*

織田信忠 松姫

公開日: : 最終更新日:2016/02/25 大河ドラマの登場人物 ,

織田信忠 松姫 について。
大河ドラマ「江」で、父・織田信長と同じく京の二条御所で討たれた
信長の嫡男・織田信忠についてご紹介したいと思います。

「江」では、あまり出番がなかったのですが、織田信忠と言えば
武田信玄の娘、松姫との悲恋エピソードが有名ですね。

昔のドラマで、「おんな風林火山」というのがありました。
このドラマは、松姫と織田信忠のラブストーリーでした。
松姫役は、「江」でお市の方を演じる鈴木保奈美が演じた。

織田信忠と松姫は、小さい頃の許嫁同士でした。
松姫7歳、信忠11歳で婚約したようです。

しかし、5年後に織田家と武田家が敵同士になり婚約解消になる。
それから10年後に武田家は織田家に討たれて滅亡します。
武田家を滅亡させた時の総大将が信忠という皮肉な運命。

松姫は、親戚の小さな姫たちを伴って様々な苦難を乗り越え、
落ち延びます。そんな松姫の元に織田信忠の使者がやってきます。

織田信忠は、武田家滅亡後、松姫を妻にしたいと迎えに
行かせたわけですが、不運なことに本能寺の変で信忠は、
26歳の若さで亡くなってしまいます。

松姫は、信忠に会いに行く道中で死の知らせを聞く事になります。
本能寺の変が起きた同年秋、松姫は22歳の若さで出家する事になります。
心源院に移り住み信松尼と称して武田一族、信忠の冥福を祈った。

織田信忠と松姫は、幼い頃から手紙のやりとりをしていて
絆を深めていったようですね。婚約解消後もやりとりしていたそうです。
松姫は一生独身を通し、また信忠も亡くなるまで正室を持たなかったらしい。

後一歩のところで一緒になれなかったのは、運命のいたずらか
それとも武田家の呪いか???

松姫は、2009年大河ドラマ「天地人」の菊姫(上杉景勝の正室)の
実姉ですね。武田信玄と側室・油川夫人から生まれた姉妹です。
油川夫人は、「甲州一の美女」として名高く娘達も美人だったらしい。
菊姫も才色兼備で有名でしたし、松姫もその美貌と武田ブランドを欲しがる
徳川家康にあやうく側室にさせられるところを替え玉をあてがい対処したとの
本当かわからないが、そんな逸話があるそうです。

しかし、武田信玄は美人好きなのでしょうか?
正室の三条夫人も武田勝頼の母、諏訪御料人も皆美人だったらしい。

ab

広告

関連記事

三法師 その後

三法師 その後 について。 今回、取り上げるのは、羽柴秀吉で担ぎ出された三法師こと 後の織田秀信

記事を読む

保科幸松(保科正之)

保科幸松(保科正之) について。 2011年の大河ドラマ「江~姫たちの戦国」が、 最終回を迎

記事を読む

一条忠頼 武田信義の嫡男で源頼朝に粛清される最期

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で少ない出番ながらも気になった登場人物がいたので、取り上げたいと思います

記事を読む

土田御前 大河ドラマで織田信長の母を演じるのは檀れい

大河ドラマ「麒麟がくる」で、帰蝶が織田家に嫁ぎました。 そのため、織田家の人物が登場するように

記事を読む

源範頼 源頼朝の弟で源義経と比較されて凡将?最期は謀反・・・

源平合戦の最終章・・・源義経がついに平氏を追い詰めていくストーリーを大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では

記事を読む

藤原義懐 大出世する花山天皇の叔父!ドラマとは乖離する人物像

大河ドラマ「光る君へ」で印象に残った人物として花山天皇の叔父にあたる藤原義懐(ふじわらのよしちか)を

記事を読む

土岐頼純 帰蝶の最初の夫で美濃国の守護大名

第2話目の大河ドラマ「麒麟がくる」も面白かったですね。今回は、最終回まで楽しく観れそうです。

記事を読む

明智秀満 光秀の娘婿で信頼厚き家臣!ドラマ「敵は本能寺にあり」の主人公

朝ドラもですが、大河ドラマも新型コロナウイルスの影響で放送の一時中止が決定してしまいましたね。朝ドラ

記事を読む

高階貴子 百人一首に選ばれた当代きっての女流歌人!中宮・藤原定子の生母

今回、取り上げる人物は、藤原道長の長兄・藤原道隆の奥さんである高階貴子(たかしなのたかこ)です。出世

記事を読む

真田幸村 江

真田幸村 江 に登場! 大河ドラマ「江」の登場人物の紹介、今回は真田幸村です。 戦国大名の中です

記事を読む

ab

広告

ab

広告

藤原道長の妻 源明子は本来なら女王の身分!源倫子との格差が大きい

藤原道長には、嫡妻である源倫子のほかに妻がもう一人います。源明子と言っ

藤原実資とその妻・桐子の夫婦仲は?日記「小右記」は本当にあった

お笑いの「ロバート」秋山竜次が、大河ドラマ「光る君へ」で藤原実資を演じ

藤原義懐 大出世する花山天皇の叔父!ドラマとは乖離する人物像

大河ドラマ「光る君へ」で印象に残った人物として花山天皇の叔父にあたる藤

藤原公任は藤原道長よりも名門出身の御曹司!紫式部や清少納言とも交流あり

大河ドラマ「光る君へ」で、町田啓太が演じる藤原公任(ふじわらのきんとう

藤原道綱母 蜻蛉日記の作者は本朝三大美人の一人!道長の父・藤原兼家の妾妻

藤原道長の父である藤原兼家には、嫡妻である時姫以外にも当然の如く妻がい

→もっと見る

PAGE TOP ↑