*

榊原康政 徳川家康のお気に入りで豊臣秀吉を怒らせた徳川四天王のひとり

徳川家康の家臣であった榊原康政は、大河ドラマに何度も登場している人物です。

今年の大河ドラマ「どうする家康」での榊原康政役は、杉野遥亮が演じています。同様に大河ドラマ「おんな城主 直虎」では尾美としのりが演じていて、「軍師官兵衛」と「天地人」ではそれぞれ中村育二と川野太郎が演じています。

その他、榊原康政を扱った作品として、「榊原康政―家康を支えた知勇兼備の武将」や「徳川四天王榊原康政」で詳しく解説されています。

それでは、徳川四天王・徳川十六神将・徳川三傑に数えられている榊原康政という武将の一生を簡潔にまとめてみましたのでご紹介したいと思います。

榊原康政のプロフィール

榊原康政は、詳細な生誕時を記す資料が残されていません。ただ、天文17年(1548年)生まれだという事がわかっています。

その代わり死没日だけは詳細が分かっていて慶長3年5月14日(1606年6月19日)に亡くなったとされています。なので60才前に亡くなったという事になりますね。

榊原康政は、三河国上野郷(現在の愛知県豊田市上郷町)で榊原長政の次男として誕生したとされています。

榊原家は、承久の乱の功績で三河国の守護に任じられた足利家3代目当主である足利義氏の流れを汲む三河仁木氏の一族でしたが、伊勢国一志郡榊原に移り住んだ時期に榊原と改称したとされています。

榊原康政の系統としては、松平氏譜代家臣の酒井忠尚に使える陪臣の家柄でしたが、家康に見出された事により小姓から徳川四天王の一人に数えられる存在になりました。

ちなみに榊原康政は、13歳の時に徳川家康が一目で気に入って小姓にするほど容姿端麗な少年であったとされています。

榊原康政 徳川家康に気に入られる

榊原康政の初陣は15才の時で、永禄6年(1563年)から翌年にかけて約半年間行われたとされる三河一向一揆になります。

徳川家康がまだ松平氏だった頃の松平氏の家臣は、その多くが一向宗の門徒でした。そのため一向宗側につく家中も多くいる中で、榊原康政は松平氏側について鎮圧に加わりました。

三河一向一揆の戦いの後、榊原康政は家康から「康」の字を貰ったと伝わっています。

それまでは、軽くみられがちだった康政でしたが、この出来事により家康の側近として地位を確立しました。元服時には旗本先手役にも抜擢されています。

その後も徳川家康に付き従い、元亀元年(1570年)の姉川の戦いや元亀3年(1573年)の三方ヶ原の戦いなどで活躍しました。他にも天正3年(1575年)の長篠の戦い、天正10年(1582年)の伊賀越えに付き添ったとされています。また、天正18年(1590年)の小田原征伐や慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いにも参戦しました。

榊原康政 豊臣秀吉を怒らせる

榊原康政は、豊臣秀吉を本気で怒らせて打ち首の危機に陥ったことがあります。

小牧・長久手の戦いにおいて、織田家を乗っ取ろうとした豊臣秀吉に対して檄文(自分の意見を書いて周りを扇動する文)を書き、豊臣秀吉を挑発します。

挑発に乗った豊臣秀吉は、榊原康政の首に10万石をかけました。

その後、徳川家康と秀吉が和平する際、榊原康政は最初の使者として秀吉から指名されます。殺される覚悟で秀吉に会った榊原康政でしたが、秀吉は赦免しました。しかも秀吉は康政の志を褒めて家康が羨ましいと語り官位を与えて祝宴まで開いたそうです。

秀吉にも気に入られた榊原康政は、家康と妹・朝日姫の結納係にもなりました。

榊原康政の最期とは?

榊原康政の晩年は、関ヶ原の戦いに遅く到着してしまった徳川秀忠を傍で支えていた事もあり徳川家康と徳川秀忠の関係修復に尽力していました。

そして、本多正信や大久保忠隣などの老中との対立を避けて上野国館林城で隠居生活に入っていました。

榊原康政は、慶長11年(1606年)に毛嚢炎を患い、59歳で亡くなりました。毛嚢炎は、刺し傷や引っ掻き傷から侵入した黄色ブドウ球菌が引き起こす細菌感染症です。

関ヶ原の戦いで恩があった徳川秀忠は、病に臥せっていた榊原康政に医師や家臣を遣わせたと伝わっています。

ab

広告

関連記事

織田信雄 「どうする家康」では浜野謙太が演じる信長の次男!

3か月ぶりの更新となってしまいました。仕事が忙しくて大河ドラマ自体も観れていないという・・・。なので

記事を読む

徳川吉宗 大奥

先日、テレビで初放映された大奥男女逆転の映画観ました。 結構、面白かったです。 それで江とは血が

記事を読む

水野信元 清洲同盟の立役者だが最期は甥の徳川家康に処刑される運命!

徳川家康主人公の2023大河ドラマ「どうする家康」から登場人物を紹介しています。家臣の紹介が多かった

記事を読む

豊臣秀吉の妹 旭姫は夫と離縁させられて徳川家康の正室になる

大河ドラマ「どうする家康」の放送もあと残り2回ですかね?最終回は確か12月17日でしたね。みだ見てい

記事を読む

千姫の生涯 豊臣秀頼との夫婦愛

千姫の生涯 豊臣秀頼との夫婦愛。 大河ドラマ「江」第39話で、豊臣秀頼に側室が出来て 嫡男が誕生

記事を読む

藤原道兼 七日関白と呼ばれた藤原道長の兄!大河ドラマ「光る君へ」の悪役

NHK大河ドラマ「光る君へ」の初回放送で、ある意味強烈なインパクトを残した藤原道兼(ふじわらのみちか

記事を読む

江が溺愛した徳川忠長の子供はあの松平長七郎!?

徳川家光の弟で、家光よりも出来が良く、江が溺愛したとされる徳川忠長。 最期は、家光の邪魔となり28

記事を読む

西郡の局 徳川家康の娶ったはじめての側室で督姫の母

徳川家康のはじめての側室と伝わる西郡の局(にしのこおりのつぼね)は、大河ドラマ「どうする家康」で北香

記事を読む

静御前 源義経の愛妾!しづやしづの舞を披露した白拍子

先日、源義経の正室である郷御前(「鎌倉殿の13人」では里)を取り上げましたので、もう一人の妻である静

記事を読む

姫の前 北条義時の正室・比奈は後に離縁して源具親と再婚する

女優の堀田真由演じる比奈が、大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に先週初登場しましたね。 比奈は、新垣

記事を読む

ab

広告

ab

広告

藤原道長の妻 源明子は本来なら女王の身分!源倫子との格差が大きい

藤原道長には、嫡妻である源倫子のほかに妻がもう一人います。源明子と言っ

藤原実資とその妻・桐子の夫婦仲は?日記「小右記」は本当にあった

お笑いの「ロバート」秋山竜次が、大河ドラマ「光る君へ」で藤原実資を演じ

藤原義懐 大出世する花山天皇の叔父!ドラマとは乖離する人物像

大河ドラマ「光る君へ」で印象に残った人物として花山天皇の叔父にあたる藤

藤原公任は藤原道長よりも名門出身の御曹司!紫式部や清少納言とも交流あり

大河ドラマ「光る君へ」で、町田啓太が演じる藤原公任(ふじわらのきんとう

藤原道綱母 蜻蛉日記の作者は本朝三大美人の一人!道長の父・藤原兼家の妾妻

藤原道長の父である藤原兼家には、嫡妻である時姫以外にも当然の如く妻がい

→もっと見る

PAGE TOP ↑