*

徳川家光 竹千代

公開日: : 最終更新日:2016/02/25 大河ドラマの登場人物 , , , ,

徳川家光 竹千代 について。
大河ドラマ「江」の登場人物を紹介しています。
今回登場するのは、江の長男である竹千代です。

竹千代は、後の徳川三代将軍・徳川家光です。

ドラマを観ると母の江は、竹千代(徳川家光)よりも
弟の国松(徳川忠長)を可愛がっていたのも事実のようです。
母のみならず父の秀忠も国松のほうを可愛がっていた。

理由は、竹千代が乳母の春日局が育てたと言う事もありますが、
竹千代は病弱だったのに対して国松は容姿端麗で才気あふれる
少年で、竹千代は強いコンプレックスを抱いてたようです。

家光と二人の弟―三代将軍徳川家光、駿河大納言忠長、保科正之

徳川家光のエピソードを紹介します。

●お忍びで外出するのが好きだった

●祖父の家康を強く崇拝していた。

●子供の頃から病弱だった

●戦国大名を好み特に伊達政宗を尊敬した

●正室の鷹司孝子(公家出身)とは不仲、生涯冷遇した

●中年になるまで男色傾向だった

●春日局は側室選びに走り回る(世継ぎ誕生を期待して)

●晩年になると側室たちに子供が生まれる

正室の鷹司孝子とは、かなり不仲だった事も原因のひとつか
わかりませんが、長い期間、男色傾向が続いた徳川家光。
春日局の頑張りで、晩年になると側室を寵愛するようになります。
徳川家光の代表的な側室を紹介しておきます。

≪お楽の方≫

四代将軍・徳川家綱の生母。
13歳の時、春日局の目にとまり大奥に入る。

≪お振の方≫

家光のはじめての子である千代姫を生む。
春日局の養女となり大奥に入った。
男装して家光に近づいたという説もあるらしい。

≪お夏の方≫

徳川綱重の生母で、六代将軍徳川家宣の祖母にあたる。
「御湯殿」で家光の入浴の手伝いをして見初められる。
家光の姉・千姫と一緒に住んでいました。

≪お玉の方≫

犬将軍の五代・徳川綱吉の生母、桂昌院です。
「玉の輿」の玉は、お玉の方からきているという俗説あり。

桂昌院―市井の貧しい娘から絢爛大奥の頂点に立つ女

≪お万の方≫

公家出身の側室で、家光から最も寵愛された。
お万の尼僧姿を家光が一目ぼれ、春日局により還俗させられた。
春日局が亡くなった後、大奥での支配者として君臨した。

ab

広告

関連記事

浅井長政

浅井長政について特集です。 江の父親である浅井長政は、北近江の戦国大名でした。 浅井の読み方は、

記事を読む

太原雪斎 今川義元の軍師で徳川家康の教育係?桶狭間の戦いまでの寿命

本日は、今川義元の軍師として名高い太原雪斎(たいげんせっさい)を取り上げたいと思います。大河ドラマ「

記事を読む

八重姫 「鎌倉殿の13人」で新垣結衣が演じる源頼朝の最初の妻

年明けから大河ドラマ「鎌倉殿の13人」がスタートして、今頃になって録画してあった第1話から見始めまし

記事を読む

大政所 豊臣秀吉の母なかの生涯について!嫁の北政所ねねとの嫁姑仲は?

豊臣秀吉や豊臣秀長、そして旭姫の母である大政所を取り上げますね。 大政所の呼び方は、「おおまん

記事を読む

藤原公任は藤原道長よりも名門出身の御曹司!紫式部や清少納言とも交流あり

大河ドラマ「光る君へ」で、町田啓太が演じる藤原公任(ふじわらのきんとう)にスポットをあててみますね。

記事を読む

一条忠頼 武田信義の嫡男で源頼朝に粛清される最期

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で少ない出番ながらも気になった登場人物がいたので、取り上げたいと思います

記事を読む

おね 秀吉の正室

大河ドラマ「江~姫たちの戦国」第3話では、織田信長の計らいで 江は、羽柴秀吉の妻である【おね】と対

記事を読む

no image

堀河局 百人一首の女流歌人

今回、取り上げるのは堀河局です。 大河ドラマ「平清盛」では、りょうが演じています。 第4話で、堀河

記事を読む

徳川国松(忠長)の生涯

徳川国松(忠長)の生涯 について。 江姫と徳川秀忠の次男で、徳川家光の弟である国松。 後の駿府藩

記事を読む

毛利新介 今井翼が演じる織田信長の馬廻!本能寺の変で討死

ジャニーズを退社してからも順風満帆な今井翼さん! 休養明けですが、大河ドラマへの出演という事で

記事を読む

ab

広告

ab

広告

藤原道長の妻 源明子は本来なら女王の身分!源倫子との格差が大きい

藤原道長には、嫡妻である源倫子のほかに妻がもう一人います。源明子と言っ

藤原実資とその妻・桐子の夫婦仲は?日記「小右記」は本当にあった

お笑いの「ロバート」秋山竜次が、大河ドラマ「光る君へ」で藤原実資を演じ

藤原義懐 大出世する花山天皇の叔父!ドラマとは乖離する人物像

大河ドラマ「光る君へ」で印象に残った人物として花山天皇の叔父にあたる藤

藤原公任は藤原道長よりも名門出身の御曹司!紫式部や清少納言とも交流あり

大河ドラマ「光る君へ」で、町田啓太が演じる藤原公任(ふじわらのきんとう

藤原道綱母 蜻蛉日記の作者は本朝三大美人の一人!道長の父・藤原兼家の妾妻

藤原道長の父である藤原兼家には、嫡妻である時姫以外にも当然の如く妻がい

→もっと見る

PAGE TOP ↑