*

紫式部の母は殺された?藤原為信女(ちやは)の死因は藤原道兼に関係なし

先週スタートの新大河ドラマ「光る君へ」、初回の最後のシーンが衝撃的でしたね。

主人公のまひろ(紫式部)の母「ちやは」がいけ好かない藤原道兼に惨殺されるというまさかの展開でした。まひろの子役・落井実結子ちゃんの好演もありとても印象に残る場面となりました。

大河ドラマに出演するのが念願だったという国仲涼子の演技も素晴らしかったのですが、初回で退場となってしまったのはとても残念でした。何度か回想シーンで登場すると思いますが、また別の役で見たいなぁと思いました。

紫式部の母は殺された?

ところで、「ちやは」こと紫式部の母は、本当に藤原道兼の怒りを買い殺されてしまったのでしょうか?

その答えは、史実ではありません。

ただ、全く違うとも言い切れず・・・。理由は、超有名な紫式部の母の割には記録がほぼ無いからです。死因が分かっていないので、病死で亡くなったかもしれないし事故で亡くなったかもしれない。もしかしたら殺害された可能性だって否定出来ないのです。

紫式部は、父親の思い出を書いた日記はありますが、母親に関する執筆はありません。おそらく彼女が幼い頃に母親を亡くしているからだと伝わります。

紫式部の母は、紫式部の幼少時に亡くなったのは史実通りであり死因は不明となっています。これだけが判明している事実です。

紫式部の母の死因は藤原道兼に関係なし

紫式部の母の死因に藤原道兼の関与があったのかですが、これについては全くのフィクションでした。大河ドラマ「光る君へ」では、なぜ紫式部の母が藤原道兼に殺害されたことになっているのでしょうか?

その答えは、「光る君へ」の脚本家である大石静氏のインタビューでわかります。

それによると、運命的な出逢いをする紫式部と藤原道長ですが、ふたりの間に藤原道兼(母の仇)が入ることでドラマの盛り上がりを期待したとのことでした。

しかし、藤原道兼という人物がもう本当に嫌な奴ですよね。

藤原道兼は、道長の同母兄であり史実でも評判の悪い人物です。一番兄の藤原道隆は、才色兼備で将来を期待されていましたが早く亡くなります。道長も歴史に名を残すほどの人物となりました。

そんな優秀な兄弟に挟まれた藤原道兼でしたが、「大鏡」「栄花物語」などの書物に「容貌は悪く剛腹で片意地なところがあり偏執的な性格」と書かれています。まぁ~ドラマで描かれた通りの人物なんだと思います。

紫式部の母まで手に掛けてしまった(ことになっている)藤原道兼、今後のドラマの展開次第ではもっと凄いことをやらかしそうな感じがしますね(汗)

紫式部の母・ちやは 藤原為信女

大河ドラマ「光る君へ」で、紫式部の母は「ちやは」という名前で呼ばれています。そして、紫式部は「まひろ」ですね。この二人の名前は創作です。

史実上では、紫式部の母は「藤原為信女」となります。藤原為信の娘という意味です。

「藤原為信女」は、藤原為時と結婚して1男2女を生みます。969年に長女誕生、翌年に紫式部誕生、その2年後に長男誕生となります。そして、長男誕生からほどなくして「藤原為信女」は亡くなりました。

紫式部が母を亡くしたのが、本当に弟が生まれてすぐだったら3歳にも満たない頃なので母をあまり覚えていない可能性高いですね。

紫式部の母は、産後の肥立ちが良くなかったのかもしれません。大昔の出産はそれこそ命懸けだったと言いますし。

結局、紫式部の母の死因は、藤原道兼が原因ではなく産後の肥立ちが悪かったためというのが結論になりそうです。

ab

広告

関連記事

織田信長について

戦国時代に天下統一を成し遂げる寸前、家臣の裏切りに遭い、 本能寺の変で命を落とした戦国大名・織田信

記事を読む

no image

鳥羽上皇

大河ドラマ「平清盛」で三上博史が演じている鳥羽上皇。 奥さんの璋子さん同様、一風変わった感じで・・

記事を読む

一条忠頼 武田信義の嫡男で源頼朝に粛清される最期

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で少ない出番ながらも気になった登場人物がいたので、取り上げたいと思います

記事を読む

森蘭丸 兄弟 について

森蘭丸 兄弟 について。 織田信長の小姓で、男色の相手とも言われる森蘭丸。 男でありながら女性の

記事を読む

本多忠勝には正室・於久の方と側室・乙女の方がいる!娘・小松姫の母はどっち?

徳川家康の家臣団の中でも有名な武将と言えば、本多忠勝の名を挙げる方も多い事でしょう。本日は、徳川四天

記事を読む

三浦義村 山本耕史が演じる北条義時の親友でしたたかな武将

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で主人公・北条義時の親友として描かれている相模国の御家人・三浦義村を今回

記事を読む

豊臣秀長 秀吉のできる弟!秀長が長生きしていたら歴史は変わった?

大河ドラマの登場人物の中で意外な人がまだ紹介していませんでした。今回はその中の一人でもある豊臣秀長を

記事を読む

徳川 和姫

徳川 和姫 について。 大河ドラマ「江」のヒロイン、江姫と徳川秀忠の間に 生まれた末っ子の姫が、

記事を読む

豊臣秀吉 側室③

豊臣秀吉 側室 について続きの続きです。 豊臣秀吉の側室は、ホントに沢山いたらしいのですが、 史

記事を読む

土岐頼純 帰蝶の最初の夫で美濃国の守護大名

第2話目の大河ドラマ「麒麟がくる」も面白かったですね。今回は、最終回まで楽しく観れそうです。

記事を読む

ab

広告

ab

広告

高階貴子 百人一首に選ばれた当代きっての女流歌人!中宮・藤原定子の生母

今回、取り上げる人物は、藤原道長の長兄・藤原道隆の奥さんである高階貴子

赤染衛門 凰稀かなめ演じる女流歌人!紫式部や和泉式部との仲は?

藤原道長の妻・源倫子に仕えていた赤染衛門を取り上げます。読み方は「あか

源倫子のおかげで藤原道長は出世した?子供に恵まれて長生きだった

2024年大河ドラマ「光る君へ」の第3回から登場している源倫子(みなも

円融天皇の愛妻は詮子・遵子ではなく最初の中宮・藤原媓子だった!?

大河ドラマ「光る君へ」に登場する人物という事で、第64代天皇である円融

藤原惟規 紫式部の弟は出来が悪い?紫式部日記から分かる姉弟の仲とは

紫式部の弟とされる藤原惟規(ふじわらののぶのり/これのぶ)を取り上げま

→もっと見る

PAGE TOP ↑