*

三法師 その後

公開日: : 最終更新日:2016/02/25 大河ドラマの登場人物 , , ,

三法師 その後 について。
今回、取り上げるのは、羽柴秀吉で担ぎ出された三法師こと
後の織田秀信についてです。その後、どんな人生を歩んだのか?

三法師は、織田信長の孫であり織田信忠の長男です。
母は、塩川長満の娘、森可成の娘、又は武田信玄の娘・松姫と
言われていますが、はっきりしていないようです。

織田信忠は正室がいなかったので、三法師は庶子扱いでしたが、
羽柴秀吉に担ぎ出されてうまい具合に後継者となったわけです。
織田家の後継者には、信長の次男・信雄と三男・信孝がいました。
秀吉は、まだ幼い三法師を擁立して権力を掴んでいくわけです。

戦国武将死に様列伝三法師

羽柴秀吉が権力を握って織田家が衰退していく原因には、
後継者たちが皆、凡庸だった事も挙げられるようです。
織田信長は、嫡男の信忠のみ後継者としての英才教育をして
その他の子供たちは、待遇が違ったり早くから養子に出したりした。
信長自身が、家督を継ぐ時に苦労したのでそうさせたのですが、
本能寺の変で、信長と信忠が一緒に亡くなった事で、衰退の道へ。

そして、肝心の三法師のその後。
何となく天下人となった秀吉にとって三法師は邪魔になる存在に
感じますが、秀吉は三法師を可愛がり13万石を与え大名に据えました。
これは、三法師自身が天下獲りに興味がなかったようなので、
粛清されずに済みました。信長三男の信孝は、野心をもっていたため
結局、秀吉を恨んだまま自害することになりました。
「昔より 主を討つ身の 野間なれば 報いを待てや 羽柴筑前」という
有名な辞世の句を残しています。

秀吉が亡くなり、関が原の合戦が始まると織田秀信(三法師)は、
西軍につきます。豊臣側についたのですね。
しかし、西軍は負けて徳川家康は、織田秀信に切腹を命じますが、
何とか切腹せずに済み、領地没収、高野山に送られて間もなく病死した。
享年26歳なので父の織田信忠と同じく短命でした。

徹底図解 織田信長―天下取りを目前にして消えた戦国随一の武将三法師

ab

スポンサーリンク

関連記事

no image

堀河局と佐藤義清

待賢門院の侍女である堀河局と待賢門院に想いを寄せる佐藤義清。 第6回放送では、堀河局と佐藤義清が

記事を読む

江が溺愛した徳川忠長の子供はあの松平長七郎!?

徳川家光の弟で、家光よりも出来が良く、江が溺愛したとされる徳川忠長。 最期は、家光の邪魔となり28

記事を読む

千姫の生涯 豊臣秀頼との夫婦愛

千姫の生涯 豊臣秀頼との夫婦愛。 大河ドラマ「江」第39話で、豊臣秀頼に側室が出来て 嫡男が誕生

記事を読む

明智秀満 光秀の娘婿で信頼厚き家臣!ドラマ「敵は本能寺にあり」の主人公

朝ドラもですが、大河ドラマも新型コロナウイルスの影響で放送の一時中止が決定してしまいましたね。朝ドラ

記事を読む

織田信長の男色

江に関係する人物という事で、今回は織田信長について書いてみたいと思います。とは言ったものの織田信長は

記事を読む

妻木熙子 明智光秀の正室で細川ガラシャの母

2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公、明智光秀の正室であり娘があの細川ガラシャである妻木熙子

記事を読む

足利義輝 剣豪で知られる悲運の最期を遂げる足利13代将軍!

大河ドラマ「麒麟がくる」の登場人物という事で、今回は室町幕府の第13代将軍・足利義輝をクローズアップ

記事を読む

織田信光 甥の織田信長の味方で清洲城で織田信友を討つ

織田信長の叔父さんに当たる織田信光をそういえば、まだ取り上げていなかったなぁ~と思い、今回は彼を取り

記事を読む

明智光秀 本能寺の変

明智光秀 本能寺の変 今回、取り上げるのは明智光秀です。 主君、織田信長を裏切り本能寺の変で自害

記事を読む

お市の方

今回、取り上げるのはヒロインの江の母である、お市の方です。 お市の方は、「戦国一の美女」など美貌に

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

明智光秀の娘 長女・岸の2度の結婚と最期について

大河ドラマ「麒麟がくる」ですが、本能寺の変まであと5年なんですね。とい

正親町天皇 坂東玉三郎が演じる美しい帝と弟・覚恕との仲

坂東玉三郎が演じている第106代天皇の正親町天皇について調べてみました

朝倉義景の息子たち 溺愛した阿君丸と愛王丸!そして朝倉信景

大河ドラマ「麒麟がくる」では、2、3話前のストーリーだったかと思います

摂津晴門 片岡鶴太郎が演じるインパクトある悪役は本当に悪い人?

久しぶりの更新になります。ここ2か月ほど、忙しくて大河ドラマを観る暇が

大河ドラマ「秀吉」の感想と視聴率!竹中直人と沢口靖子が夫婦役

麒麟がくる休止中に放送された過去の大河ドラマという事で、この間の日曜日

→もっと見る

PAGE TOP ↑