシャである妻木熙子

記事を読む

天崇院 勝姫

江姫と徳川秀忠の間に生まれた子供で、三女の勝姫を取り上げます。勝姫はひじょ~に気の強い女性だったとい

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

平賀朝雅の最期とは?鎌倉殿になれず畠山重忠の乱の原因にもなった人物

北条時政とりく(牧の方)の娘婿である平賀朝雅を取り上げます。大河ドラマ

藤原兼子 北条政子と関係深く後鳥羽上皇の乳母として権勢を奮う

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」から紹介する登場人物、久しぶりに朝廷から藤

和田義盛 鎌倉殿の13人のひとりで初代侍所別当!巴御前が側室なのは本当?

鎌倉幕府の十三人の合議制に連なる御家人・和田義盛(わだよしもり)とはど

北条時房 北条政子・義時の異母弟で鎌倉幕府の初代連署を務める

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の登場人物、最近は13人の御家人を紹介して

三善康信 鎌倉殿の信頼厚い幕府の初代問注所執事!子孫が職を世襲

鎌倉殿の13人という事で、本日は三善康信(みよしやすのぶ)を取り上げま

→もっと見る

PAGE TOP ↑