*

鳥居忠吉 武士でありながら優れた経済感覚で徳川家康の財政面を支えた

久しぶりの更新ですが、NHK大河ドラマ「どうする家康」の登場人物から鳥居忠吉にスポットをあてて紹介していきたいと思います。

鳥居忠吉も家康の古くからの家臣で、「どうする家康」ではイッセー尾形が演じています。

大河ドラマでは2023年も含め、数回しか登場していない人物です。1992年「信長 KING OF JIPANGU」にて滝田裕介が鳥居忠吉役をしていました。作品は見たものの残念ながら記憶には残っていません。

鳥居忠吉 徳川家康の祖父時代から仕える忠臣

鳥居忠吉は、生まれ年は不明とされています。ただし、1572年に亡くなったときの年齢が80歳前後とされている事から1492年前後の生まれと推測されています。

徳川家康が1543年生まれなので、約50才ほど年上となる鳥居忠吉は家康にとって家臣でありながら「爺や」的存在だった事でしょう。

鳥居忠吉は、三河国(今の愛知県岡崎市)にある渡城の城主・鳥居忠明の子として誕生しました。この一族は、もともと松平氏の家臣であり忠吉も家康の祖父である松平清康から広忠、家康と三代に渡って仕えています。

鳥居忠吉 徳川家康の厳しい財政を助ける

鳥居忠吉は、はじめ家康の祖父である松平清康に仕えていましたが、清康が亡くなると松平氏は今川氏の傘下に入りました。

そして、1549年に清康の子である広忠も亡くなると幼い主君の家康(当時は松平竹千代)が駿府で人質生活を送る事になります。

松平氏の居城である岡崎城の統治を担っていたのが鳥居忠吉でした。岡崎城は今川氏に管理されることになるのですが、忠吉は家康の帰還に備えて蓄財に励みます。

武士をしながらも川の水運を利用した船や馬などの商売も同時に行っていて、今川氏からの厳しい取り立ての中でもコツコツと富を蓄えていたとされます。

水運事業で財を成した上に倹約家でもあった鳥居忠吉は、家康が経済的危機に陥ったときに助けたとされ家康からとても感謝されたと伝わります。

それは、家康が桶狭間の戦いをきっかけに今川家からの独立を試みた際、財政面でバックアップした忠吉の功績はとにかく大きかったと思われます。徳川家康が天下を統一するための最初の足掛かりになったとも考えられますね。

鳥居忠吉 徳川家康の家臣となり戦でも功績を残す

鳥居忠吉は、財政面で主君・徳川家康を支えた一方で、戦でも功績を残しています。

今川氏の傘下にある時には武士として安祥城の侵攻にも参戦しており、織田信長の兄である織田信広を生け捕りにしたこともあります。

ただ、家康は生涯で数多くの合戦に参加していますが、岡崎城に帰還した時に忠吉はすでに老齢であったので、岡崎城の留守を守る役目を担っていました。

鳥居忠吉の最期とは?

鳥居忠吉の晩年は、岡崎城の留守を守って過ごしました。そして、1572年に80歳前後で亡くなったとされています。当時としてはかなり長命です。いや現代でも長生きです。

戦国時代を生きた武将として天寿を全う出来たのですから幸せな一生だったのではないでしょうか?

鳥居家の家督は、三男の鳥居元忠が継ぎました。忠吉の長男は戦死、次男は出家していたためです。鳥居元忠も徳川家康の忠臣として名高い武将でしたね。

ab

広告

関連記事

江姫の子供たち について

江姫の子供たち について。 2011大河ドラマ「江~姫たちの戦国」のヒロイン、江姫。 徳川幕府の

記事を読む

おね 秀吉の正室

大河ドラマ「江~姫たちの戦国」第3話では、織田信長の計らいで 江は、羽柴秀吉の妻である【おね】と対

記事を読む

お市の方

今回、取り上げるのはヒロインの江の母である、お市の方です。 お市の方は、「戦国一の美女」など美貌に

記事を読む

榊原康政 徳川家康のお気に入りで豊臣秀吉を怒らせた徳川四天王のひとり

徳川家康の家臣であった榊原康政は、大河ドラマに何度も登場している人物です。 今年の大河ドラマ「

記事を読む

朝倉義景の息子たち 溺愛した阿君丸と愛王丸!そして朝倉信景

大河ドラマ「麒麟がくる」では、2、3話前のストーリーだったかと思いますが、朝倉義景が嫡男だった阿君丸

記事を読む

円融天皇の愛妻は詮子・遵子ではなく最初の中宮・藤原媓子だった!?

大河ドラマ「光る君へ」に登場する人物という事で、第64代天皇である円融天皇(えんゆうてんのう)を取り

記事を読む

大姫 源頼朝と北条政子の娘で婚約者の源義高を亡くし心の病になる

北条義時主人公の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」ですが、大姫の婚約者である源義高が殺害されてしまいました

記事を読む

no image

平宗子(池禅尼)

大河ドラマ「平清盛」の登場人物を紹介しています。 今回登場するのは、和久井映見が演じる平宗子さんです

記事を読む

酒井忠次 徳川四天王の筆頭で家康の叔父!海老すくいが得意で盛り上げ上手?

今回は、徳川四天王の筆頭であり徳川家康の第一の家臣と言われる酒井忠次(さかいただつぐ)にスポットを当

記事を読む

上総介広常の最期は源頼朝に裏切られる?

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で、佐藤浩市が演じる上総介広常を今回は取り上げたいと思います。 坂

記事を読む

ab

広告

ab

広告

藤原定子 夫・一条天皇に寵愛されたが実家の没落に見舞われた悲運の皇后

母の高階貴子や清少納言は取り上げたのですが、肝心の藤原定子を取り上げて

藤原宣孝 紫式部の夫で歳の差20歳以上?結婚生活は約3年で死別する

紫式部は、源氏物語という名作を世に出しましたが、当の本人は清少納言や和

清少納言と紫式部は犬猿の仲!?2度の結婚と藤原定子への宮仕え

紫式部のライバルとして名高い清少納言を取り上げます。 大河ドラマ

藤原道長の妻 源明子は本来なら女王の身分!源倫子との格差が大きい

藤原道長には、嫡妻である源倫子のほかに妻がもう一人います。源明子と言っ

藤原実資とその妻・桐子の夫婦仲は?日記「小右記」は本当にあった

お笑いの「ロバート」秋山竜次が、大河ドラマ「光る君へ」で藤原実資を演じ

→もっと見る

PAGE TOP ↑