*

小見の方 濃姫の母で織田信長の義母、斎藤道三との夫婦仲は?

織田信長の正室、濃姫こと帰蝶の実母である小見の方にスポットを当てます。

2020大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物に、娘の帰蝶や義理の息子である織田信長、そして、夫である斎藤道三、ライバルであるはずの夫の側室である深芳野まで登場しますが、小見の方は演じる女優さんも発表になっていないので多分、登場しないと思われます。

小見の方は、どんな女性でどのような一生を送ったのかを調べてみました。

着物

小見の方について

小見の方は、永正10年(1513年)に美濃の明智長山城主であった明智光継の娘として生まれます。そして、明智家の出身で明智光秀の叔母にも当たります。

天文元年(1532年)に、斎藤道三に19歳で嫁いで、天文4年(1535年)22歳の時に娘の帰蝶が誕生します。

小見の方が嫁いだ時、斎藤道三は19歳上の38歳でした。すでに深芳野などの側室がいて子供もいました。

小見の方が産んだ子供は、帰蝶の他に斎藤利治がいることが分かっています。ちなみに斎藤利治は、道三の末っ子であり後に織田家に仕えて本能寺の変で討ち死にします。

その他にも小見の方が産んだ子供がいるかもしれませんが、帰蝶と斎藤利治以外ははっきりわかっていませんね。

小見の方は、天文20年(1551年)、38歳の時に肺の病気で亡くなっているとされていますが、信長方の資料で1569年に帰蝶の母に会う旨の記述があるため1551年死亡説は信憑性が薄いとされています。

小見の方については、この位の情報しかありません。

斎藤道三の正室ではありますが、エピソードを含めると側室の深芳野の方が印象深いかもしれませんね。

ただ、深芳野が斎藤道三の側室になった後に正室として迎えられたのが小見の方です。道三の最後の子を産んだのも小見の方なので、蔑ろにされた正室ではなかったと思います。

斎藤道三との夫婦仲は良かったのかどうか気になりますよね。

小見の方を演じた女優陣

1973年NHK大河ドラマ「国盗り物語」・・・山本陽子
1991年テレビ朝日「戦国乱世の暴れん坊 齋藤道三 怒涛の天下取り」・・・岩崎良美
2005年テレビ東京「国盗り物語」・・・遠野凪子
2012年テレビ朝日「濃姫」・・・藤真利子

ab

スポンサーリンク

関連記事

土岐頼純 帰蝶の最初の夫で美濃国の守護大名

第2話目の大河ドラマ「麒麟がくる」も面白かったですね。今回は、最終回まで楽しく観れそうです。

記事を読む

佐治一成 江

佐治一成 江 の最初の夫について。 江は、生涯で3度の結婚をする事になります。 戦国時代の政略結

記事を読む

no image

平宗子(池禅尼)

大河ドラマ「平清盛」の登場人物を紹介しています。 今回登場するのは、和久井映見が演じる平宗子さんです

記事を読む

江が溺愛した徳川忠長の子供はあの松平長七郎!?

徳川家光の弟で、家光よりも出来が良く、江が溺愛したとされる徳川忠長。 最期は、家光の邪魔となり28

記事を読む

江 お江与

2011年のNHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」のヒロイン。 江についての生涯をご紹介していきた

記事を読む

徳川国松(忠長)の生涯

徳川国松(忠長)の生涯 について。 江姫と徳川秀忠の次男で、徳川家光の弟である国松。 後の駿府藩

記事を読む

明智光秀の母 お牧の方は人質になり非業の最期を遂げたのは嘘!

大河ドラマ「麒麟がくる」いよいよ始まりましたね。 最初観た時、映像が鮮やかで衣装も何だか綺麗す

記事を読む

徳川将軍家 夫に冷遇された御台所

江は、徳川将軍家で唯一の次期将軍を生んだ御台所であり、夫からも大切にされた女性です。御台所の中では、

記事を読む

大野治長と大蔵卿局

大野治長と大蔵卿局 の親子を取り上げます。 大河ドラマ「江」での大野治長は、武田真治が演じています

記事を読む

明智光秀 本能寺の変

明智光秀 本能寺の変 今回、取り上げるのは明智光秀です。 主君、織田信長を裏切り本能寺の変で自害

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

於大の方 徳川家康の母で実子に対しては非常に愛情深い女性

大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物を紹介しております。 今回は、

土田御前 大河ドラマで織田信長の母を演じるのは檀れい

大河ドラマ「麒麟がくる」で、帰蝶が織田家に嫁ぎました。 そのため

土岐頼芸 鷹の絵を得意とする美濃の守護大名で斎藤道三に追放される

大河ドラマ「麒麟がくる」で、尾美としのりが演じていた土岐頼芸を取り上げ

織田信秀 ライバル・斎藤道三や息子・信長とは正反対の秩序ある武将

今日、紹介する大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物は、織田信長のお父さん

土岐頼純 帰蝶の最初の夫で美濃国の守護大名

第2話目の大河ドラマ「麒麟がくる」も面白かったですね。今回は、最終回ま

→もっと見る

PAGE TOP ↑