*

藤原道兼 七日関白と呼ばれた藤原道長の兄!大河ドラマ「光る君へ」の悪役

NHK大河ドラマ「光る君へ」の初回放送で、ある意味強烈なインパクトを残した藤原道兼(ふじわらのみちかね)を取り上げていきます。

「光る君へ」では、玉置玲央が演じていますね。本人もSNSで「玉置玲央や藤原道兼を嫌いになっても光る君へは嫌いにならないで」と呼び掛けています(笑)

「光る君へ」での藤原道兼役は、大奥での役柄とは全く逆の印象で演技の幅が広い役者さんですね。ちなみに、元乃木坂メンバー 若月佑美の旦那さんでもあります。

藤原道兼とは?

藤原道兼は、藤原北家の摂政及び関白に上り詰めた藤原兼家の三男になります。(嫡子としては次男) 同母兄に藤原道隆、同母妹に藤原詮子、同母弟に藤原道長がいます。

藤原道兼の父・兼家は、娘の詮子が生んだ懐仁親王(一条天皇)を早く即位させたくて花山天皇が邪魔でした。そのため藤原兼家が、花山天皇を騙して出家させてしまいます。その手口というのが結構、汚くて・・・。

藤原道兼が花山天皇を騙した!?

花山天皇は、寵愛深かった藤原忯子を亡くしたことで情緒不安定になっていました。そこに目をつけた藤原道兼は、天皇に出家を勧めました。その際に、道兼自身も一緒に出家すると約束したので、天皇は承諾しました。

しかし、道兼は出家する前に父に会ってくると言い残したまま元慶寺で剃髪まで済ませた天皇のもとに戻ることはありませんでした。

花山天皇が騙されたと気付いた時には既に遅し。一条天皇即位の準備がすでに出来上がっていたのでした。この一連の出来事を「寛和の変」と言います。

花山天皇も気の毒ですが、簡単に騙される方もどうかと思います(汗)

藤原道兼 七日関白になるまで

一条天皇が即位すると祖父にあたる藤原兼家は、摂政になります。その息子たちも順調に出世しますが、兼家亡き後に関白の座を引き継いだのは長兄の藤原道隆でした。

藤原道兼は、自分が一条天皇を即位させるのに一役買ったのに関白を兄に持っていかれたことに憤慨しました。でもやがて巡ってくるのですよ、関白職が!

その4年後、道隆が病になり亡くなったことで念願の関白に就いた道兼でしたが、数日後に今度は自分が病になり亡くなりました。享年35歳という若さでした。関白宣下を受けてから約10日ぐらいに死去したので彼を「七日関白」と呼びます。

藤原道兼の人物評

史実の藤原道兼は、ドラマの描かれ方と同様に酷い評価となっています。

「大鏡」「栄花物語」での藤原道兼は、顔色が悪くて毛深く醜い上に性格も冷たく意地が悪いという人物評でした。容姿も性格も悪いって事ですかね?酷い・・・。

ただ、ドラマのように紫式部の母を感情の赴くまま殺害するといった乱暴な面は史実で確認することは出来ません。どちらかというと、道兼の嫡子・兼隆にそのような気質があった模様です。

藤原兼隆は、「小右記」に厩舎人を殴り殺すのを命じたという文章が載っているそうです。また、自分の家の下女が右大臣家の下女と喧嘩した際、相手側の下女の家を襲撃したという話も残されているそうです。藤原兼隆のすぐにキレるところはドラマ上の藤原道兼に反映しているのかもしれませんね。

ab

広告

関連記事

小見の方 濃姫の母で織田信長の義母、斎藤道三との夫婦仲は?

織田信長の正室、濃姫こと帰蝶の実母である小見の方にスポットを当てます。 2020大河ドラマ「麒

記事を読む

柴田勝家とお市

柴田勝家とお市 について。 2011年大河ドラマ「江」のヒロイン・江姫の母であるお市。 2度の結

記事を読む

藤原義懐 大出世する花山天皇の叔父!ドラマとは乖離する人物像

大河ドラマ「光る君へ」で印象に残った人物として花山天皇の叔父にあたる藤原義懐(ふじわらのよしちか)を

記事を読む

豊臣秀吉の妹 旭姫は夫と離縁させられて徳川家康の正室になる

大河ドラマ「どうする家康」の放送もあと残り2回ですかね?最終回は確か12月17日でしたね。みだ見てい

記事を読む

足立遠元 13人の一人であり安達盛長とは年齢逆転した甥と叔父の関係

鎌倉殿の13人(鎌倉幕府、13人の合議制)を紹介という事で、今回取り上げますのは足立遠元(あだちとお

記事を読む

藤原兼子 北条政子と関係深く後鳥羽上皇の乳母として権勢を奮う

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」から紹介する登場人物、久しぶりに朝廷から藤原兼子にスポットをあてていきた

記事を読む

土岐頼芸 鷹の絵を得意とする美濃の守護大名で斎藤道三に追放される

大河ドラマ「麒麟がくる」で、尾美としのりが演じていた土岐頼芸を取り上げます。 今年の大河ドラマ

記事を読む

藤原道長の妻 源明子は本来なら女王の身分!源倫子との格差が大きい

藤原道長には、嫡妻である源倫子のほかに妻がもう一人います。源明子と言って大河ドラマ「光る君へ」では、

記事を読む

大久保忠世 どうする家康では小手伸也が演じる!徳川十六神将のひとり

今年の大河ドラマ「どうする家康」の登場人物ですが、当サイトでは家康の家臣を中心に紹介しています。

記事を読む

亀姫 徳川家康の長女で奥平信昌の正室!その生涯は波乱万丈だった?

徳川家康と築山殿の間に生まれた亀姫にスポットを当てたいと思います。大河ドラマ「どうする家康」では、女

記事を読む

ab

広告

ab

広告

藤原定子 夫・一条天皇に寵愛されたが実家の没落に見舞われた悲運の皇后

母の高階貴子や清少納言は取り上げたのですが、肝心の藤原定子を取り上げて

藤原宣孝 紫式部の夫で歳の差20歳以上?結婚生活は約3年で死別する

紫式部は、源氏物語という名作を世に出しましたが、当の本人は清少納言や和

清少納言と紫式部は犬猿の仲!?2度の結婚と藤原定子への宮仕え

紫式部のライバルとして名高い清少納言を取り上げます。 大河ドラマ

藤原道長の妻 源明子は本来なら女王の身分!源倫子との格差が大きい

藤原道長には、嫡妻である源倫子のほかに妻がもう一人います。源明子と言っ

藤原実資とその妻・桐子の夫婦仲は?日記「小右記」は本当にあった

お笑いの「ロバート」秋山竜次が、大河ドラマ「光る君へ」で藤原実資を演じ

→もっと見る

PAGE TOP ↑