*

織田信秀 ライバル・斎藤道三や息子・信長とは正反対の秩序ある武将

今日、紹介する大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物は、織田信長のお父さんである織田信秀です。

ドラマでは、高橋克典さんが演じています。意外でしたが、大河ドラマへの出演は初めてだそうです。なかなか良い味を出していますよね。

斎藤道三のライバルでもある織田信秀はどんな一生を送ったのか?

織田信秀の生涯について

織田信秀は、尾張国の勝幡城主である織田信定の嫡男として1510年に誕生しました。

信秀や信長を輩出した織田氏は、尾張国の守護代である織田氏の一族ではあったもののさらにその下の庶流で清洲三奉行の地位にありました。しかし、支配した領地が良かったこともあり交易などで財を成し勢力を拡大していきました。

18才で家督を譲られた織田信秀は、勢力拡大とともに那古野城、古渡城、末森城など次々と拠点となる城を転々としました。

国外の松平氏や今川氏などとも戦い西三河を支配していきます。

そんな信秀でしたが、ライバルが登場します。
それが美濃国の斎藤道三です。

美濃国の守護大名・土岐頼芸やその甥の土岐頼純を援護する形で斎藤道三と戦う事になります。有名なのが美濃攻めで油断してやられた「加納口の戦い」(大河ドラマの2話)などあります。

国外の敵と戦っていくうちに信秀は段々と勢いが無くなってきます。今川義元に西三河を奪還されたり離反もありで結局、斎藤道三と和睦を結びます。それが、信長と帰蝶の結婚につながります。

悪い事は重なるもので、勢いが無くなってきた織田信秀は、病にも倒れ享年42才で亡くなってしまいます。

そして、家督を継いだ信長が葬式で有名なアレをやってしまうのですね。父親の位牌に抹香を投げつけるという「うつけ」の行為です。

でも家臣など周りから大反対する中、信秀は信長を後継者としてただ一人認めていました。信秀と信長は誰よりも信頼し合って愛情があった親子関係だと思うのですがね。

ところで、織田信秀は尾張で絶大な権力を持つことになったのですが、主君である守護代や守護大名を滅ぼそうとしなかったのか疑問ですよね。

信秀のことを危ない奴だと守護代・織田氏や守護大名・斯波氏は絶対思ってるだろうし・・・。

しかし、そこの上下関係はきちんと守ったのが織田信秀でした。敵対したり争ったりもありましたが、絶対に粛清はしなかったそうです。・・・その分、信長が(汗)

下剋上を成し遂げた斎藤道三とは対極にいる感じですね。

「尾張の虎」と呼ばれた織田信秀は、秩序を守り国を守るために国外の敵と戦った武将の位置づけです。


天下人の父・織田信秀

ab

スポンサーリンク

関連記事

森蘭丸 兄弟 について

森蘭丸 兄弟 について。 織田信長の小姓で、男色の相手とも言われる森蘭丸。 男でありながら女性の

記事を読む

以仁王 木村昴が演じる後白河法皇の第三皇子!源氏に平氏打倒の令旨を促す

「ドラえもん」のジャイアン声優でおなじみの木村昴が、初の大河ドラマ出演で話題になりました。木村昴の「

記事を読む

家光の側室 お万の方

新ドラマの「大奥 誕生~有功・家光篇」が始まりましたが、映画「大奥」と同様に男女逆転のお話です。主人

記事を読む

no image

堀河局 百人一首の女流歌人

今回、取り上げるのは堀河局です。 大河ドラマ「平清盛」では、りょうが演じています。 第4話で、堀河

記事を読む

三法師 その後

三法師 その後 について。 今回、取り上げるのは、羽柴秀吉で担ぎ出された三法師こと 後の織田秀信

記事を読む

阿茶局 徳川家康の側室

阿茶局 徳川家康の側室。 大河ドラマ「江」第42話に登場した阿茶局について紹介。 阿茶局は、大坂

記事を読む

江が溺愛した徳川忠長の子供はあの松平長七郎!?

徳川家光の弟で、家光よりも出来が良く、江が溺愛したとされる徳川忠長。 最期は、家光の邪魔となり28

記事を読む

天崇院 勝姫

江姫と徳川秀忠の間に生まれた子供で、三女の勝姫を取り上げます。勝姫はひじょ~に気の強い女性だったとい

記事を読む

江姫の子供たち について

江姫の子供たち について。 2011大河ドラマ「江~姫たちの戦国」のヒロイン、江姫。 徳川幕府の

記事を読む

no image

安徳天皇の伝説

平清盛が溺愛したといわれる孫の安徳天皇について取り上げてみたいと思います。私の安徳天皇のイメージは、

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

平宗盛の最期とは?平清盛の後継者で父と正反対の性格で家族思い!

今回は、平清盛の後継者である平宗盛(たいらのむねもり)を紹介していきま

大姫 源頼朝と北条政子の娘で婚約者の源義高を亡くし心の病になる

北条義時主人公の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」ですが、大姫の婚約者である

源範頼 源頼朝の弟で源義経と比較されて凡将?最期は謀反・・・

源平合戦の最終章・・・源義経がついに平氏を追い詰めていくストーリーを大

源義経の正室 郷御前は静御前と対立!?夫と共に平泉に逃れて悲劇の最期

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では、源義経が無尽の活躍をみせて平氏がいよ

一条忠頼 武田信義の嫡男で源頼朝に粛清される最期

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で少ない出番ながらも気になった登場人物がい

→もっと見る

PAGE TOP ↑