*

三法師 その後

公開日: : 最終更新日:2016/02/25 大河ドラマの登場人物 , , ,

三法師 その後 について。
今回、取り上げるのは、羽柴秀吉で担ぎ出された三法師こと
後の織田秀信についてです。その後、どんな人生を歩んだのか?

三法師は、織田信長の孫であり織田信忠の長男です。
母は、塩川長満の娘、森可成の娘、又は武田信玄の娘・松姫と
言われていますが、はっきりしていないようです。

織田信忠は正室がいなかったので、三法師は庶子扱いでしたが、
羽柴秀吉に担ぎ出されてうまい具合に後継者となったわけです。
織田家の後継者には、信長の次男・信雄と三男・信孝がいました。
秀吉は、まだ幼い三法師を擁立して権力を掴んでいくわけです。

戦国武将死に様列伝三法師

羽柴秀吉が権力を握って織田家が衰退していく原因には、
後継者たちが皆、凡庸だった事も挙げられるようです。
織田信長は、嫡男の信忠のみ後継者としての英才教育をして
その他の子供たちは、待遇が違ったり早くから養子に出したりした。
信長自身が、家督を継ぐ時に苦労したのでそうさせたのですが、
本能寺の変で、信長と信忠が一緒に亡くなった事で、衰退の道へ。

そして、肝心の三法師のその後。
何となく天下人となった秀吉にとって三法師は邪魔になる存在に
感じますが、秀吉は三法師を可愛がり13万石を与え大名に据えました。
これは、三法師自身が天下獲りに興味がなかったようなので、
粛清されずに済みました。信長三男の信孝は、野心をもっていたため
結局、秀吉を恨んだまま自害することになりました。
「昔より 主を討つ身の 野間なれば 報いを待てや 羽柴筑前」という
有名な辞世の句を残しています。

秀吉が亡くなり、関が原の合戦が始まると織田秀信(三法師)は、
西軍につきます。豊臣側についたのですね。
しかし、西軍は負けて徳川家康は、織田秀信に切腹を命じますが、
何とか切腹せずに済み、領地没収、高野山に送られて間もなく病死した。
享年26歳なので父の織田信忠と同じく短命でした。

徹底図解 織田信長―天下取りを目前にして消えた戦国随一の武将三法師

ab

スポンサーリンク

関連記事

江 お江与

2011年のNHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」のヒロイン。 江についての生涯をご紹介していきた

記事を読む

no image

堀河局と佐藤義清

待賢門院の侍女である堀河局と待賢門院に想いを寄せる佐藤義清。 第6回放送では、堀河局と佐藤義清が

記事を読む

源義経の正室 郷御前は静御前と対立!?夫と共に平泉に逃れて悲劇の最期

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では、源義経が無尽の活躍をみせて平氏がいよいよ追い込まれていきます。

記事を読む

no image

堀河局 百人一首の女流歌人

今回、取り上げるのは堀河局です。 大河ドラマ「平清盛」では、りょうが演じています。 第4話で、堀河

記事を読む

斎藤義龍 父の斎藤道三と長良川の戦いで勝利!父殺しの汚名とともに

大河ドラマ「麒麟がくる」、明日(2020年5月10日)放送は「長良川の対決」です。 いよいよ美

記事を読む

大奥で権力を握った「右衛門佐」

電撃結婚して驚いた菅野美穂と堺雅人が主演した話題の映画「大奥~永遠~ 」から右衛門佐(映画では、堺雅

記事を読む

no image

藤原頼長

藤原摂関家の超エリート! 武士(平清盛)の台頭を必死で抵抗した男!! 藤原頼長は、以前「歴史秘話

記事を読む

おね 秀吉の正室

大河ドラマ「江~姫たちの戦国」第3話では、織田信長の計らいで 江は、羽柴秀吉の妻である【おね】と対

記事を読む

徳川 和姫

徳川 和姫 について。 大河ドラマ「江」のヒロイン、江姫と徳川秀忠の間に 生まれた末っ子の姫が、

記事を読む

no image

統子内親王(むねこないしんのう)

久々に朝廷側の人物を取り上げたいと思います。 統子内親王(上西門院)という女性で、大河ドラマ「平清

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

石川数正の出奔の原因となる説とは?長野県・松本城の築城について

2023年の大河ドラマ「どうする家康」で、俳優の松重豊が演じている石川

徳川美術館や名古屋城や熱田神宮の見どころは?名古屋の観光名所への行き方

前回の愛知県岡崎市の観光地(岡崎城やなど大樹寺など)に引き続きNHK大

岡崎城、八丁味噌の郷、大樹寺への行き方とそれぞれの見どころ

いつも大河ドラマの登場人物ばかりを紹介してきましたが、今回は久しぶりに

早川殿 今川氏真の正室で大河ドラマ「どうする家康」では糸という名前!

昨日取り上げた今川氏真に続いて、その妻である早川殿を取り上げたいと思い

今川氏真 徳川家康との関係やその子孫について!最期はどうなる?

大河ドラマ「どうする家康」で、溝端淳平が演じているのが今川氏真(いまが

→もっと見る

PAGE TOP ↑